teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


スポーツ少年団の空手大会

 投稿者:武田正弘  投稿日:2018年 1月23日(火)15時25分31秒
   上記大会は、級、有段者によって分けられた大会なので、私は、春の重要な大会の前に、出来るだけ出てほしい大会でした。今回は出ていない選手、次回は出てください。
 反省点があります、昨日の大会は団体戦が始めての大会でした。団体形が、平安形で予選をするのを、我々が、知らなかった点、得意形のみ練習していた選手達、我々と主催者との連絡不足をお詫びいたします。
そのなかで優勝した、高学年Cチームは立派であったと思います。

形の総評、
1. 立ち方、姿勢、強い極め技、スピード、形のリズム。どの流派も一緒です。
私は、基本技を以下にいかに練習するかで、勝負が決まると思っております。従って勝とうと思えば、初心者が常にやる、練習時間に来て、単純な基本練習を嫌がらず懸命にやることだと思っております。ただ、我流で、力任せにやるだけでは、勝てません、丁寧に、指導員の言われることを、良く聞いて、他人が注意されていることを、自分のこととして聞く耳がほしいと思います。

組手の総評
1. 低学年は、さすがに他流は強いです。幼児より自由組手中心でやってきている結果だと思います。我々の流派は基本一本組手から自由一本組手とやっております、組手の基本です。これが将来に向けて、高校一般で、本当の力になるといわれており、私も、それを信じております。(我々は武道空手を目指しております、スポーツ空手では、ありません)
しかし、3年生から我々の流派も、自由組手です。2年生からは、自由組手をしっかりやらねばと思っております。
2. 高学年は、回し蹴りの対応、道場内でもっともっと、組手で使い、慣れていることが大切と思っております。攻めながら回し蹴り、引きながら廻し蹴り、どちらも出来るようにしたいと思います。
3. 間合いが遠いのに、無駄な蹴り、無駄な突き、が多すぎる。これらは、相手に対して、隙を作ってしまいます、そこを攻撃されるのです。上手い選手はそこを狙ってポイントを取りに来ます。勇敢さを、無駄な攻撃に使わないでほしいと思います。
4. 攻撃のタイミングも重要です、永惟君は、相手の攻撃が一段楽したときに、左の突きがタイミングよく入ったのが、本当に良かったと思います。
・審判員が取ってくれる突きとは、自分から仕掛けていく極めのある突き(早ければ取ってくれる)
・もつれ合って、足を止めた状態で、いくら強い突きを入れても、取ってくれません、(合いつき状態も含め)、一寸した間合いを取り、タイミングを外して、突くと割合に取ってくれます。そのタイミングは、口で言っても難しいのです、皆さんが、上手い人を見て、真似をして下さい。頭を使った組手も、大切なのです、但し勇敢さも必要ですよー。
5. 団体戦では、勝ってほしかった学年別組手(学年毎に分けた5人の組手)
高学年の層が薄い、特に、5年~6年、中学生、もっともっと積極的に試合に参戦してほしい。
今の4年生は、永惟君が今のところ一歩前をいっているが、有望な選手が競争で一杯おり、私は本当に楽しみにしております。
4年生以外は、学年毎に、道場生が数人おり、競争できる雰囲気がほしいですねー。
 
 

日本教育空手協会、あごひげ理事長の基本方針を参考にいたします

 投稿者:武田正弘  投稿日:2018年 1月14日(日)10時03分28秒
   NPO日本教育空手協会、理事長(あごひげ館長)より、常にメールを送って頂いております。そのメールで、私は、道場の運営、指導員・道場生の育成方法、保護者のあり方、リーダーとしての心得、等を勉強させていただいており、本当に感謝しております。
 その中に、団体運営の基本方針について、述べられておりました。青山支部も見習うことが多々ありますので、紹介したいと思います。無断で流用お許し下さい。

■考えの基本は
 【・・厳重注意・・】

 ・どの子も我が子
 ・修空館という家族構成
 ・みんなが子供大好き
 ・親に派閥は要らない
 ・利害で動かない
 ・報告連絡相談が大事
 ・威張らない
 ・腐らない
 ・おごらない
 ・えこひいきしない
 ・誰かを外さない
 ・焼きもち、嫉妬要らない
 ・親もみんな繋がって
 ・子供のためにエゴ無くす
 ・純粋、誠実に、正義感で
 ・取り巻く環境の整備
 ・言いたいことは直接言う
 ・陰で動くのは最低最悪
 ・館長方針にのっとる
 ・理解できないは入らない

 大会では
 ・自分の子に近づかない
 ・自分の子は他人に頼む
 ・子供より前に親が自立する
 ・自分を律する自律が大事
 ・親も子も学びのために
 ・この道場でみんなが育つ
 ・育てて社会貢献となる

