teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 芦ヶ久保でプチミーティング

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 3日(火)17時42分57秒
返信・引用
  > No.1305[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

> GB500改MarkⅡナカナカ素敵でしたね
> クラシカルで良いスタイルだけど…

私も詳しくは知らなかったんですが、400と500に大きな違いがあるんですね(^_^;)

> FTはタンクが小さくてスタイルが良いなって改めて感じました(^^)

あの独特のスリムな存在感がたまらんですな!(^_-)

http://minamikanto.cbfoc.org/

 
 

Re: 芦ヶ久保でプチミーティング

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 7月 2日(月)20時05分59秒
返信・引用
  光さんへのお返事です。

> 不遇な?不人気車同士(笑)盛り上がりました(爆)

GB500改MarkⅡナカナカ素敵でしたね
クラシカルで良いスタイルだけど…

FTはタンクが小さくてスタイルが良いなって改めて感じました(^^)
 

オリジナルのパイロットランプも復活。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 7月 2日(月)20時00分43秒
返信・引用 編集済
  左右独立インジケータを完成させたのだが、

昼間の直射日光のもとでは、左右に広げて点光源に近いLEDは、

何度か見過ごし、つけっぱなしを経験したので、

キャンセルミスを防ぐために、センターの黄色パイロットランプを復活させた。

結局、一度設定して解除してしまった、ダイオード組み込みの配線をもとに戻し、

独立インジケータとセンターパイロットの両方が点灯するようにして、

昼間のつけっぱなしのキャンセルミスから解放された。

パイロットランプもLEDに換装済みなので、

夜間はまぶしいくらいだが、点灯時だけなので問題なく安心感は増す。

ウインカーの誤操作は、それが原因で事故を起こした場合、

大きな責任を問われます、軽視できません。

その意味からも左右独立インジケータの増設は、確実に有効ですね。
 

芦ヶ久保でプチミーティング

 投稿者:  投稿日:2018年 7月 1日(日)14時26分49秒
返信・引用
  Facebookでミーティングのお声がけしたら、F仲間とhosoさんが参加してくれました。

たまたま隣に停めていたGBの方と、奇しくも?500単気筒プチミーティングが開催されました。

不遇な?不人気車同士(笑)盛り上がりました(爆)
 

復活しました

 投稿者:  投稿日:2018年 6月30日(土)18時49分28秒
返信・引用
  報告していませんでした(汗)が、FTが二週間ほど入院して、退院しました。

画像の右上のパーツが、砕け散ってました(爆)

普通なら、このコイル、発電系がメインなんですが、FTは点火系のパーツもあるのでややこしい(>_<)

これで、しばらくは順調でしょうし、りょ~さんも秋には復活しそう?なので、集まりたいですね。
 

左右独立インジケータ完成

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 6月 7日(木)22時40分4秒
返信・引用 編集済
  想像よりも小粒のインジケータだったが、機能的に問題なく、

誤操作防止にとても有効に思える。

特にハザード状態のまま走行するミスは完ぺきに回避できることは大きい。

これにてライト・照明関係・インジケータ、総 LED 化完結。

バッテリー負荷は確実に2分の1から3分の1へ・・・・・。いや4分の1かな。

ウインカーを出した時に点滅に合わせてヘッドライトの照度が揺らぐ現象は完全に消えた。

ヘッドライトは点いたままだが、ウインカー作動時、42wの電流変動は、

オルタネータ・バッテリーにとって結構負担が大きいようである。

21wが5wに低下したので、ハザード時84wにもなっていたのがわずか20wに低減した。

http://

 

毒を食らわば皿までも、じゃないが・・・・・。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 6月 1日(金)20時10分12秒
返信・引用 編集済
  今まで起きていた意味不明の現象が、

ウインカーインジケータのユニークな回路がもたらすいたずらだと分かったからには、

いかようにも遊べる余裕がわいてきて、

ウインカーインジケータが左右共用であることも我慢ならなくなってきた。

やはり車に乗りなれてきた身にとっては、左右独立したインジケータが欲しくなる。

安全上も、確認しやすいほうがよいに決まっている。

正確に言えば一つであることの意味が分からないし、現在のバイクも4輪も、インジケータは左右二つある。

せっかくハザード回路も設定したのだから、誤操作防止のためにも、その時は両方光って欲しいものだ。

インジケータを左右独立させてやれば、前回設定したインジケータ用のダイオードは当然必要なくなる。


 アルミでメーターナセルの左右にステーをしつらえ、メタリックなLEDインジケータをはめ込む。

赤、青、黄色、緑とセットになっていたので二組を注文した。

気分によって色を変えてみたりして・・・遊び心がくすぐられるぞ。

ステーをつけて8mmのタップを刻み、防水処理を施し、配線も済んだ。

後はインジケータの届くのを待つ。

インジケータが浮かび上がるようにステーはブラックアウトするつもり。
 

どうしても4灯 LED 化したい場合は・・・・・。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月30日(水)18時00分49秒
返信・引用 編集済
  またもっとも簡単なやり方。

