teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


#130 の解

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月21日(日)21時42分56秒
返信・引用 編集済
  > No.1509[元記事へ]

> イントロダクションクイズ #130

右上の画像から、金刀比羅宮と勘違いしてしまいました(^^)左上の「市役所」の
画像に、一瞬「あれ、市制施行したんだっけ?」という感覚でしたが、昨年の二月、
隣接市に合流したのですね。右下画像の駅から北東方向に 1km弱の「大正橋」では、
何度か「鉄」に興じました。

右上画像の温泉街から 南西に 5kmほど、および東北東に 25kmの所にカルデラ湖が
存在します。両湖沼から流出する河川は同じ名称で、屈指の流域面積を誇る共通の
主要河川へと流れます。

後者カルデラ湖の南方 約1kmの地点には「弟分」の湖沼があり、ここから流出する
河川も、件の「主要河川」の支流ではありますが、上記「兄貴分」のそれと比べて、
合流点がかなり下流側となっています。
 
 

イントロダクションクイズ#130

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月21日(日)21時17分16秒
返信・引用
  10月20日のフィールドワーク先より出題していますので、リンクを掲載しておきます。

イントロダクションクイズ#130
http://www.chiikibun.com/intro/130/shi130.html
 

こんばんは

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月21日(日)20時31分21秒
返信・引用 編集済
  本日もイベントの仕事でした。来週も日曜日に仕事です。

イントロダクションクイズのほうは掲示板に告知していなかったのですが皆様
早速のチェックありがとうございます。今回は紅葉の取材の帰りにフィールド
ワークを行いました。皆様ご指摘の温泉からさらに標高の高いところにある湖
も撮影しようとしたのですが、そこが問題の正答である市とは別の市域である
ことに気づき、慌てて引き返しました・・・。
 

#130

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2007年10月21日(日)17時28分36秒
返信・引用
  右上の写真は、06年2月に合併した旧Ⅰ町のⅠ温泉ですよね。  

イントロダクションクイズ

 投稿者:日本人メール  投稿日:2007年10月21日(日)08時12分1秒
返信・引用
  2度目まして。日本人です。イントロダクションクイズ130ですが、たぶんその地元のか○たのいの札ですか。  

ギャラリー更新/奥利根水源の森

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月20日(土)22時54分13秒
返信・引用
  こんばんは、みなさまメッセージありがとうございます。
明日早朝より仕事のため、取り急ぎ更新情報を書き込みさせていただきます。

ギャラリーを奥利根水源の森の紅葉に展示替えいたしました。本日撮影、撮って
出しです。雨上がりのさわやかな紅葉をお楽しみくださいね。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

横浜の老舗県立高校

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月20日(土)10時39分49秒
返信・引用 編集済
  > No.1502[元記事へ]

▼スピカさん:
> 六浦の“神高”の校舎が火災に遭った時に相鉄の社長が働きかけて、

県内随一の名門を誘致する事で、相鉄線沿線域の印象を高める効果も推察されます。
希望ヶ丘高が「横浜一高」から改称されたのは移転前年の1950年。移転先の地名を
先取りした印象ですが、瑞祥的に命名した校名を移転先の地名に用いた、との説も
ある様です。大阪では、北区の旧所在地から命名された旧制府立一中系の北野高が
淀川区に移転した際、新校地が「新北野」に改められる、という事例がありました。

その年、横浜市では小学区制が実施され、希望ヶ丘高といえども広域から有意層を
集める拠点性が消失しています。校名の変更は、より地域密着型を目指すといった
政治的な意味合いが含まれていたのかも知れませんね。

>“第一高女”と違ってアクセスは悪いですし

交通至便の横浜平沼高は、地元年輩者の間では「名門女子校」の印象が健在ですね。
知人の卒業生によると、同校に対応する男子系名門校として、希望ヶ丘高ではなく、
近所の横浜翠嵐高(旧制二中あらため横浜二高を継承)を連想する事が多い様です。

横浜駅から辛うじて徒歩移動が効きそうな翠嵐高の立地は、学区制の廃止を受けて
県都を志向する郊外の有意層の増大が見込まれる中、人気が出そうですね。OPで
石川町駅が登場する1986年放映の人気ドラマ「セーラー服通り」に「萌え」た私は、
旧制三中あらため横浜三高を継承する横浜緑ヶ丘高に憧憬を感じますけどね(^^)

> 皆乗り換えにしか使わないので、街としては今一つだと思います。

意外なのは、小田急線の湘南急行あらため快速急行の停車開始が2004年と、相鉄や
地下鉄が乗り入れた1999年から五年が経過した、2004年という事です。そういえば、
急行の中央林間停車は、東急田園都市線が接続した1984年から六年後の事でしたね。

> その慶応藤キャンの連絡が名物?!

交通の便はどうなのでしょうか。2003年に厚木から撤退した青学の事例を考えると、
人気名門校であっても、やはり然るべき交通導線は考慮されるべきですね。ただし、
トラムによる導線体系では、湘南台でワンクッションを置く事情も含め、輸送力が
小さいので、寒川町の市制施行への充分な動機付けには、ならないかも知れません。

> 足尾銅山を訪れたのですが、あそこも日光市なのですね。

渡良瀬川沿いの旧足尾町が栃木県(下野国)に属する必然性について「落書帳」で
話題になった事があり、Issieさんが ログ[1065]で詳述されましたが、足尾線の
開通前は、急峻な渡良瀬渓谷より細尾峠の方が容易に往来できた事も与した様です。
 

相模

 投稿者:スピカ  投稿日:2007年10月19日(金)23時28分7秒
返信・引用
  > No.1497[元記事へ]

>雑魚さん
大変遅くなりました。



> 特に開業が新しいいずみ野線は、緑園都市など、丘陵を背にした新しい街が整然と
> 広がる印象で、1986年に栄区と共に泉区が分離した点から、地域の発展も窺えます。
> 新横浜駅へのアクセスが少々不便そうですが、個人的には概ね好感しています。

青葉区の様な東急の開発とは違い、相鉄は駅に近いところばかり開発したのでちょっと降り立つと新しい雰囲気もあるのですが、奥に入ると谷戸地形への自然発生的な家並みがあったりします。残念な事ですがここ数年でも田畑を潰した家が増えました。
新横浜へは車を使ったアクセスは良いのですが、僕は新幹線は乗らないので…(苦笑。
>
> 出身高校の沿革上、旧制の中学校に興味を持つ立場から、名門・県立一中あらため
> 横浜一中あらため希望ヶ丘高校の沿革を調べると、現在の西区藤棚地区で創立され、
> 終戦直後に磯子区六浦地区への移転を経て、現在地に落ち着いており、これもまた、
> 相鉄線沿線の将来性が考慮されたという印象も受けます。

地元では“希高”と呼んでいます。六浦の“神高”の校舎が火災に遭った時に相鉄の社長が働きかけて、当時分譲中の希望が丘(二俣川町)の地に持って来たんでしたね。あの辺りの道の狭さは当時の基準のままだと思いますが、ホントにひどい。“第一高女”と違ってアクセスは悪いですし校舎も汚いですが、トップレベルの学力で人気の高校です。


> 市営地下鉄と共に小田急線に接続する終点・湘南台も発展著しい地域と思いますが、
> いずみ野線は更に西方延長の意図がある様ですね。

湘南台はパチンコの街です。一応藤沢市の主要な駅の一つでありながら、皆乗り換えにしか使わないので街としては今一つだと思います。その慶応藤キャンの連絡が名物?!二連結バスで停留所の有効長から急行便にのみ使われます。
相鉄線の延長は個人的には寒川町の市制のために早期実現を期待しているのですが、県の試算によると“新しい交通手段?”(トラムなど)でないと採算がとれないらしく、現実味は薄いです。


> 高島経由という事は、イベント列車でしょうか。私は横浜博の際、当時は影も形も
> 無かった「湘南新宿ライン」を先取りする経路で、新宿~桜木町の臨時列車を利用、
> 操車場が広がる地上時代の高島貨物駅を通過しました。横浜博期間中のみ稼動した、
> 横浜そごう発着のゴンドラ・リフトが、頭上を往来していたのが印象的でした。

東海道貨物線の見学会か何かで、横浜市が毎年しています。品川-鶴見-東京貨物(タ)-鶴見-桜木町と回ったと記憶しています。湘南新宿ライン先取りも小学校の修学旅行で日光に向かう際通りましたが、まさか半年後に開設されるとは。
その折、天候不良で足尾銅山を訪れたのですが、あそこも日光市なのですね。足利市や桐生市など両毛地区を想像していました。

画像は相模原市の「八景の棚」からの相模川・丹沢です。ケータイでの撮影で画質が良くありませんが。
 

画像処理「縮小専用。」

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月14日(日)22時54分2秒
返信・引用
  こんばんは、本日は天気がいまひとつだったことと、家の用事があったことなどから、
フィールドワークは行っておりません。

雑魚さんからも画像処理についてコメントを頂きましたが、私が使っているのは、フリ
ーソフトの「縮小専用」です。画像サイズを指定し、画像ファイルをアイコン上にドラ
ッグするだけで、画質をあまり落とさずにファイルサイズを縮小できるので、拙サイト
の写真の処理等に活用しています。

縮小専用ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se153674.html
 

はじめまして

 投稿者:じゃごたろ  投稿日:2007年10月14日(日)16時39分21秒
返信・引用
  こちらでは、はじめまして。じゃごたろです。
あちらのサイトでの書き込みに関しては、YSKさんがお気にされることはありません。