 上記は、あごひげ館長の方針です。私の能力から、我々青山支部には出来ないこともありますが、参考になることは山ほどあります。指導員との研修会で又保護者との懇談会(父母会総会)などで、打ち合わせていけたらよいと思います。よろしくお願いいたします。

 

自分の目標の立て方

 投稿者:武田正弘  投稿日:2018年 1月 7日(日)17時29分58秒
編集済
   鏡開きをして今年の一年がスタートしました。都築支部長より、健康に注意して、各人が目標を立て努力するように、との指示がありました。今日はその目標の立て方について、アドバイスをしたいと思います。実は、先日、箱根マラソンで優勝(4連覇)した、青山学院大学の陸上部、原監督がテレビで言っておられたことなのです。その通りと思い、その内容を皆さんに紹介したいと思います。

 原監督は、部員各人に目標を自分で書かせます、中長期の目標と、すぐ達成者できそうな短期目標と二つを書かせると言っておられました。そして中長期の目標は夢でも良い、大きな夢を描いて、小さく収まらない。しかし短期目標は、半歩先で、努力すれば出来る目標です。その半歩先で出来ることを、成し遂げれば(成功体験を繰り返していけば)、中長期目標に限りなく近づいて行くと言っておられます。

 目標の無いところに、やる気は起こらないといわれます。道場生の皆さんは、お父さん、お母さんと話し合い、自分の目標を決めて、宣言して下さい。あくまで自分中心で考えてください。特に短期目標は、具体的に、次の大阪府大会でベスト8に入りたい!!、又、3位以内にはいって、全国大会の選考会に出たいなどです。入会して間もない人は、次の審査で茶帯になる、1級になる、でもいいと思います。そして達成できれば、つぎの短期目標を立てるのです。半歩先の目標が次々と達成して、成功体験を積んでください。1~2年経てば、素晴らしい実力がつくことでしょう。大阪大会、近畿地区大会で優勝、全国大会で3位以内が見えてくると思います。父母の皆さん、よろしく相談にのって下さい、お願いいたします。そして、短期目標が決まったら、そのための実施内容を、具体的に決めるのです、例えば、基本練習を一からやり直そう、そのために一部の練習時間に間に合うように行こう、又組手のダッシュ力をつけるために、縄跳びをしよう、家で体幹トレーニングをやって、形の極めが出来るようにしよう、マット打ちをしよう、などです。道場では、指導員に教えを請う態度、真剣みを示し、しっかり聞く耳と、実行力を示して下さい。

 ただなんとなく道場に来て、指導員に叱られているばかりだと、上達はしません。自分から進んで行うから、身に付くのです。以前にも言いましたが、「努力は必ず報われるとは限らないが、でも努力をしない人が報われるはずが無い」この努力は、目標と実行内容がはっきりした上で、本人の自覚があるから効果があるのです。
 道場生、保護者の方々、目標設定と自分がやれねばいけないことを、しっかり考えて実行してください、お願いいたします。
 わからない人は、師範、指導員に聞いていただくと、アドバイスが出来ると思います。
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:都築幹生  投稿日:2018年 1月 3日(水)14時09分16秒
  交野青山支部の皆さん、明けましておめでとうございます。
今年も一年よろしくお願いします。
新年を迎え、皆さんには昨年を振り返り、新年の目標を立てていただきたいと思います。
今年も元気に皆さんが空手の稽古をして頂けるように指導員を代表して努力していこうと決意を新たにしております。
皆さんにとって今年一年良い年でありますように。
 

今年を振り返って。

 投稿者:武田正弘  投稿日:2017年12月31日(日)17時56分18秒
   今年、青山支部はたいしたトラブルもなく、まあまあ平穏であったと思います。週4日の練習にも、沢山参加して、充実した稽古が出来ました。大会出場も少ない人でも6回、多い人は10回以上の人もいたと思います。勝つ喜びを満喫した人もおりますし、悔しさ一杯の人もいたと思います。しかしどちらも、素晴らしい経験です、胸を張って堂々と生きてください。これらの体験は、諸君の将来のために、有利に働くことでしょう。
 楽しい支部の行事も、保護者の皆さんのご協力で、無事終えることが出来ました。子ども達は、お父さん、お母さんが懸命にお世話をするところを見ております、きっと、将来、見習ってくれることでしょう、生きた教育です、有り難うございました。

 私事ですが、今年は、私が喜寿を迎えまして、皆様から立派なお祝いをしていただきました。感動と感謝で涙が出ました、心よりお礼を申し上げます、本当に有り難うございました。
寄る年波で、たいした貢献は出来ないと思いますが、前回の父母会総会で説明させていただいた通り、「青山支部の、指導の理念」を守り、良い子を育てる(人間性豊かな、たくましい子を育てる)を目標に命の限り、頑張る所存でございます、今後とも何卒よろしくお願いいたします。
有り難うございました。