1A 程度のダイオードを2つ用意します。

メーター内のウインカーパイロットランプの配線をたどって、

左右の回路につながっている2本の配線を切断して、その2本にダイオードを接続して、

その先で1本に束ねてパイロットランプの一極につなげ、もう一極はアーシングさせてやれば、

4灯すべて LED 化しても、ウインカーもパイロットランプも、正常に作動します。

ハザード回路を作った時にもパイロットランプとして正常作動します。

極性が変わってしまうため、ウインカーのパイロットランプだけ LED 化できなかったのも、

これによって LED に変えることもできます。

結果、メーターインジケータもすべて LED に換装でき、

ウインカーバルブもやっと全灯 LED に・・・・・。

フラッシャー時、42Wが10Wに、ハザード時84Wが20Wにと、4分の1に節電することができた。

この節電効果は想像以上に大きい。バッテリーへの負荷が大いに軽減される。

以上です。パイロットランプのユニークな回路が曲者だったんですね。
 

昨日発売の

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月30日(水)06時54分40秒
返信・引用
  MCクラシック誌、本屋で見て下さいね
74ページね
 

ウインカーランプ LED 化における問題点及び注意点

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月28日(月)16時45分42秒
返信・引用 編集済
  以前、このような解説をさせてもらいました。

『FTのようなウインカーパイロットランプが一つしかない古いバイクは、

パイロットランプ専用のアースがなく、右を点灯した時は、左のランプのアーシングを、

ランプのフィラメントを経由して取るような,とてもユニークな回路になっています。』


この回路が、マジックのような作用を及ぼすことがわかりました。

ウインカーランプの LED 化においての注意点。

4灯すべてを LED 化すると、まったく奇妙な現象が発生します。

今度はパイロットランプのフィラメントが回路化して、

4灯すべてが点灯し始めるというハザード状態に陥ります。

ひょっとすると、LED とは、light emitting diode  D はダイオードの D であることから、

LED ランプが整流作用を果たし、パイロットランプにアーシングを提供せず回路化させてしまうからかも。

この回路のもとでは、4灯すべてを LED 化するとウインカー機能が消滅してハザード化。

これは上流にあるフラッシャーリレーとは何の関係もありません。

もし4灯交換して、ハザード状態になったら、

前後どちらか2個のバルブをフィラメント仕様の電球に戻してやれば、

回路はデフォルトに、正常に復帰します。バルブのせいでもリレーのせいでもありません。

アマゾンの評価などには、この現象をバルブやリレーのせいにして低評価を付けたりしています。

2灯交換しただけでも42wを25w程度に節電できることになります。

ハザードを採用した場合には、84Wが50W 程に下げられ、それなりの意味はあるでしょう。

結論としては、このユニークな回路のままでは4灯 LED 化は不可ということなのでしょうかね。
 

パイロットランプを兼ねたハザ-ドスイッチ完成

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月27日(日)05時47分37秒
返信・引用 編集済
  緊急時に備えてハザードランプ設定完了。

総費用、スイッチ送料込み170円、LEDランプ30円?くらい。200円で完成。

中国から1週間ほどで届いたスイッチ、思いのほか操作性もよし。

材質の強度は全く問題なく、とてもしっかりしたつくりでした。

拍手う~っ!
 