以前より思っていたことを書き込んだまでのことでして、その契機となるのがYSKさんの書き込みであるだけです。以前よりというのは、なんとなく「苦言」を言うものが徐々にいなくなり、管理人の言葉が「天の声」のような印象が強くなりつつある雰囲気に違和感を感じているだけです。ですからこれは私個人の問題ですから、お気になさらずに。

なおあちらのサイトでは不本意な病名の例えを用いまして、それについては失礼な内容であったと思っていますので、それについてはお詫びいたします。
 
    (YSK) ようこそ「地域の旅人」へお越しいただきました。また、
メッセージを頂きまして、心よりお礼申し上げます。私は
まったく気にしておりませんので、ご安心ください。どう
か、心穏やかになさっていただければと存じます。
私の地域文のほうも、覗いていってくださいね。
 

画像処理方法について

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月14日(日)14時16分1秒
返信・引用 編集済
  > No.1496[元記事へ]

▼スピカさん:
> ギリギリ1MBを超えてしまっているのが多いので、

画像編集ソフトがあれば 1MB以下への縮小が可能です。私が常用する「ペイント・
ショップ」の場合は、開いた対象画像を、まず右クリックで複写し(リサイズ後の
画像を誤って上書き保存して、元々の高画質画像が失われる場合に対する保険です)
複製の画像に対して「イメージ」「サイズ変更」「パーセンテージ指定」と進めば、
縮小は可能です。一眼レフの最大画質で撮る私の場合、縮小率は、20%程度ですね。
縮小後は、画像が少し惚けがちなので「シャープネス」をかけると引き締まります。

我が「仲間外れを探せ」シリーズに登場する「四箇所一組」設問画像の場合ですと、
まず元ネタ画像を「ペイント・ショップ」で開き、これを「ワード」に複写します。
これは「ペイント・ショップ」から、最終調整を行う印刷ソフトに直接複写すると、
ソフトの相性ゆえか、ノイズが発生する事がある為です。

しかし「ワード」では、複数の画像やテキストを任意に配列する事が制限される為、
ここから更に印刷ソフトに複写、四枚の画像を配置し「プリント・スクリーン」で
複写した操作画面の画像を再び「ペイント・ショップ」に複写、これをトリミング
処理して完成します。印刷ソフトによっては、操作画面上の状態を、そのまま画像
ファイル化する機能もありますが、何れにしても「三重動作」を伴うので、相応の
メモリー環境の確保が前提となります。

以上、取引先とのデータ遣取りで、かかる画像処理も手掛ける事がある雑魚でした。
 
    (YSK) 画像処理の方法を詳しくご紹介いただきましてありがとう
ございます。雑魚さんの撮られる写真はアングルや画質が
たいへん美しくて、感心いたしております。
 

横浜博

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月14日(日)12時00分57秒
返信・引用 編集済
  > No.1496[元記事へ]

▼スピカさん:
> 最近塗装変更を始めましたが、他の会社と違って華やかさが足りないですね…。

壮年世代にとって相鉄はむしろ、様々な塗装が錯綜する印象がありました。東急や
京急と異なり、中区への直通性が無い為、沿線の市街化は後発との印象を受けます。
特に開業が新しいいずみ野線は、緑園都市など、丘陵を背にした新しい街が整然と
広がる印象で、1986年に栄区と共に泉区が分離した点から、地域の発展も窺えます。
新横浜駅へのアクセスが少々不便そうですが、個人的には概ね好感しています。

出身高校の沿革上、旧制の中学校に興味を持つ立場から、名門・県立一中あらため
横浜一中あらため希望ヶ丘高校の沿革を調べると、現在の西区藤棚地区で創立され、
終戦直後に磯子区六浦地区への移転を経て、現在地に落ち着いており、これもまた、
相鉄線沿線の将来性が考慮されたという印象も受けます。

市営地下鉄と共に小田急線に接続する終点・湘南台も発展著しい地域と思いますが、
いずみ野線は更に西方延長の意図がある様ですね。人気の割に交通が不便な慶大の
湘南藤沢キャンパスにとっては福音ですが、そのまま相模線の倉見まで延長すれば、
以前から取り沙汰されている新幹線の新駅構想が現実性を帯びるかも知れませんね。

> うまい!! 那珂川という事は那珂港、水戸、大宮の辺ですかね。

通学先も那珂川を見下ろす高台にあり、度々、堤防道をマラソンで走り込みました。
校歌等に「那珂の清流」「那珂の流れ」などが散見され、精神的な拠り処でしたね。

> 航空写真を見る限り大分残っているようですね。

この航空写真、旧東側諸国の鉄道操車場も一目瞭然という事例も見られ、学生時代、
ベルリンの壁が健在だった世代としては、隔世の感もひとしおです。

> そこはYES横浜で使われたんでしたね。

レトロ風気動車(博覧会終了後、三陸鉄道を経てミャンマーに転出)が現役時代の
山下臨港線を往来、来場者の輸送に供されていました。この貨物線は1965年開業と、
意外に新しい為、山下公園は無粋にも高架で横切っていましたが、廃止後も暫くは
公園内に一部遺構が残り、奇異な印象でしたね。

> 鶴見から高島回りで桜木町までは乗車歴ありです!

高島経由という事は、イベント列車でしょうか。私は横浜博の際、当時は影も形も
無かった「湘南新宿ライン」を先取りする経路で、新宿~桜木町の臨時列車を利用、
操車場が広がる地上時代の高島貨物駅を通過しました。横浜博期間中のみ稼動した、
横浜そごう発着のゴンドラ・リフトが、頭上を往来していたのが印象的でした。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。鉄道関係の話題は私は
あまり細かい内容まで踏み込めませんので、雑魚さんのほ
うから話を返していただけますと私としてもうれしいです。
ありがとうございました。
 

YES横浜

 投稿者:スピカ  投稿日:2007年10月13日(土)23時13分36秒
返信・引用
  > No.1495[元記事へ]

お返事ありがとうございます。

> 横浜で最新の大手私鉄沿線というと、相鉄の支線でしょうか。

そうです。最近塗装変更を始めましたが、他の会社と違って華やかさが足りないですね…。

>茨城県の那珂川で釣り上げられた壮年期魚介類です。
> 餌としては鉄分を好み「被写体」の運転状況次第で回遊性が著しい生態です(^^)

うまい!!那珂川という事は那珂港、水戸、大宮の辺ですかね。今年の初めに大宮駅に降りた際、大きなタイ焼きを売っていたのが印象的です。買えなかったのが残念。

> 高速道を跨ぐアングラ路線としては、既に廃止されていますが、埼玉県東松山市の
> 東武東上線高坂から分岐していたセメント工場専用線が挙げられます。

中学生の時に通りかかって何なのかと思っていましたが、そういう事だったのですか!!航空写真を見る限り大分残っているようですね。

>画像は、私にとって横浜で最も「萌え」な界隈です(^^)
あっ、そこはYES横浜で使われたんでしたね。万博終了間際に生まれた故に僕は知る由もないのですが。もう少し早ければ乗れたのになぁ。鶴見から高島回りで桜木町までは乗車歴ありです!


>>YSKさん
画像の掲載方法ありがとうございます!
ギリギリ1MBを超えてしまっているのが多いので、今度何か仕入れてきたら試してみます!
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。スピカさんはお若いのに、
かなりの行動派のようですね。今後ともいろいろなお話をお聞
かせください。また、写真のご投稿もお待ちしています。
 

スピカ賛江

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月11日(木)18時02分55秒
返信・引用
  > No.1490[元記事へ]

▼スピカさん:
> 横浜市の某最新の大手私鉄沿線に棲む者です。元号が変った年の生まれで、

御若いんですね(羨)横浜で最新の大手私鉄沿線というと、相鉄の支線でしょうか。
私も改めて自己紹介しますに、茨城県の那珂川で釣り上げられた壮年期魚介類です。
餌としては鉄分を好み「被写体」の運転状況次第で回遊性が著しい生態です(^^)

> その地のレポートを見るといい感じになっていますね~。

線路をそのままに遊歩道化すれば、結構な人出が期待できるのではないか、とすら
思えるほど、良い雰囲気ですよ。

> 当地からは少々影が薄いですが、厚木飛行場の引き込み線を挙げたいですね。
> 天下の東名高速を跨いでいる点もポイントが高いと思います。

高速道を跨ぐアングラ路線としては、既に廃止されていますが、埼玉県東松山市の
東武東上線高坂から分岐していたセメント工場専用線が挙げられます。グーグルの
空撮映像を検索すると、架線柱まで視認できますよ。

> 上下どちらの線からも直接入る事が出来ない配線にも何か思惑がありそう。

本線列車の安全走行を確保する観点から、わざと「切返し」を要する構造なのかも
知れませんね。分岐箇所の周辺用地が、比較的、小面積で済む利点もありそうです。
事業所構内を専用入替機で済ませる場合、こうした構造が多々見受けられます。

画像は、私にとって横浜で最も「萌え」な界隈です(^^)
 
    (YSK) 東武高坂駅からの線路跡、航空写真で確認しました。あの部分
は高速でよく通過しますが、廃線跡だったのですね。初めて知
りました。
 

秋のかをりが・・・

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2007年10月11日(木)08時44分52秒
返信・引用
  駿府城址のお堀の土手に咲くヒガンバナも、今年は大分開花が遅れていたようで、お彼岸が終ったあとからの方がたくさん咲いていました。
そういえば河津のサクラも狂い咲きをしているということがローカルニュースで流れていました。