 

昇級審査で大切なこと

 投稿者:武田正弘  投稿日:2017年12月 5日(火)17時10分6秒
   12/3(日)岩渕会のグループが、まとまっての昇級審査が行われました(後期審査)。青山支部は59名の道場生が受験しました。親も緊張する瞬間ですが我々指導員もその成果を注目しております。半年毎に行われる審査ですが、移動基本・形・組手が如何に成長したかが、努力したかがはっきりわかります。
 私も、審査の一部を担当いたしますので、私の感想、審査での大切なこと、他の審査員の考え方など、述べてみたいと思います。
 私は、仮初段を目指す者の、移動基本を審査する一員として、担当しました。形と組手は、他の場所で、審査員を変えて審査いたしますので、総合審査結果は私は、まだわかりませんが(今週中にはわかります)、総合審査で合格すると黒帯が支給されます(本当は1級、その後、大阪府本部で昇段審査が受けられます)。
 しかしこれが、相当に難しいのです、合格者は20%~30%です。不合格者に対し、指導員は悩みますが、受験者も一緒に悩んで、懸命に努力下さい、努力さえすれば必ず合格するのですからー、気を落とさず頑張って下さい。

 今日は、どんな人が不合格になるか?、明確にしておきたいと思います。

1.練習期間が相当長いのに、基本が出来ていない、突き、蹴りの基本、受けの基本、立ち方の基本です。これは指導員から何回も言われているのです、我流でやるから、直そうとしないから、不合格になるのです。素直な反省の心が必要と思います、一部の練習時間(基本練習)をしっかりすればよいと思います。
 それから、仮初段の受験は、一箇所でも、極端に悪い点があれば、不合格になります。例えば、受けと突きは良いのだが、蹴りが悪い場合、前蹴りの足が伸びきっていない、引き足が足らない、横蹴りの足の形か出来ていない、騎馬立ちが出来ていない、などです。黒帯を締めるのには、それだけの値打ちが必要なのです(故、岩渕師範の言葉です)。

2.基本は出来ています、立ち方もOkです。ただ足らないのが、突き、蹴り、受け、移動の極め、即ち、スピードと威力不足です。空手はダンスと違って、綺麗さだけでは、だめです。威力、迫力が必要です。平素、しっかり練習している子が不合格になるのは、私としても残念ですが、ここは、気を取り直して、もう一度頑張って下さい。努力すれば必ず合格します、指導員はあなたの、前向きなやる気を待っております。個々に相談にのりますので、声をかけて下さい。







 

昨日は私の誕生日でした、皆さんからお祝いの言葉をかけて頂き嬉しく思いました

 投稿者:武田正弘  投稿日:2017年11月30日(木)16時30分54秒
   昨日は私の誕生日でした、何のお知らせもしていないのに、道場に入ると、多くの方々からお祝いの言葉をかけていただき嬉しく思いました。喜寿(数え年77歳)を向え、特にお祝いの気持ちから、声をかけてくれたと思っております。
 2部の練習始めに、安岡さんより、道場生達に、私の誕生日のことを伝えていただきました、皆からおめでとうの言葉をかけてもらい、嬉しいやら、照れるやら、でもとても幸せな気持ちになりました。私もお礼の言葉を言いたくて、たどたどしい言葉で以下のような挨拶をしました。

「お祝いの言葉をかけていただき有り難う、祖父、父、短命な祖先の中で、私だけが喜寿を迎えることが出来ました、これらは、皆さん方道場生、保護者の方々に元気をもらって、皆様のお陰で、生きていると思っております、しばらくは色々文句をつけ、うるさいことも言いますが、これが私の生きがいです、今後ともよろしくお願いします」といったような気がします。

 又一部の人から、手作りの立派な色紙と励ましの寄せ書きをいただきました、有り難うございました。
 その中で道場生の寄せ書きの中に、将来、指導員になり師範を助けます、とありました。嬉しかったですねー、泣きたいぐらいです。多くの道場生が指導員になって、後輩を育て、道場運営のノウハウを勉強してもらい、独立して師範になってくれる事を切に希望しております。本当に楽しみです、それまで、私が生きれたらいいですねー。
 