さあ、ハザードスイッチをどう料理してやるか。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月18日(金)17時33分8秒
返信・引用 編集済
  到着まで2週間かかるハンドルスイッチが届くまでに、

自分なりにどう料理してやるかに思いをはせ、準備に入る。

スイッチそのものをパイロットランプに仕立て上げる構想。

ウインカーパイロットランプが点灯しないのなら、ハンドルスイッチを光らせてやればいい。

ここで回路上複雑な作動が予想される。

ハザードオンの時は問題なく光ってくれるだろうが、

パイロットランプ用に超薄型LEDランプを赤色スイッチの裏側にアースを取って移植すると、

スイッチオフの時にも、ウインカー操作をした場合、どちらかで必ず点灯してしまう。

それを左がわに接続してやれば、左にウインカーを出した場合、

ウインカーパイロットランプと同時に左手もとで光ることで、

右か左かを一目で判断出来るようになる。

時々連続右左折で、逆が光っていることもあるので、誤作動防止にもなるではないか。

結果オーラいということで、届き次第作業ができるように、ランプや配線の準備をしてみた。

商品の写真から、赤色スイッチは透過性がありそうなので、裏側に超薄型LEDランプを貼り付けて、

左側回路からプラスを取り、アースはボディーに。以上で設置完了、の予定。

はたして予想通りに作動してくれるかが楽しみである。

 

ICリレ-への交換

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月16日(水)16時37分53秒
返信・引用 編集済
  FTのウインカーリレーはシートの下にあります。

リレーには種類がありまして、スターターリレーのように電磁スイッチに通電して作動させるタイプと、

ウインカーリレーのように常時通電していて、電流が流れると、

バイメタルが働いて、点滅を繰り返す、というタイプに分かれます。

従って、スターターリレーはセルボタンの下流に位置し、

ウインカーリレーは、ウインカースイッチの上流に位置しています。

ICリレーは、バイメタルの代わりに、IC回路を設けて通電電流に関係なく作動するものです。

ウインカーリレーには2極、3極ありますが、アースをとってやるかどうかの差でどちらでも共用できます。

点滅時間の調整できるもので、アマゾンで1000円以下で手に入ります。

ポン付けあるいはアースを無視するかで交換できます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07CKBB5LJ/?coliid=I15Y7IXA60D1Z5&colid=OBZNXPFOPL26&psc=0&ref_=lv_ov_lig_dp_it


たまたまトグルスイッチを保管していたので使用しましたが、

アマゾンでハザードスイッチに使えるスイッチがとっても安い値段で出ています。

手元操作ができそうなので注文しました。中国からなので時間はかかりそうです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01442KAJA/ref=pd_luc_rh_sbs_02_04_t_img_lh?_encoding=UTF8&psc=1
 

hosoさんへ

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月15日(火)06時06分25秒
返信・引用
  愛車との会話モードが一つ増えたようで楽しくなりますよ。

簡単です、ぜひチャレンジしてみてください。

 

Re: 最も簡便なハザードランプスイッチの増設

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月14日(月)20時25分19秒
返信・引用
  natch2さんへのお返事です。

> ハザードが欲しいと思う時が何度かありました。

凄い!
ハザードあると最新モデルみたいで良いですね(^^)
 

最も簡便なハザードランプスイッチの増設

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月14日(月)15時13分38秒
返信・引用 編集済
  ハザードが欲しいと思う時が何度かありました。