それでもここ数日は、キンモクセイの香りが秋を感じさせてくれます。
このキンモクセイは、近所の商店街の歩道に2、30mごとに置かれた大型植木鉢に植えられているもので、樹木にとってはよい環境とは言えないのでしょうが、今年はことのほかたくさんの花をつけています。
日常の雑事に追いまくられていると、巡りゆく季節にも鈍感になりがちなのですが、四季折々の花たちにはあらためて季節のうつろいに気づかされて本当になぐさめられます。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。当地でも今キンモクセイが
盛りを迎えていまして、あのかぐわしい香りが季節感を伝えて
います。時の流れに抗うことなく、しっかりと季節の移ろいを
伝えてくれるキンモクセイのように、穏やかな気持ちでありた
いですね。
 

最近の心境について

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月11日(木)01時42分57秒
返信・引用
  ここ数日涼しさが加わってまいりました。仕事柄、秋の季節は休日に夜間に仕事が
多くて、またとある個人的な事情も抱えていることから、今年は(あるいは今年に
限らず当面の間は)フィールドワークに遠出ができなくなるかもしれません。

「落書き帳」を頻繁に閲覧されている方はご存知かもしれませんが、今年8月に、同
掲示板の中心的な企画である「十番勝負」に関して問題を起こしました。現在17回目
の十番勝負が開催されているわけですが、今回微力ながら私も参加しようと決意し、
先ほど最初の書き込みをしました。連休中は仕事や家族の用事等で忙しく、本日やっ
とまとまった考量時間が取れましたことから、回答を始めた次第です。その最初の書
き込みにて「ア・イ・シ・テ・ルって伝えられてるかな?」と記載したことの真意は、
「今まで迷惑をかけてきた落書き帳に対し、精一杯の恩返しをしてきたい、そのため
にはクイズに真摯に参加していきたい」とのことです。8月の「事件」で「十番勝負の
回答者としては関心が無い」との趣旨の書き込みを私がしていたこともあり、少なか
らず私の今回の行動に不信感を感じる方もいらっしゃるかと存じます。そこで、8月の
事件の裏にあった個人的な心境も踏まえながら、お話をさせていただこうと思います。

8月の事件は、否定的な意見でもその奥にあるポジティブな部分をみなければいけない
との趣旨を伝えたかったことが発端であると掲示板には書き込みしました。実は、これ
にはさらに事情があります。十番勝負が熱を帯びる中で、これに積極的に参加する層を
中心にオーナーは意を払われ、それ以外の層へは相対的に意を払ってもらえていないの
ではないか、アーカイブズ担当として私は置いていかれているのではないか、ここ数年
は少なからずそんな不安を抱えていました。そんな心理状態の中で、私を顧みてほしい
との気持ちが高ぶり、8月の事件を起こすこととなってしまいました。今にして思えば、
上記はまったくの杞憂であり、また8月の事件もやってはならないことでしたので、弁解
の余地はまったくありません。しかしながら、その背景に上記のような不安があったこと
だけは、ご理解を頂きたいと思います。8月の事件の一連の書き込みの最後のほうに、
「仲間はずれにされているようで」と書いたことも、この不安と関連しています。十番勝
負に関心がないと書いてしまったのは、十番勝負に参加してその輪に入れている層から、
自分はないがしろにされてしまっているのではないか、との不安を払拭することができな
かったためでした。本当に、子どもじみた甘い考えとしか表現できない愚行でした。

しかしながら、「落書き帳」における私の立ち位置は、どんな批判に対しても、それに
対して一切の弁解も許されないと認識しています。批判は甘んじて受けたいと思います。
そのご意見を胸に、私なりにもう一度、一から出なおす気持ちで取り組んでいこうと思
います。
 

ギャラリー更新/巾着田

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月11日(木)00時58分19秒
返信・引用
  更新が遅くなってしまったのですが、10月6日に日高市の巾着田にて撮影した
彼岸花などの写真をギャラリーに掲載しましたのでお知らせいたします。今年は
残暑の影響か、彼岸花も開花時期がかなりずれこんでいたようですね。季節感が
ずれてしまうのですが、せっかく撮影しましたので、少しの間掲載しようと思い
ます。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

画像の添付方法

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月10日(水)22時20分15秒
返信・引用
  > No.1490[元記事へ]

スピカさんへのお返事です。

こんばんは、メッセージありがとうございます!
イントロダクションクイズは正答発表いたしましたので、もう市名を伏せる
必要は無いですよ。

さて、ご質問の画像の添付方法ですが、メッセージを書き込む欄の下にある
「画像」ボックスに画像ファイルを指定することにより添付することができ
ます。右にある「参照」ボタンをクリックしますと、ご自分のPCのフォルダ
が掲示されると思いますので、添付したいファイルのあるフォルダまで移動
させて、ファイルを指定してください。

なお、添付できるファイルサイズは最大1メガバイトまでです。
 

雑魚さんはじめまして!

 投稿者:スピカ  投稿日:2007年10月10日(水)18時40分2秒
返信・引用
  > No.1488[元記事へ]

雑魚さんはじめまして。軽く自己紹介を…。
横浜市の某最新の大手私鉄沿線に棲む者です。元号が変った年の生まれで、得意分野は地元系ですかね…。遠くまで見識が至ってないだけかも。


> JRの駅名から、大陸ゆかりの歴史が窺えますね。七世紀に滅んだ王朝の亡命者を
> 受け入れた事に因む命名なのだとか。

もう名前出しちゃっていいんですよね…。
飯能も「韓国(ハンナラ)」の転訛と云う説もありますね。韓国の与党がそんな名前だったはず…。大磯の高麗神社と共に韓流スポットといえるのかもしれません。

> 駅名を見る限り「隣の駅」は「スイッチ・バック駅」の亜流との印象を受けますが、
> 市役所の立地や街区の様子を見ると、案外、こちらの方が主要地域かも知れません。

飯能駅から秩父方面には大きくカーブしていますが、意外と両駅は近いですね。元々連続市街地だったのでしょうか。この辺りはYSKさんが地域文で明かしてくれるのでは…?期待してます!

> 画像は、No.129市から、主要河川沿いに十数kmほど下流の河川敷に近い、鉄の聖地、
> 通称「トトロの森」です。事実上「廃止路線」ですが、法的には「休止路線」とか。

あそこは元砂利線でしたっけ?その地のレポートを見るといい感じになっていますね~。
当地からは少々影が薄いですが、厚木飛行場の引き込み線を挙げたいですね。夏は草むらになっていましたが、天下の東名高速を跨いでいる点もポイントが高いと思います。上下どちらの線からも直接入る事が出来ない配線にも何か思惑がありそう。
地元でも綾瀬市は影が薄く、軽く訪れても素晴らしい点を見つけられずにいます;良いトコはあるはず。


YSKさん
丁寧なコメントを戴きありがとうございます!!
不躾な質問ですが、画像の投稿の仕方をお教え願えますでしょうか。
 

イントロダクションクイズ正答

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月10日(水)08時43分40秒
返信・引用 編集済
  おはようございます。本日は7日の代休です。庭の一部を花壇にする作業をやろうと
思っています!

イントロダクションクイズ#125~#129まで、一気に正答ページを更新しまし
た。チェックしてみてくださいね。

#125「千葉市」
http://www.chiikibun.com/intro/125/ans-shi125.html
#126「船橋市」
http://www.chiikibun.com/intro/126/ans-shi126.html
#127「習志野市」
http://www.chiikibun.com/intro/127/ans-shi127.html
#128「日高市」
http://www.chiikibun.com/intro/128/ans-shi128.html
#129「飯能市」
http://www.chiikibun.com/intro/129/ans-shi129.html

みなさん、正解のようですね。次回の出題をご期待ください!
個別のレスは、管理人コメント機能(緑色のバックに記述するもの)にてさせて
いただきます。
 

スイッチ・バック駅

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月 9日(火)17時58分37秒
返信・引用 編集済
  > No.1485[元記事へ]

▼スピカさん:
> JRのジャンクションの駅があって端の方に私鉄も走っている、

JRの駅名から、大陸ゆかりの歴史が窺えますね。七世紀に滅んだ王朝の亡命者を
受け入れた事に因む命名なのだとか。自治体名は(競馬好きは特に)北海道の市と
勘違いしそうな印象を受けますけどね。

> 私鉄のスイッチバックがあって、意外にも市役所がその隣の駅にありましたね。

駅名を見る限り「隣の駅」は「スイッチ・バック駅」の亜流との印象を受けますが、
市役所の立地や街区の様子を見ると、案外、こちらの方が主要地域かも知れません。

以前、このスイッチ・バック駅を廃止し、私鉄線を直接「隣の駅」に進入する様に
経路を改める計画がありましたが、貨物列車の廃止や、直通特急の少なさ、そして、
廃止対象となる「スイッチ・バック駅」界隈の反対により、実現に至っていません。

この結果、当該私鉄では、JRに接続する「隣の駅」直前のスイッチ・バック駅で、
列車本数が大きく一段落し、JRへの接続事情はあまり良くありません。

> もし、2つの市が合併するなら新しい名前で揉めそう。

命名次第で、両者がどの様に「反応」するかが問題ですな(^^)