指導に集中していますね武田先生

 投稿者:宮城県石巻市 あごひげ 小野寺 脩  投稿日:2017年11月24日(金)22時02分13秒
  武田先生、さすがです。本当に大事なことが羅列されています。上半身について私は、『胸骨!』で教えています。芸人の春日・・みたいに胸骨を起こしておくと姿勢ばかりか、呼吸も楽になります。組手でも使ってほしいです。下半身の作り方は一番難しいですね。でも、厳しい武田先生に教えてもらっている子供たちは幸せです。怒ると叱るの違いがどうのって言われますが、怒ってくれる先生のほうが情熱的で後に残ります。先生の言われる、地道に基本練習をすることもこれ一番大事ですね。そこに松濤館流の良さがあると思います。
指導員の先生方が一所懸命なので青山支部には強い子がたくさんいますね。
先生の前回ての書き込みを読んで、とても恥ずかしくて何も書けませんでした。先生、されは逆です。これからも私の良き目標、現役でがんばっていてほしいです。大変ありがとうございました。恥ずかしい文章を毎日のように送っていて申し訳ないと思っていて少し送るのを休んでいました。また送り始めたのでどうぞ今後ともよろしくお願いします。

http://www.n-jek.com/

 

第43回 近畿大会の感想

 投稿者:武田正弘  投稿日:2017年11月 8日(水)09時23分2秒
編集済
  私は大阪府の広報としてホームページに載せるためのカメラマンをやっておりました、お陰で皆さんの試合内容を沢山見ることが出来ました、ただ50名が8コートに分かれているので、見のがした選手も沢山おりました。でも、冷静に試合内容についての感想を言って見たいと思います。

形の試合について

1. コートに出ると、普段、直っているのに、基本が出来ていない面が、又我流の癖が出てきます、試合に通ずる本当に基本技の修正できていないと思いました。例えば、前屈立ち順突きです、突き、受けの極めもあり、相手と接戦になるなーと思われても、立ち方が相手と比較された時、負けてしまうのです。私が常に言う、体の倒れ(前かがみ、横倒れ)、肩の出すぎ、前膝の曲げ、股関節の締め、後ろ足の膝の張り、足底の裏面のまくれ、バタつき、それと、足の横幅、縦幅の間隔、などです。前屈立ちの基本です、何故負けたか不振に思われる人は、立ち方を見直しましょう。黒帯でも出来ていない人は沢山おりますよー。
2. 突き、受け、蹴り、の極め(威力とスピード)の無い人は、試合で急に強くなろうとしても無理です、気合と気迫で多少は勝ちに繋がりますがー。
 やはり、普段の基本練習に時間を割いて、地道に努力することです、急に形が上手くなることはありません。普段のその場基本と、移動基本を率先してやることです、形のテクニックの練習だけでは、上手くなるのが遅くなります。突きの弱い人は、ミット打ちも効果があります。

組手の試合について

1. 自分も良い力、威力もあるのに、相手に一方的に攻められ、何も出来ず下がるだけ、これではいけません、空手道は相手に向かっていく、チャレンジ精神と勇気が要ります、組手の試合は、たくましい人間にしてくれます。
2. 自分の突き、蹴りが一杯入っているのに、審判が取ってくれない、何故でしょう。
それは突きが弱いからです、基本練習で全身を使って突く(腕、肩、腰、足)練習をして下さい。又、突いた時の姿勢、引き手、残身も大切です、これらは基本練習で習得できます。
3. 間合いとタイミングも大切です、間合いは近くても、遠くても取ってくれません、それは皆さんでも解ると思います。難しいのが突くタイミングです、自分から攻めていく、待って返す突き、このタイミングが組手のテクニックです、強い突きが入っても、取ってくれない、比較的弱い突きでも審判の手が上がる場合があります。文章にするのが難しいのですが、相手との関わり合いで、今このとき、瞬間を見のがさないことです。人の試合を見て、どのタイミングを審判が取ってくれやすいか、皆で研究しましょう。普段の組手の練習で、指導員が審判をしてくれたとき、タイミングを考えながら、練習しましょう、指導員もそのタイミングを教えてくれると思います、耳を傾けて、頭を使った練習を心かけて下さい。
 4年生男子組手で優勝したときの優輝君のタイミングは抜群でした、感心しました。
 

あごひげ館長、有難うございます

 投稿者:武田正弘  投稿日:2017年10月31日(火)19時05分9秒
   いつも気にかけて頂き有難うございます。お褒めの言葉を頂、恐縮しております。でもこれらは、日本教育空手協会の理事長のやり方を、即ち修空館の館長のやり方を参考にさせて作った理念です、又常に送っていただいているメールも大いに参考にしております。そして館長に少しでも近づきたいと願っている次第ですが、そんなに簡単とは思っておりません、私の生涯の目標として、青山支部全体で、一致団結して成し遂げたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

 昨年、私の病気入院後、わざわざ大阪までお見舞いに来ていただきました。励ましとリハビリ方法、を教えていただきました、本当に感謝いたしました。お陰さまで、道場生と保護者に元気をもらいながら、週に3日、道場に顔を出せる幸せを感じている昨今です。その節は本当に有難うございました。
 お忙しい館長と想定しておりますが、新たなお仕事の社長もやっておられると聞きました。くれぐれも、お体に気をつけられますように、館長の健康を心よりお祈りしております。


 
 

レンタル掲示板
/76