古い車だけに、備えあれば憂いなし、あるに越したことはありません。

ユーチューブなどではいくつかのやり方が紹介されていますが、

どれも専用のリレーを増設したり、ダイオードを2個も4個も必要としたりとややおお事。

欲を出さなければ、4ウェイフラッシュが出来ればいいわけですよね。

ということで最も簡単な方法で、ハザードを設定しました。

右か左のウインカーをオンにした時に、左右両方に回り込む回路を作ってやるだけ。

必要なものは、トグルスイッチ一つとコード類とギボシ。

FTのようなウインカーパイロットランプが一つしかない古いバイクは、

パイロットランプ専用のアースがなく、右を点灯した時は、左のランプのアーシングを、

ランプのフィラメントを経由して取るような,とてもユニークな回路になっています、

4灯が点灯しているときはアーシングがキャンセルされるので、パイロットは点きません。

逆にそれを、そのまま走ってはいけませんの警告にします。敢えて割愛するのです。

トグルを戻せば、パイロットランプが点灯してウインカーモードに復帰します。

 それでは作業のあらましです。

ハンドルの左半分だけで帰結、完了です。あとはどこにも触れません。

ウインカースイッチボックスを、2本のビスを抜いて分離。

スイッチレバーを外し、配線押さえ金具を外して、左右の接点からはんだ付けで、2本分岐させ、

ハンドルに固定したトグルスイッチに接続して、それで完了です。

もしものときは、左右どちらかにウインカーを出して、

トグルスイッチをオンにすれば、4ウェイフラッシュ開始。

簡単でしょ、

因みにウインカーリレーは、LED化した際にICリレーに交換してあるので問題ありませんでした。

オリジナルのリレーの場合は、電流が2倍になりますので、ICリレーへの交換は必須になります。

ここで交換しておけば、ウインカーバルブのLED化にも対応できますので一挙両得。

その際、必ずイエローかアンバーのLEDバルブの選択をしてください。

白色LEDは全色光ではなく、色温度が高すぎて、黄色レンズを突き抜けて白っちゃけてしまいます。

バッテリーにやさしくあるためには、同時にヘッドライトのLED化もお勧めです。

両方がノーマルバルブの場合、ヘッドライト点灯時、ハザードオンの時には、

55W+84W≦140Wにもなってしまいますので。
 

FT500がヤフオクに

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月13日(日)18時32分19秒
返信・引用
  出ました(*'▽')

熊谷からです。
整備にスタート価格くらいは掛かると思いますが・・・

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h317754044
 

ドタバタで

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月13日(日)14時20分14秒
返信・引用
  皆さま、ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

ガンジーさんの情報だと、りょーさんがFT再生中だそうですし、来週の天気もイマイチ不安定だし、仕切り直しで、なるべく多くの人が参加できる日程を探りたいと思います!

宜しくお願いします!

光さん、ニュータイヤの皮むき、延期になって残念でした(^^;;
 

掲載記事

 投稿者:  投稿日:2018年 5月13日(日)10時54分24秒
返信・引用
  こちらも過去の掲載記事ですけど、

2007年の25周年はクラブマン誌、2010年はミスターバイクBG誌にお願いして載せていただきました。

FTはレア車なので、結構ネタになるとは思うんですけどね~(^_^;)
 

取材ベースでも

 投稿者:  投稿日:2018年 5月13日(日)10時51分54秒
返信・引用
  hosoさん メッセンジャーありがとうございました。

全員は無理でもなるべくたくさん集まれるタイミングで、取材してもらえる日程でやれるといいですよね。
毎月発行だと締め切り日から想定すると月末~月初の方が動きやすいかもしれませんから、あらためてスケジュール組むのもいいですよね。

過去の画像UPしますけど、結構ミーティングやってますね。
まだ、未参加の方も是非ご一緒したいですね~
 

了解です。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月13日(日)08時04分0秒
返信・引用
  お天気が不安定ですね。  

残念ですが

 投稿者:  投稿日:2018年 5月13日(日)06時33分19秒
返信・引用
  おはようございます。
了解です!来週?楽しみましょう!(^0^)
 

雨が早まり

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月13日(日)06時24分27秒
返信・引用
  残念ですが、順延にしたいと思います。
申し訳ございません

私は10時くらいには現地に行って、知らずに見学に来た人にお断り入れるようにします

ギリギリでの予定変更で、本当にすみません
 

準備万端です!

 投稿者:  投稿日:2018年 5月12日(土)16時41分55秒
返信・引用
  ご近所のナップス練馬店で久々のタイヤ交換しました!

明日、楽しみですね(^0^)
 

明日は

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月12日(土)13時01分36秒
返信・引用
  10時頃には現地で待機できるように、頑張ります  

13日は予定通りで

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月11日(金)20時28分20秒
返信・引用
  お天気は夕方から雨になりそうですね

予定通り奥多摩で集まりましょう(^o^)
 

会場変更とかは?

 投稿者:  投稿日:2018年 5月11日(金)09時48分47秒
返信・引用
  お疲れ様です。
もし、天気がイマイチで早く撤退を想定するなら、奥多摩まで行かずに新青梅街道から少し入ったところですが、「ライコランド東京多摩ベース」店辺りはいかがでしょうか?

http://www.ricoland.co.jp/shopinfo/tamabase/
 

Re: 日曜日は雨っぽいですね

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月11日(金)07時35分0秒
返信・引用
  ガンジーさんへのお返事です。

> お昼くらいまでは大丈夫な感じですね?
>
早目に解散すれば、何とかなりますかね(^^)
 

Re: 日曜日は雨っぽいですね

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 5月11日(金)05時36分51秒
返信・引用
  > No.1277[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

お昼くらいまでは大丈夫な感じですね?
 