画像は、No.129市から、主要河川沿いに十数kmほど下流の河川敷に近い、鉄の聖地、
通称「トトロの森」です。事実上「廃止路線」ですが、法的には「休止路線」とか。
この路線を所管する鉄道は、上記「スイッチ・バック」経由の私鉄と同一会社です。
 
    (YSK) 日高市周辺の「高麗」の地名は、いずれ地域文でご紹介しよう
と思っておりますが、ご指摘のとおり、古代朝鮮半島とのかか
わりが濃厚に刻まれたものですね。
なお、飯能フィールドワークは市役所に自家用車を停めてのス
タートでしたが、市役所周辺は住宅地ベースの土地利用で、や
はり中心市街地としては飯能駅北側一帯であったように思いま
す(これも地域文でご紹介できたらと思います)。
 

仲間外れを探せ 05

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年10月 9日(火)15時41分39秒
返信・引用 編集済
  > No.1480[元記事へ]

▼今川焼さん:
> 上の2枚については左は車両の塗色から、右は段丘状の地形とトラス橋から
> 阿賀野川沿いだろうとは想像できたのですが(中略)左は、流れのよどんだ
> 感じからダムの多い阿賀野川。右は川沿いの植生から久慈川と見ました。

相変わらず御見事ですね。御明察です。

【左上】新潟県阿賀町/磐越西線  【右上】新潟県阿賀町/旧鹿瀬町中心部
【左下】新潟県阿賀町/日出谷地区 【右下】茨城県大子町/国道118号線袋田RP

五問目に行きます。撮影した自治体ではなく、画像に映っている水面を基準として
御考え下さい。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。阿賀野川のクイズ、
今川焼さんご名答だったようですね。すばらしいです。
五問目は、当地から見て北方向にある湖がベースになっ
ているようですね。もう少し検討してみたいと思います。
 

イントロダクションクイズ解答

 投稿者:スピカ  投稿日:2007年10月 7日(日)22時13分5秒
返信・引用
  上手い解答が出来ずにすみません。

#128
JRのジャンクションの駅があって端の方に私鉄も走っている、平成になってからの市ですね。川の蛇行部にも有名な田圃?がありますね。 元カノが住んでいるのであと数年は訪れられない事になっています;

#129
ここはおそらく白桃化で有名な市ですね。私鉄のスイッチバックがあって、意外にも市役所がその隣の駅にありましたね。
もし、2つの市が合併するなら新しい名前で揉めそう。
 
    (YSK) 十番勝負開催中にもかかわらず、メッセージをくださいまして
ありがとうございます。巾着田は、実際はほとんど彼岸花など
の花を鑑賞する観光地となっておりまして、水田はごく一部に
見られるのみのようでした。
 

イントロダクションクイズ#128・#129解答

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年10月 7日(日)16時49分22秒
返信・引用
  今回は、河川の風景から大都市部ではなく、山地部から平野部にかけて立地する都市のようだと想像がつきます。

#128
彼岸花(曼珠沙華)を売りにしている観光地というのは珍しいので、ここは記憶に残っていました。
右下は古代朝鮮半島と関わりのある神社のようですね。
今年はいつまでも猛暑が続いたせいか、
当地方でも例年なら文字通り彼岸に咲くはずの彼岸花が今盛りを迎えています。

#129
こちらはその隣の市で、右下の俯瞰写真の撮影場所は、明治天皇来訪が山名の由来という山のようですね。
この山の麓を走る大手私鉄の沿線の学校ではここへの遠足が定番らしく、
学生時代、沿線に住む後輩からこの山の展望について何度か聞いたことがありました。
 
    (YSK) ご回答ありがとうございます。両方とも正解です。巾着田は
初めて行ったのですが、場所によって早咲き、遅咲きのエリ
アがあるようで、早咲きの場所では花は終わっておりました。
とはいえ、10月上旬まで彼岸花が咲いているというのは、今
年の季節が遅めに推移していることを象徴しているように感
じられました。なお、飯能市の俯瞰写真はもっと遠い場所か
ら撮影しています(回答ページをご参照ください)。
 

イントロダクションクイズ#128・129

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 7日(日)01時31分14秒
返信・引用 編集済
  まずは、今川焼さんへお礼申し上げます。クイズのご回答、たいへんありがとう
ございました。イントロダクションクイズのほうは、正解です。確かに大都市地
域は変化がめまぐるしく、域外居住者にとってはキャッチアップしていくのがた
いへんですよね・・・。

さて、10月6日のフィールドワーク先より、#128・129を出題いたしま
した。ぜひ、ご確認くださいね。

イントロダクションクイズ#128
http://www.chiikibun.com/intro/128/shi128.html
イントロダクションクイズ#129
http://www.chiikibun.com/intro/129/shi129.html


なお、7日は1日仕事のため、#125~127の正答ページの更新はもう少し
お時間をください。

掲出の写真は、フィールドワーク中に撮影した空の写真です。秋ですね!
 

イントロダクションクイズ#125~27解答

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年10月 6日(土)23時46分34秒
返信・引用
  >現在スピカさんのみお答えの、イントロダクションクイズ最新3問のご見解も
併せていただけますと幸いです!

首都圏のここ20年くらいの間に開発(再開発)された市街地というのは、
写真を見てもももうほとんど浦島太郎状態です。
何せ私の首都圏在住時には、高層マンションなどというものはほとんど存在していない時代でした。

それでもなんとか解答を…。
#125
海岸近くにあるタワーと思しきところからの俯瞰写真と、
何やら高架の柱の鬱陶しそうな駅前の様子から県庁所在都市と推察。
#126
この駅前の西武百貨店は四半世紀前にもありました。
それと、河口部を高速道路が跨ぐ様子からF市と思われます。
#127
海との間を埋め立て地でほとんどふさがられた形の干潟の様子から何となくわかりました。
この写真の駅周辺は昭和50年代に激しい大型店舗間の集客競争が発生したことでも有名でした。
当時それがテレビドラマにもなって、どんなところなのか見に行ったことがありました。
 

Re: 仲間外れを探せ 03

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 6日(土)09時05分32秒
返信・引用
  > No.1480[元記事へ]

今川焼さんへのお返事です。

おはようございます。クイズへのご回答メッセージありがとうございました。

(下の写真の)
> 左は流れのよどんだ感じからダムの多い阿賀野川。
> 右は川沿いの植生から久慈川と見ました。

久慈川の写真は1枚だけとのご判断ですか・・・。私はその逆だと思っておりました。

追伸:
現在スピカさんのみお答えの、イントロダクションクイズ最新3問のご見解も
併せていただけますと幸いです!
 

Re: 仲間外れを探せ 03

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年10月 5日(金)22時01分51秒
返信・引用
  > No.1427[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

雑魚さんの「仲間外れを探せ03」の正解はまだでしたね。
問題をぱっと見たとき、上の2枚については左は車両の塗色から、
右は段丘状の地形とトラス橋から阿賀野川沿いだろうとは想像できたのですが、
下2つの見分けは難しかったです。
ヒントやYSKさんのコメントからもう1つは久慈川とのことなので、ほとんどヤマカンですが…。
左は流れのよどんだ感じからダムの多い阿賀野川。
右は川沿いの植生から久慈川と見ました。
(東日本の日本海側って竹や笹の河川沿いの籔ってあまりなかったような気が…)
どんなものでしょうか?
 

西海道訪問記 I

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 5日(金)01時05分46秒
返信・引用
  久しぶりのキリ番のご報告・お礼の書き込みです。

地域文「西海道訪問記 I 」がこのほど3000カウント突破となった模様です。
多くの閲覧に、心より感謝申し上げます。北部九州フィールドワーク第一弾とな
った2001年夏の記録です。福岡、呼子、平戸、雲仙、天草、阿蘇とめぐりま
した。崎津天主堂の美しさや、原城のしずかさ、ページを見ますと私自身もさま
ざまな感傷がよぎります。もう6年前になってしまったのかとも感じます。

西海道訪問記 I
http://www.chiikibun.com/saikaido1/saikaido1.html
 

Re: ヒント

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 5日(金)01時01分2秒
返信・引用
  > No.1474[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

メッセージありがとうございます。ここでも書いておりますとおり、悲しい出来事
などがあり、また仕事も忙しくなってきていることから、なかなかコメントをお返し
することができず、たいへん申し訳ありませんでした。

> ▼YSKさん:
> > お話の「ふたつの水系」が阿武隈川水系と久慈川(あるいは那珂川)水系で
> > あることまではなんとなく類推できるのですが
>
> ひとつは、久慈川で正解です。ちなみに「マピオン」の「キョリ測」機能によると
> 久慈川と阿武隈川の河口同士は直線距離で 176km離れており「正解」の 210kmとは
> 少し誤差があります。
>
> 画像は「正解」水系の中流域にある堰堤発電所です。ここより下流では広域に渡り、
> 昭和40年代から、ある社会問題が発生しています。

ヒントありがとうございます。ということは、もうひとつの水系は阿賀野川水系とい
うことになりますでしょうか?左上写真に写っている車両、左下写真奥の岩肌が見え
るような山など、いろいろと着目していますが、やはりどの写真がどちらの水系のも
のかは私には分かりませんね・・・。申し訳ありません・・・。
 

阪神間ドリームズ#2

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 3日(水)00時51分14秒
返信・引用
  こんばんは、最近は涼しいといいますか、かなり肌寒い気候が続いている当地です。
キンモクセイがそろそろ香りはじめています。

さて、お知らせしていました執筆中の「阪神間ドリームズ#2」を、先ほどリリース
いたしました。夏に行った関西フィールドワークの2日目、芦屋から三田、宝塚、
川西、伊丹へとめぐった記録をまとめています。

次は、関西フィールドワーク3日目、阪堺エリア編の執筆へと進みます。

なお、阪神間エリアの地域文タイトルについて、前作とともに「阪神ドリームズ」
から「阪神間ドリームズ」へと名称を変更しております。

阪神間ドリームズ#2
http://www.chiikibun.com/hanshin/hanshin2/hanshin2.html
 

ショックは大きく・・・

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 2日(火)01時44分41秒
返信・引用
  昨日の投稿の内容のことで、まだ心配な気持ちと、心から応援したい気持ちとが
交錯しております。はやく元気になっていただきたいと祈ります。

さて、阪神間ドリームズ#2の作業ですが、少しずつ詰めの作業が進んでいます。
今夜の更新はこんな時間なので厳しいですね。あともう少し!がんばろう!
 