日曜日は雨っぽいですね

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月10日(木)23時08分28秒
返信・引用
  明日(金曜日)の夜に天気予報見て、延期するかどうか、決めましょう  

5/13の件

 投稿者:  投稿日:2018年 5月 8日(火)06時35分38秒
返信・引用
  hosoさん
先日は芦ヶ久保までお運びいただき、ありがとうございました。

5/13の件、いいんじゃないですかね。
hosoさんにたくさん撮っていただいて、どの程度載せてもらえるかは編集側の判断ですからね。
楽しみましょう!
 

(無題)

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月 6日(日)22時38分30秒
返信・引用
  MCクラシックの編集長に誰か取材に来れない?ってメールしたら、下の悲しいお知らせがありました(T_T)
「こんばんは。お返事遅くなり失礼します。13日、私も含め編集部は三人で動いてますが、人足が足らず、厳しいです。お手間でなければ、何点か写真とミーティングの様子の簡単な文章など送って下さると嬉しいです。ご期待に添えず、ごめんなさいm(__)m」

スンマセン(>_<)
 

溶接機を待たずにボルトオン。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月 6日(日)00時58分47秒
返信・引用 編集済
  思い立ったが吉日、ちょちょちょっとやってしまいました。

不要になったチェンジペダルを切断し、センタースタンドに取付け延長。

スイングアームは余裕でクリア、足掛けのスペースにも問題なし。

いやあ、想像以上の効果に驚き。車格が一つ下がったかのような軽さに。

4cm伸ばしただけで、重さを感じなくなり、いとも簡単に気張らずにセンタースタンドが・・・。

サイドスタンドが無垢材だったので、センターもそうだと思っていたらパイプで簡単に穴が開きました。

スタンド本体ではなく、足がかかるところなので体重がかかる程度、強度的に問題なし。

やはりてこの原理はすごい。
 

FT用と、CB250RS用の両方が届いたが・・・・。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月 5日(土)07時23分47秒
返信・引用 編集済
  スパン的には、CB用の方が合いそうだったが、

ペダルの張り出しが足らずにギヤシフトのシャフトに干渉してしまうことと、

クランクケース側によりすぎてしまうため、流用は断念して、FT純正を付けることに。

素早く手に入ったことがラッキーでした。先週の日曜日に不動になって一週間。

届いたそばから仕事の合間を見ては、ディスクグラインダーでさび取りして装着、FT復帰です。

今気になっているのはセンタースタンドが重いことと、形状が悪くて、足の裏が痛いこと。

それにてこの原理があまり働かない構造ですね。とにかく重い。

ということで、今回ブレーキペダルやらチェンジペダルが手元にあるので、

センタースタンド延長ペダルの装着計画に入りました。

もっと楽にセンタースタンドが立てられたらいいなと・・・・。

そのために、低電圧MMA溶接機を手に入れるか思案中。

昔とった杵柄で、マニュアルのほうが得意なので・・・・・。

半自動は逆に汚くなりそう。

溶接機があるだけで、カスタマイズの可能性は広がりますものね。
 

Re: hosoさんありがとうございます。

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月 2日(水)07時31分38秒
返信・引用
  natch2さんへのお返事です。

> アルミ溶接もできるかなぁ、それも聞いてみます。

アルミはアルゴン溶接機が要るから、無理かも知れませんが、プロの横の繋がりで、何とかなる可能性はあると思います。
 

hosoさんありがとうございます。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月 2日(水)01時09分44秒
返信・引用
  そうですね、結果2本もヤフオクでゲットしてしまいましたけど、

この先、またどなたか困ったときにでも提供できるように。

直しておきたいと思っていました。

相談させてもらうかもしれません。

アルミ溶接もできるかなぁ、それも聞いてみます。
 

Re: CB250RS用もゲットの方向

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 5月 1日(火)15時15分6秒
返信・引用
  natch2さんへのお返事です。

チェンジペダル、溶接可能なら、一度、ドリファク社長に相談してみて下さい。

プロの溶接技術者のような美しい仕上がりを期待しなければ、通常使用に支障なく修理可能かと思います
 

CB250RS用もゲットしました。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 5月 1日(火)04時22分20秒
返信・引用 編集済
  FTは、どうも体格の大きなアメリカ人向けのサイズに思えてならない。

クラッチレバーも手のひらの大きくない自分には離れすぎていたし、

チェンジペダルも、あれ?、と何度も感じていたので、

この際、短めのぺダルを試してみたくなったので入札し落札。

予備用でもいいし、コンバートしてみる価値はありそうだ。

錆さびのペダルをどこまできれいにしてやれるか、また楽しみである。
 

とんでもないものが壊れた。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月30日(月)22時30分5秒
返信・引用 編集済
  駐車場から出て、ローで坂を上り始めて、

ギヤチェンジをしようと思ったら、チェンジペダルがない。

左足が空回り、何が起きたのか想像もできなかった。

チェンジペダルの調整をしてもいないし、ボルトが緩んで外れたとも思いにくい。

坂を上りきったところで点検してみると、

なんとボールジョイント部の根元が折損、ぽっきり折れて垂れ下がっている。

良かった出鼻で・・・・、危うくまたJAFのお世話になるところ。

エンジンを切って一通の坂を逆走、無事に出発点にたどり着く。

材料に須でもあったのか?メイドインジャパンとしては珍しい話である。

修理方法としてはその部分を溶接するしかない。溶接機は持っていないし・・・・。

早速ヤフオクで検索に入り、先ほど落札したところ。

FT用と、CB250RS用の両方を見つけた。

共用できそうなのだがペダルの長さが違うみたい。CBのほうが短いようだ。

日ごろからペダルが少し遠いなあと思っていたので、

自分の足のサイズには、CB用の物の方が合っているのかも知れないと思ったが、

後の祭り、すでに、FT用を落札終了。

池袋で、クラッチワイヤーが切れた時も、一瞬にして鉄の塊になったけれども、

今回も同感。機械って危ういものなんですねえ……。

 

M7pitch1mmはとうとう手に入らず。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月27日(金)03時20分32秒
返信・引用 編集済
  M7ボルトがどうしても手に入らない。

ホンダさんも厄介な部品を供給していたものだと、今となっては恨めしい。

ヘッドカバーの作業に取り掛かれない。

オイル漏れもだんだん許容範囲を超えてきている。

ノックピンは再使用することにして、

ロッカーアームシャフトのOリングも、液体パッキンもそろえたのだが、

7mmボルトの手配がままならぬ。


 だったら手作りしてしまえの思い付きと同時に7mmボルト作成に取り掛かる。

手作りの発想は最後までなかったのだが、M8ボルトを手にした途端ひらめいた。

M6を舐めてしまった分を含めてM7-85、M7-55、M7-35の3本である。

それなりの長さのM8ボルトを3本用意し、ボルトを回転させながらグラインダーで7 mm 径に。

旋盤も専用工具もなしにまさに暴挙?・・・・いや快挙?

その後ダイスでM7-1mmピッチのねじを切ってやる。

インチねじではなく、M6と同じ1mmピッチなので、

ブロックの雌ねじの舐めた部分はドリリングなしで、そのままタッピングできそうだ。

配達が遅れているM6-150が届いたら、念願だったオイルシールの交換に取り掛かれそうである。

ヘッドカバーもM7を除いて、六角穴付きボルトに交換する予定。

そのうち暇ができたら、おいおい、M7も穴付きボルトで自作してみるか。
 

ガンジーさん、光さん、natch2さん

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月25日(水)20時15分6秒
返信・引用
  ありがとうございます(^^)

フェイスブックのあちこちにアップしましたので、ギャラリーが駐車場に溢れるかも(^^;;

集合時間は、あんなもんで良いですか?

この掲示板に参加されている多くの方が参加していただけるよう祈念しております!
 

直前まで予定が立たない状況です。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月25日(水)12時47分10秒
返信・引用
  近づきましたら対応させていただきます。  

Re: ゴールデンウイーク明けのFTミーティング

 投稿者:  投稿日:2018年 4月25日(水)07時55分6秒
返信・引用
  > No.1262[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

連絡ありがとうございます。

13日も20日も空けてあります。

よろしくお願いしますm(_ _)m

http://minamikanto.cbfoc.org/

 

Re: ゴールデンウイーク明けのFTミーティング

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 4月24日(火)21時11分13秒
返信・引用
  > No.1262[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

13日OKです。
天気が悪いときは20日予備日ということでいのでは?