いろんな気持ち・・・

 投稿者:YSK  投稿日:2007年10月 1日(月)01時29分12秒
返信・引用
  雑魚さん、ヒントのご提示ありがとうございました。もうひとつの水系は日本海へ
注ぐのですね。もう少し考えてみようと思います。

さて、先ほど地域文「阪神間ドリームズ#2」の文章の執筆をほぼ終えました。
インスパイアされる事象は本当に多い地域だったのですが、それゆえにどのような
切り口で文章を書き進められるかなかなか気持ちが乗らなくて、時間を要してしま
いました。今晩(月曜夜)以降、文章の推敲や掲載写真の選定作業を行って、更新
しようと思っております。ご期待ください。

さて、22日にドリカムワンダーランド2007(国立競技場)に参加した旨、書き
込みをさせていただいておりましたが、先ほどドリカムのメンバーである中村正人
さんが更新をしているブログにて、たいへん衝撃的な、悲しい発表がありまして、
つらい気持ちになっております。張り裂けそうな気持ちを抑えながら、ツアー動員
44万人の前で気丈にツアーを成し遂げたお二人に、心より敬意を表しますとともに、
心より、本当に心よりお見舞いを申し上げます。どうか、ゆっくりとおやすみをく
ださいますよう・・・
 

ヒント

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月29日(土)08時16分23秒
返信・引用 編集済
  > No.1473[元記事へ]

▼YSKさん:
> お話の「ふたつの水系」が阿武隈川水系と久慈川(あるいは那珂川)水系で
> あることまではなんとなく類推できるのですが

ひとつは、久慈川で正解です。ちなみに「マピオン」の「キョリ測」機能によると
久慈川と阿武隈川の河口同士は直線距離で 176km離れており「正解」の 210kmとは
少し誤差があります。

画像は「正解」水系の中流域にある堰堤発電所です。ここより下流では広域に渡り、
昭和40年代から、ある社会問題が発生しています。
 

Re: 仲間外れを探せ 03

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月29日(土)00時13分48秒
返信・引用
  > No.1427[元記事へ]

こんばんは、自分自身でクイズを連発しておきながら、なかなかお返しができており
ませんでしたので・・・

雑魚さんへのお返事です。

> ふたつの水系が混在しています。それぞれの河口は、直線で 200kmほど離れています。

お話の「ふたつの水系」が阿武隈川水系と久慈川(あるいは那珂川)水系であることまではなんとなく類推できるのですが、それ以上先には考察が進みません・・・。ヒント等がありますと幸いです。
 

イントロダクションクイズ解答

 投稿者:スピカ  投稿日:2007年 9月24日(月)19時46分17秒
返信・引用
  スピカです。お邪魔します、YSKさん。
#125
代表駅の柱を見たら、アレが走っているのが分かりますね。
#126
百貨店を見ると人口約60万人のあの市だと分りました。
#127
これは編集者として忘れてはいけない水辺では…?

こんな感じの回答でよろしいでしょうか…。
 
    (YSK) ご回答ありがとうございます。ようこそお越しいただきまし
た。イントロダクションクイズですが、3問とも正解のよう
ですね。あちらのページではアーカイブズ関連の情報もいた
だいているようですね。アーカイブズ編集者としては一応引
退を宣言しておりますので、現在は暫定的な地位にあると考
えているのですが、せっかくの情報提供ですので、前向きに
編集を検討しようと思います。
 

イントロダクションクイズ#125~27出題

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月24日(月)00時37分58秒
返信・引用
  さて、前稿でお話しした今回(23日)のフィールドワーク先より、イントロダク
ションクイズを3問出題しました。今回は一部過去に撮影した写真も補って作問
していますので、ご注意くださいね。

イントロダクションクイズ#125
http://www.chiikibun.com/intro/125/shi125.html
イントロダクションクイズ#126
http://www.chiikibun.com/intro/126/shi126.html
イントロダクションクイズ#127
http://www.chiikibun.com/intro/127/shi127.html

では、みなさまぜひチェックしてみてくださいね。
 

#123・124正答

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月24日(月)00時33分43秒
返信・引用
  ワンダーランドに引き続き、23日は首都圏某所でのフィールドワークを行って
いました。曇り空で気温はこれまでよりは高くないものの、歩いていると汗ば
んできまして(フィールドワークは歩行量が「散策」程度のものではありませ
ん)、たいへんでした。

さて、まずは前回出題分の正答発表です。今回は(も?)2問とも平易だった
ようですね。

#123正答「多賀城市」
http://www.chiikibun.com/intro/123/ans-shi123.html
#124正答「塩竈市」
http://www.chiikibun.com/intro/124/ans-shi124.html

今回は、日帰りでの仙台フィールドワークで、多賀城と塩竈に足を伸ばした
というわけです。自家用車で出かけていますので、郊外エリアもいろいろ観
てきていますよ。「クローズアップ仙台」の更新をご期待ください。
 

ワンダーランド!!

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月23日(日)00時11分19秒
返信・引用
  ワンダーランド、終了しました!!ただいま東京近隣のホテルに滞在中です。
日曜日は1日某所でフィールドワークを行う予定です。

ワンダーランド、最高でした!6万人の大観衆のもと、本当にすばらしいパフォー
マンスを観ることができました!!4年に一度のビッグイベントであるワンダーラ
ンドでは、今回で二度目の参戦でしたが、通常のコンサートも含め、首都圏で開催
されるドリのコンサートに参加するのはこれが初めてでした。これまでは、フィー
ルドワークと関連付けて、仙台や広島で参加しておりまして・・・。

ワンダーランドは5回目の開催で、選曲に当たってはファンからの投票が行われます。
ドリくらいになりますと、また5回も回を重ねていますと、ファンに人気のある曲の
定番のようなものはある程度あって、それらを多く詰め込もうとするあまり、フル
コーラスで歌われていた曲がほとんどなかったのは残念でしたが、それも止むを得な
いかなとも思います。だってそれでもライブ時間約3時間20分もやってましたし・・・。
 

DWL2007

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月22日(土)15時17分48秒
返信・引用
  国立競技場に来ています。これから、ワンダーランドを楽しんでいこうと思います。  

岩国と麻里布

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月20日(木)16時04分21秒
返信・引用
  > No.1463[元記事へ]

▼リトルさん:
> 手角町の辺はどうなっているのでしょう? 海の中で道が曲がっている様な?

沖縄県うるま市の海中道路と並んで、是非、運転してみたい区間ですね。

> 過去の栄光を伝える素晴らしい駅舎でした。

山陽線の岩国~柳井~徳山は1897年の開業です。一方、岩徳線が部分開通したのは
1929年と後発で、現岩国駅が「麻里布」を名乗ったのは、この後発区間を山陽線の
一部に編入した1934~42年のみでした。

一方、1945年の市制施行まで、岩国と麻里布は別自治体で「岩国」を冠する学校が
西岩国駅界隈に集中している点から推すに、この一帯が古くからの街で、麻里布は
山陽線駅や「テイジン」など事業所が設置された事を受けて、後発的に形成された
街という印象を受けます。

> 今は各3本になりました…。

本当に寂しくなりましたね。広島~米子の急行「ちどり」は、夜行便もあった事を
考えると、隔世の観も甚だしい処です。芸備線は高梁川水系と江の川水系を隔てる
小奴可~道後山の分水界が最たる閑散区間となりますが、峠の東側にある東城町も
広島県なんですよね。

それ以前に、広島都市圏の拠点都市・三次が実は日本海側水系というのも、意外な
印象を受けますけどね。

秋は米と共にソバが美味しい季節です。特に我が地元の「常陸秋ソバ」は、広域で
人気を博している名産品です。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。岩国における都市構造
の変化は興味深くて、一度訪れてみたいまちだと思ってお
ります。常陸秋そばも著名なようですね。写真のそば畑は
どのあたりなのでしょうか?また茨城県内でおいしいそば
が食べられるエリアはどのあたりなのでしょうか?
 

S字型 クランク

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月20日(木)10時36分14秒
返信・引用 編集済
  > No.1465[元記事へ]

▼今川焼さん:
> ここまで日帰りされるとは…。

う~む、私も水戸から往復した事がありますが、やはりキツかったですね。

> 右下の写真の駅が高架化に伴い今の位置に移転したのは、1981年11月1日でした。

この駅前を通過する度、二桁国道のS字型クランクは何とかならないかと、今なお
感じます(^^)数年前までは、この国道が鉄道高架橋を潜る箇所で、全く別系統の
貨物線とも平面交差しており「鉄」にとっては、ある意味「聖地」でしたね(^^)

この貨物線は埠頭脇のヤードが終点でしたが、かつてはここが「本線」の終着駅で、
物流の拠点として、近接する現・政令指定都市の発展にも少なからず与しています。
かの「モーターマン」では、ここから「本間ちゃん」が乗り込んで来ますね。

> 左下の発電所と思われる建物だけが隣県ではないでしょうか?

当初のH市との推定に、想定通り「誘導」できたかな、とも感じましたが、やはり
今川焼さんの鑑定眼は誤魔化せませんでしたね(^^)未だ詮索が無い第三問の方も、
どうぞ御笑覧下さい。

天高く「俺」肥ゆる秋………そろそろ新米が美味しい季節ですね(^^)
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。塩竈は港町としての
姿のほかに、仙台都市圏の外縁部としての顔、塩竈神社
の鳥居前町としての顔など、洪積台地の広がるわずかな
平地の中に多様な姿を見せる町ですね。雑魚さんクイズ
のほうは、後日検証した結果H市ではない(ひたちなか
市だと思っていました)と分かっておりましたが、次の
回答を導くことができていませんでした。
 

イントロクイズ解答

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年 9月17日(月)22時40分38秒
返信・引用
  #123
右下写真の古い石碑らしきものを保存してある建物から、日本三大古○の1つと見当をつけましたが、一番遠いところだったんですね。ここまで日帰りされるとは…。

#124
右下の写真の駅が高架化に伴い今の位置に移転したのは、1981年11月1日でした。
ちょうどその日にこの駅に降りて硬券入場券を記念に購入したら、裏面赤鉛筆チェック入りだったのでよく覚えています。
でも駅の庇が左下写真の有名な神社の社殿の屋根を模したものであることには今気がつきました。

雑魚さんの「仲間外れを探せ 04 」
左下の発電所と思われる建物だけが隣県ではないでしょうか?
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。正解ですね。
本当に全国各地すみずみまでご訪問されているのですね、
すばらしいです!ぺとぺとさんへのコメントにも書きまし
たとおり、今回のメインの目的地は西接する大都市でして、
両市は「クイズ出題の取材も兼ねて」足を伸ばしました。
午前3時出発!でした。最近の高速はETCですと、0時から
4時までの間に高速内にいれば全区間の料金が3割引になる
ので、朝早く頑張ってみました。
 

イントロダクションクイズ#123・#124の解答

 投稿者:ぺとぺと  投稿日:2007年 9月17日(月)20時24分29秒
返信・引用
  こんばんは。
広島からの帰還後も精力的にフィールドワークに取り組まれていらっしゃいますね。
YSKさんの行動力にはいつも感服しております。
今回も随分と遠方へ出かけられたようですね(^^)

#123
ブルーがシンボルカラーの旧国立ナンバー銀行に城跡とくれば、答えは自ずと見えてきますね。

#124
以前、この市の中学校が#123の市にあることが落書き帳で話題になったことがありましたね。名物の「かまぼこ」に地名の「こうづ」と、何となく我が地元小田原市を連想させる市です。
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。正解ですね。
写真に写るご指摘の金融機関の名称は削除しようか迷
いました。でも、ヒントということで、結局そのままに
してしまいました。
今回のフィールドのメインは、この両市ではなく「もち
ろん」その西方の大都市です。2007年初訪問となりまし
た。
 

▼雑魚様

 投稿者:リトルメール  投稿日:2007年 9月17日(月)17時00分55秒
返信・引用
  レスありがとうございます。
バタバタして長い間が空いてしまい申し訳ありません。
いつも、ここでの出題などで、各地に対する豊富な情報量に感服しております。

スカイレールのデジ画像は説明用に撮ったので、調子に乗って載せました。
(でも、ここは、ゴーストタウンになりそうな予感が…)

「大根島」
>島内縦貫は一本道ではなさそうですね。
→オランダ気分で走っていました。でも、北側の松江市手角町の辺はどうなっているのでしょう?
海の中で道が曲がっている様な?

>主要駅の名称変更例~山口県岩国市「麻里布」が挙げられますね。
→この夏、西岩国駅に泊まりましたが、過去の栄光を伝える素晴らしい駅舎でした。

「JR芸備線 備後落合駅」
>20年ほど前、乗継待ちで途中下車した事があります。~無人駅の扱いながら運転要員の詰所があり~
→その頃の時刻表を見ていると木次線・芸備線方面共に1日8本の列車が走っていますが、今は各3本になりました…。
運転手の詰所は今でもあるものの、確かにヒバゴンが出そうでした。

「鞆の浦」
>「鞆鉄道」です~鉄道部門自体は1954年に全廃
→鞆鉄は鉄道廃止が早い時期なので、あまり廃線跡は残っていないようでした。

>京都市電といえば、新幹線からも俯瞰できる堀川通~油小路通の陸橋に残るN電の
電柱は、まだ「健在」なのだろうか?
→大宮通りの陸橋かと思いますが、最近は未確認です…。

「仲間外れを探せ 04」はいきなり白旗でした…

リトル
PS、YSKさん、今回は個人的書簡ですみません。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。横レスのようになって
恐縮ですが、今般の山陰・中国山地フィールドワークで、
境港から出雲へ向かう途中、大根島を通過しました。中海
の中を進む道路も新鮮でした。
 

イントロダクションクイズ#123、124

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月16日(日)22時34分18秒
返信・引用
  こんばんは、残暑が続く当地です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、昨日(土曜日)も、フィールドワークに出かけてまいりました。クイズを
2題出題しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

目指せ、国内全市出題!(気が早いですね・・・汗)

イントロダクションクイズ#123
http://www.chiikibun.com/intro/123/shi123.html
イントロダクションクイズ#124
http://www.chiikibun.com/intro/124/shi124.html
 

サーバ移行完了

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月14日(金)21時09分26秒
返信・引用
  こんばんは、雑魚さんクイズ出題ありがとうございます。H市関連と見ましたが、
いかがでしょうか。

さて、深夜に一度お知らせして独自ドメインの設定が完了したので書き込み自体
は削除しておりましたが、このたびサーバ容量が逼迫してきたことに伴い、サーバ
を移行する契約を行いました。実際には容量の大きいサーバで契約を行ってデータ
を移行し、その後旧サーバの契約を解除するという過程を経ています。旧サーバの
契約が有効なうちは、URLは異なるものの見た目はまったく一緒の2つのサイトが閲
覧できる状態になっています(ただし旧サイトは当然更新されませんが・・・)。
「chiikibun.com」自体は新サーバのサイトに移行しています。皆様、瓜二つのもう
1つの「JRE」をぜひ探してみてくださいね。

なお、これにより旧サーバでは容量比率が90%に迫っていたのですが、新サーバでは
なんと約4%に減少しました。これにより、今後も多くの地域をご紹介していくことが
できそうです。
 

仲間外れを探せ 04

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月14日(金)14時43分57秒
返信・引用
  > No.1457[元記事へ]

みやこ♂さんの御指摘で皆様も正答が御判りの事と思いますので、以下に記します

【左上】福島県北塩原村/小野川湖 【右上】栃木県日光市/半月山展望台
【左下】栃木県日光市/菖蒲ヶ浜  【右下】栃木県日光市/戦場ヶ原と太郎山

次なる第四問ですが、仲間外れは隣接自治体で、撮影の足場それ自体は四枚すべて
同一自治体というのがヒントです。
 

#119~#122正答

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月13日(木)01時52分57秒
返信・引用
  > No.1456[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

> ▼YSKさん:
> > 少なくともTX沿線にはこの日はでかけておりません。
>
> だとすると新幹線沿線ですね。少なくとも、新幹線固有の重厚な駅舎が無い事から、
> 新幹線に並行する在来線、または埼玉新都市交通の駅と踏み、密着並行区間の駅を
> 片っ端から画像検索したところ……ありました。なんと、駅近所の大学に進学した
> 友人を訪ねる際、私自身も利用した事がある駅でした。う~む、灯台元暗し………

早速のご回答ありがとうございました。正解のようですね。最新4問の正答が出揃っ
たようですので、正答ページを更新いたしました。ぜひご確認ください。

#119正答「下野市」
http://www.chiikibun.com/intro/119/ans-shi119.html
#120正答「結城市」
http://www.chiikibun.com/intro/120/ans-shi120.html
#121正答「筑西市」
http://www.chiikibun.com/intro/121/ans-shi121.html
#122正答「桜川市」
http://www.chiikibun.com/intro/122/ans-shi122.html

ということで、土曜日は、都賀町で花の撮影→下野市→結城市→筑西市→桜川市と
いう順番で移動しました。
 

Re: 答え合わせ 02

 投稿者:みやこ♂  投稿日:2007年 9月12日(水)01時24分3秒
返信・引用
  > No.1425[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

まずは,流れを無視した書き込みでごめんなさい。
そうですか,「ガチンコ浜」だったのですか。てっきり手前の岩場を「赤岩」と思ったのですが。。。
するとソレは,遊覧船乗り場のそばの岩,ということになるでしょうか。
うーん,ちょっとだけ残念。(*^_^*)
失礼しました。
 

特定職能大学

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月11日(火)08時09分29秒
返信・引用 編集済
  > No.1452[元記事へ]