 

ゴールデンウイーク明けのFTミーティング

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月24日(火)19時52分48秒
返信・引用
  前に少し書きましたが、5月の13日(日曜日)10時~10時半くらいに、奥多摩第二駐車場(奥の方)に集まりませんか?
1時間ほどお喋りして、奥多摩周遊道路のお蕎麦やさんにでも行って、お昼食べて解散って感じで如何でしょう?
翌週の20日の方が参加者が多ければ、20日でも良いですね
皆さんのご都合を聞かせてください(^o^)
 

エンジン関係ボルトを六角穴付きボルトに換装計画進行中。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月18日(水)02時05分13秒
返信・引用 編集済
  エンジン本体の今後のトラブル解消のため、ボルト締め付けトルクの適正化と同時に強化対策として、

ほぼ全ボルトを、ふつう六角ボルトから、亜鉛六角穴付きボルトに交換。

やはり、34年経過して、熱ダレしているアルミボディーへの強化予防対策として、

ボルト長と雌ねじ深さとのマージンを出来る限り縮小して、

ボルトと雌ねじの食い込み部分を、それぞれ最大5mmほど増やして強化する作業である。

使われていない雌ねじバージン部分に食い込ませることで、せん断応力の増加が確実に期待できる。

しかし絶対に、雌ねじの底突きだけは防がなくてはならないため、

平均5mmプラスのマージンを確認しているので、プラス5mmの新しい6角穴付きボルトを用意して、

1か所1か所ノギスで穴の深さを測り、長さを確認・調整しながら対応する。

解放穴の場合でも、わずか5mmの延長では駆動部等に干渉する心配は皆無。今回実証済みである。

外観の先進化と同時にボルトの伸長・新調による強化レストアの両方を兼ねた作業である。

デジタルトルクレンチに対応する、ヘックスビット(5mm、5号)並びにアダプタ(差し込み角3/8インチ)の用意が必要となる。

一本一本交換してゆけば、クラッチカバーなど外す必要もないので、簡単といえば簡単な作業だ。

そのためにも、正確な締め付けトルクで作業してゆくために、デジラチェがどうしても必要であった。

亜鉛6角穴付きボルトM6-25からM6-150までを60本ほど注文して、今朝着いたので作業を始めた。

解放穴も何本かあるので、その部分は気にせず、ほぼ5mm増加でそのまま交換できた。

バージン穴に食い込んでゆくときの抵抗の感触が手に取るように分かり、とても頼もしく感じる。

30年以上経過したエンジンブロックにとってこの5mmの安心感は想像以上に大きい。

雌ねじを絶対に舐めないための予防的措置でもある。


 日本で初めてプラスねじを導入したのは本田宗一郎氏であることは有名な話だが、

それによって組み立て効率が飛躍的に向上することになる。アメリカ視察での絶大なる成果であった。

普通6角ボルトから、六角穴付きボルトへの変革もなんだかそんな話にダブってきた。

わずか5mmの(5号)ヘックスビットではあるが、スパナもメガネも必要とせず、

省スペース性を生かし、強力なトルクで締め付けてくれる。使い勝手はいい。

ビットやボルトを舐めてしまう感覚は全く感じられない。

まず、100円ショップで手に入る、自転車用の簡単にしなるL型6角レンチの概念を捨てて、

強靭なパワーを持つ、10mm6角ボディー、ヘックスビットのイメージを叩き込むことから始まる。

とりあえず腰下は完了した。ヘッドカバーはこれから・・・・、

1~2本舐めてしまっているM6ボルトをヘリサートで対応するのではなく、

M7のタップを切って、サイズアップするのと、元々存在するM7ボルトのための、

M7‐85ボルトを3本ほどただいま調達中。短いものにはダイスを切ってその長さに対応。

M7-ピッチ1mmは規格にもなく、ホンダのオリジナル部品。

純正部品ではすでに製造中止、手に入らないので、サードパーティーのリプロダクツを見つけて、サイズを確認中。

1本1000円にも達する!仕方ないか。可能な限り5mmプラスを実施したいので…。

目下、最終準備中である。

新たな遊び感覚の発見だ。
 

綺麗に撮れたので

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月11日(水)12時16分6秒
返信・引用
  写真見てくださいね  

ムービー

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 9日(月)06時46分0秒
返信・引用
  https://www.youtube.com/watch?v=qey4TpWD0-A&feature=youtu.be

ユーチューブにアップしました(^^)
 

写真

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 8日(日)22時31分3秒
返信・引用
  美しいステンレスと技(^_^)  

Re: ガンジーさん、ありがとう

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 4月 8日(日)22時00分9秒
返信・引用
  > No.1256[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

どういたしまして。またお手伝いさせていただきます。

写真も貼っちゃいましょう。
 

レンタル掲示板
/22