▼YSKさん:
> 少なくともTX沿線にはこの日はでかけておりません。

だとすると新幹線沿線ですね。少なくとも、新幹線固有の重厚な駅舎が無い事から、
新幹線に並行する在来線、または埼玉新都市交通の駅と踏み、密着並行区間の駅を
片っ端から画像検索したところ………ありました。なんと、近所の大学に進学した
友人を訪ねる際、私自身も利用した事がある駅でした。う~む、灯台元暗し………

各都道府県の共同出捐で設立されたこの大学は、地方に勤務する「特定職能者」の
養成を趣旨としますが、高額の学費を納め、本来なら出身高校の所在地に限られる
勤務地条件を「限定解除」する事例もあるのだとか。
 

タイトルロゴ更新

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月11日(火)00時47分47秒
返信・引用
  残暑も一段落し、秋らしさがそろそろ本格的に漂い始めましたので、タイトルロゴを
「秋の余韻」ヴァージョンに変更しました。暗めの背景で秋の深みを表現してい(る
つもりでい)ます。
 

#119~#122まとめ

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月10日(月)21時06分25秒
返信・引用
  ぺとぺとさん:#120及び#121正解、#122も今川焼さんへのレスで正答へ。
今川焼さん:#121及び#122正解
雑魚さん:#121及び#122正解、#119は駅に関しては遠からず。

ということで、#119を除き正答がでているように思います。今回は#119から
122まで、訪問順に並べています。また、先般お知らせしたギャラリーの画像も同
じ日程で撮影したものです。雑魚さんの駅についての考察も含め、これらを総合しま
すと、#119がどのあたりであるか、自ずと分かってくるものと思います!

なお、イントロダクションクイズは一度出題した市は問題として再び出ることはあり
ません。
 

Re: 答え合せ

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月10日(月)21時00分16秒
返信・引用 編集済
  > No.1451[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

> ▼YSKさん:
> > イントロダクション クイズ#119
>
> 左下の駅は、架線柱の形状から推すに、新幹線またはTX(交流区間)でしょうね。

少なくともTX沿線にはこの日はでかけておりません。

> > イントロダクション クイズ#121
>
> 特徴的な「双峰」を背景に横切る、JR型単線電化路線と来れば、地元訛の話術が
> 人気のマジシャンを輩出した街ですね。ここには、ぺとぺとさんが言及された老舗
> 県立第一高校がありますが、有意層の中には遥々、県都や隣接県に通学する事例も
> 少なくありません。

正解です。シルエットで山の稜線を入れておいたのは私もヒントの意図でして、皆様
ご注目いただけていたようですが、鉄道橋の部分にまで目を付けられるとは、想定外
でした・・・。

> > イントロダクション クイズ#122
>
> これも前問と同じ「双峰」ですね。最近は「飾り雛」による町興しが盛んの様です。
> 左下は「鉄」の嗅覚を持つ者なら、誰でも駅跡と判ります。今川焼さんが示された
> 新旧比較画像は夏期の撮影かと思われますが、列車が停車している側のホームでは、
> 桜花も有名だった記憶があります。この鉄道線、現在は、大半の区間が自転車道に
> 化けており、北隣の旧Y村域の道床が、野外芸術展に供された事もありました。

この旧M町の町並みは確かに雛人形を町屋に飾りつけることで知られているようです
ね。また、多くの建造物が登録有形文化財の指定を受けているのも特徴です。
 

答え合せ

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月10日(月)10時24分48秒
返信・引用
  > No.1445[元記事へ]

▼YSKさん:
> イントロダクション クイズ#119

左下の駅は、架線柱の形状から推すに、新幹線またはTX(交流区間)でしょうね。

> イントロダクション クイズ#121

特徴的な「双峰」を背景に横切る、JR型単線電化路線と来れば、地元訛の話術が
人気のマジシャンを輩出した街ですね。ここには、ぺとぺとさんが言及された老舗
県立第一高校がありますが、有意層の中には遥々、県都や隣接県に通学する事例も
少なくありません。

> イントロダクション クイズ#122

これも前問と同じ「双峰」ですね。最近は「飾り雛」による町興しが盛んの様です。
左下は「鉄」の嗅覚を持つ者なら、誰でも駅跡と判ります。今川焼さんが示された
新旧比較画像は夏期の撮影かと思われますが、列車が停車している側のホームでは、
桜花も有名だった記憶があります。この鉄道線、現在は、大半の区間が自転車道に
化けており、北隣の旧Y村域の道床が、野外芸術展に供された事もありました。
 

Re: 名峰の麓を行く…

 投稿者:ぺとぺと  投稿日:2007年 9月 9日(日)21時58分44秒
返信・引用
  > No.1449[元記事へ]

今川焼さんへのお返事です。

> 下の写真は20年くらい前に乗った私鉄ローカル線のとある主要駅の風景です。#122の左下写真の撮影地点から10数メートル先から手前向きに撮ったものだと思われます。このローカル線は、ある名峰(右上の写真)の西側麓を通っていました。

この駅は今でもバス停にその名を残していますね。
映画「○○物語」の舞台になった○○駅前で、K鉄道バスの路線図を見ていて「真○駅」とあるのが妙に気になって調べてみたところ、かつて件の鉄道が走っていたことを知りました。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。そうですね、撮影地は
「真○駅」の名前のままでバスターミナルとして機能して
いたようです。
 

名峰の麓を行く…

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年 9月 9日(日)11時01分6秒
返信・引用 編集済
  まだまだにぎやかな蝉時雨の中、丹波地方では昨日今日が稲刈りのピークのようです。
中国地方のフィールドワーク、お疲れ様でしたね。事前にいろいろと注文を付けたため、もしかしたらプレッシャーに感じられたかもしれません。また、機会があれば北近畿地方へもお越し下さい。

今度のイントロクイズの写真を見ていて一つ引っかかったものがありました。下の写真は20年くらい前に乗った私鉄ローカル線のとある主要駅の風景です。#122の左下写真の撮影地点から10数メートル先から手前向きに撮ったものだと思われます。このローカル線は、ある名峰(右上の写真)の西側麓を通っていました。

#121にも同じ山が見えますが、少し距離があるようなので、#122の市の西隣の市のようですね。
 
    (YSK) 早速のご回答メッセージありがとうございます。また、大
フィールドワークではなかなかご期待に添えませんで申し
訳ありませんでした。4日目の広島を組み込まなければ北
近畿方面からスタートできたと思うのですが、個人的嗜好
からどうしても広島をはずすことができなくて、泣く泣く
訪問することができませんでした。さて、ご掲出の写真は
まさにクイズ出題の場所ですね。貴重なお写真、ありがと
うございます。手前で対岸のホームに向かおうとしている
人々が降りているステップもそのままですね。
 

イントロダクションクイズ#120・#121の解答

 投稿者:ぺとぺと  投稿日:2007年 9月 9日(日)10時45分54秒
返信・引用
  こんにちは。
大フィールドワーク無事終了されたようですね。お疲れさまでした。
さて、土曜日のフィールドワーク先に、思い出のある風景を見つけましたので、
解答させていただきます。

#120
これは出題文添付の写真を見ただけでわかりました。私のデジカメ写真にも納まっている風景です。この地域の伝統工芸である○○○の問屋「奥○」さんがやっている資料館ですね。
担当の方に非常に親切に○○○の歴史や種類などを教えていただきました。ここで買った○○○のブックカバーは今も愛用しています。
左下の施設でも市の観光協会の方に、いろいろと親切にしていただきました。
ここは○○○だけでなく、蔵も有名ですね。市役所の建物も蔵をモチーフにした感じですね。

#121
駅前の風景、市役所、よく覚えています。
ここを訪問した際、前日の大雨の影響でJR水○線に大幅な遅れが出ており、下○第一高校の生徒達とともに、駅で1時間以上足止めを食らった経験があります。
合併で市名が変わってしまいましたが、未だに旧市名で呼んでしまいがちな市のひとつです。
 
    (YSK) 早速のご回答メッセージありがとうございます。また、
大フィールドワークへのメッセージも感謝です。
両問とも正解です。#120の町は普段よく通過します
が、通るルートである幹線道路が中心街から外れている
ために、ここまで町並みがすてきな街だとは知りません
でした。#121の町はその流れで訪れたのですが、上
記幹線道路がこちらは比較的中心街に近いところを走っ
ているために、町並みはある程度想像されました。
 

執筆状況のお知らせ追加

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 9日(日)08時46分16秒
返信・引用 編集済
  トップページの「ひとりごと」の下に、現在の執筆状況と今後のリリース予定を
まとめる欄をつくってみました。参考にしてみてください。

記しましたとおり、現在今年7月の阪神間フィールドワークの結果をまとめており
ます。

今後、本ページに何らかの更新があった場合、「地域の旅人YSKです」という書き
出しで「落書き帳」の書き込みを行いますので、チェックをお願いいたします。
 

ギャラリー、久々の更新!

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 9日(日)01時52分4秒
返信・引用
  6月の尾瀬以来まったく更新ができておりませんでしたギャラリーページを、
ようやく更新することができました。今回は栃木県内で撮影してまいりました
初秋の花々です。あざやかな花で季節を感じていただけますと幸いです。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

#119~#122出題!

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 9日(日)00時44分32秒
返信・引用
  10月から11月にかけては週末に仕事が立て込みフィールドワークがままならな
い予定のため、今月は「フィールドワーク強化月間」として精力的に取り組んでい
ます。土曜日に行ったフィールドワーク先から新たにイントロダクションクイズを
4問出題しました。ぜひご覧くださいね。

イントロダクションクイズ#119
http://www.chiikibun.com/intro/119/shi119.html
イントロダクションクイズ#120
http://www.chiikibun.com/intro/120/shi120.html
イントロダクションクイズ#121
http://www.chiikibun.com/intro/121/shi121.html
イントロダクションクイズ#122
http://www.chiikibun.com/intro/122/shi122.html
 

#109~#118正答発表

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 9日(日)00時41分18秒
返信・引用
  大フィールドワーク中に訪れた市より出題した分について、正答ページをアップ
しましたのでお知らせいたします。

#109正答「倉吉市」
http://www.chiikibun.com/intro/109/ans-shi109.html
#110正答「米子市」
http://www.chiikibun.com/intro/110/ans-shi110.html
#111正答「府中市(広島県)」
http://www.chiikibun.com/intro/111/ans-shi111.html
#112正答「井原市」
http://www.chiikibun.com/intro/112/ans-shi112.html
#113正答「高梁市」
http://www.chiikibun.com/intro/113/ans-shi113.html
#114正答「津山市」
http://www.chiikibun.com/intro/114/ans-shi114.html
#115正答「境港市」
http://www.chiikibun.com/intro/115/ans-shi115.html
#116正答「鳥取市」
http://www.chiikibun.com/intro/116/ans-shi116.html
#117正答「出雲市」
http://www.chiikibun.com/intro/117/ans-shi117.html
#118正答「大田市」
http://www.chiikibun.com/intro/118/ans-shi118.html

今回の出題は、府中市、高梁市、出雲市及び大田市で合併後に新たに市域となっ
たエリア(旧上下町、旧成羽町、旧大社町、旧温泉津町)の写真も混ぜていまし
た(鳥取砂丘の写真も旧福部村かもしれません)。このあたり中国地方がいかに
合併が進んだ地域のひとつであったかを感じさせますね。

なお、高梁市の備中松山城は時間の関係で登ることはできませんでした。
 

高校生 クイズ

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 8日(土)11時16分16秒
返信・引用
  昨夜放映された「高校生クイズ」YSKさんや私の古巣が出場していました。当方は
準決勝まで残る健闘振りでしたが、前段階予選は、栃木県の那珂川でのカヌー下りや
真岡鉄道のSL列車内という、私にとって非常に身近な場所で行われたのが、とても
好感されました。

カヌー下りが行われた那珂川とは、風景から考えて、那須烏山市から茂木町にかけた
山峡区間と思われ、関連サイトを漁ると、ロケ現場を写した画像に、大瀬橋らしきが
映っていました。

掲出画像は、その大瀬橋から上流方向を眺めたもので、一帯は、ちょっとした紅葉の
名所となっています。昨年は猊鼻渓、今年は鬼怒川と、二年連続で体験した川下りに
少々「萌え」な身としては、新緑や紅葉の季節だけでも下野大橋から大藤橋辺りまで
川下りが行えれば、なかなかの渓谷美が楽しめそうに感じます。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。ご掲出いただきました
写真、たいへんさわやかな雰囲気でいいですね。高校生ク
イズは見ていなかったのですが、母校が大健闘されたとの
ことで、なかなか盛り上がった内容だったようですね。
 

台風接近、そして#111のこと

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 6日(木)22時56分59秒
返信・引用 編集済
  > No.1439[元記事へ]

当地でも大雨洪水警報が発令され、風雨ともに強まってまいりました。
近年になかったような風と雨の強さに戦慄を覚えます・・・。

雑魚さんへのお返事です。

> 残る vol.111ですが、画像検索で「市役所」を調べても該当する建物が見当たらず、
> 左下の「JTB」の> 赤い看板から、半信半疑で支店分布を調べるも(当該建物は、
> 凡そ、旅行代理店の> 雰囲気ではありませんね)ヒット無し。という訳で、とりあ
> えず降参です。

そのJTBの先にある商店名とかでインターネットタウンページを検索するなどの荒業
もありますが、この問題のキーワードは、今川焼さんもおっしゃっているように、
「合併により山間の市街地と平地の市街地が並存する結果となった」ということで
すね。ちなみに、右側2枚が山間の市街地、左側2枚が平地の市街地の写真です。

台風が接近してきております。みなさまどうかご自愛ください・・・。
 

レス 諸々之弐

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 6日(木)15時33分8秒
返信・引用 編集済
  > No.1423[元記事へ]

▼リトルさん:
> 鞆の浦(福山市)→古い町並みの風待ち港、

福山市街~鞆の浦で路線バスを運行しているのは「鞆鉄道」です。鉄道部門自体は、
1954年に全廃されていますが「鉄道」の名を残した方が信用を得易いのでしょうか。
これと同様、鉄道部門を全廃したバス会社としては、北海道の「旭川電気軌道」や
岡山県の「下津井電鉄」が挙げられます。

> 住宅地用リフト?今後、人口は増え、定着するのか…

瀬野といえば、隣の八本松との間の山陽線では、分水界に伴う急勾配が連続する為、
碓氷峠の信越線よろしく補助機関車が連結されるのが風物詩で、ほんの数年前まで、
かの「機関車トーマス」よろしく、走行中の連結解除という荒技もあったのですね。

かかる難所の麓に、特殊軌道を擁してまで宅地開発が進捗する辺り、太田川河口の
三角州以外に、然したる平坦地の展開性が見られない広島市の地勢事情が窺えます。
新交通システム「アストラム・ライン」も、そうした背景の産物かと思われますが、
JR広島駅を度外視したり、経路上「し」の字を大きく描くなど、実に個性的です。
終点の広域公園前駅から、もう一息で西広島という位置関係ですが、地図を見ると
己斐峠の道路は脆弱そうですし、両者の地勢的な隔たりは案外大きいのでしょうか。

> 元京都市電・元大阪市電・元神戸市電・元西鉄…

京都市電といえば、新幹線からも俯瞰できる堀川通~油小路通の陸橋に残るN電の
電柱は、まだ「健在」なのだろうか?

> 往きの移動中などに元祖新幹線の0系を見かけたら撮って置きましょう。

現在はJR西日本運用分として「蛍光色帯」が六編成あるだけなのですね。同様の
面構えは東北・上越新幹線で見られますが、暫く見ない内に「凄い色合い」を以て
統一されていました(^^)
 

レス 諸々之壱

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 6日(木)15時31分34秒
返信・引用 編集済
  > No.1423[元記事へ]

▼リトルさん:

以前「落書帳」に参加していた、雑魚と申します。御掲出の「スカイ・レール」の
画像に魅せられまして、レスを少々。

> 松江市→車なら中海の大根島を通るとおもしろい風景です。

以前、松江で業界団体の研修に参加した事があり、空港バスで大根島経由したさに
米子空港発着を期待するも、結局は出雲空港発着となりました。という訳で同島は、
未だ通らざる「魅惑の海道」ですが、島内縦貫は一本道ではなさそうですね。

> 出雲市→出雲そばなら「荒木屋」が絶品。

出雲そばといえば「割子」ですね。この店は、旅行仲間と連れ立って行きましたよ。
同趣の店としては、松江城址の「八雲庵」も、周囲のしっとりした景観と相まって、
実に良い雰囲気でした。ちなみに、出雲市内で利用したタクシーの運転手によると、
こうした観光客向けではない、地元人しか知らない「隠れた名店」もあるそうです。

> 昔、私が行った記憶では「国鉄が通らず残された市街地」です。

1912~85年、山陰線の支線(倉吉線)が、中心街である打吹地区に通じていました。
このうち、1972年までは、打吹地区の駅が「倉吉」を名乗っていた為、現倉吉駅は、
当該期間中「上井/あげい」を名乗っていました。中心街との位置関係に基く幹線
主要駅の名称変更例としては、青森県八戸市「尻内」や山口県岩国市「麻里布」が
挙げられますね。

> JR芸備線 備後落合駅(中略)→近くを通るなら一見しても良い人気無人駅。

20年ほど前、乗継待ちで途中下車した事があります。運行区分上の要衝という事で、
旅客営業上は無人駅の扱いながら運転要員の詰所があり、高山線の猪谷駅と同様の
状況でした。周辺は西城川の谷間で、人家も少なく「ヒバゴン」伝説も頷ける様な
雰囲気でしたね(^^)

数年前までは広島に発着する急行「ちどり」の折返し駅でしたが、この列車は元々、
木次線を介し米子に直通していた関係上、松江城の雅称である「千鳥」を名乗った
経緯があり、広島県内のみの運転で「ちどり」を名乗るのは僭越ではないか、との
印象もありました。
 

vol.111 判りません………

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 6日(木)14時07分47秒
返信・引用
  > No.1436[元記事へ]

▼YSKさん:
> 矢掛町は今般の大合併でも合併には加わっていませんで、健在です。

旧真備町と混同した様で、失礼しました(該当箇所は修正済)残る vol.111ですが、
画像検索で「市役所」を調べても該当する建物が見当たらず、左下の「JTB」の
赤い看板から、半信半疑で支店分布を調べるも(当該建物は、凡そ、旅行代理店の
雰囲気ではありませんね)ヒット無し。という訳で、とりあえず降参です。
 

2007年度大フィールドワーク終了

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 5日(水)22時43分47秒
返信・引用
  9月1日より進めてきた大フィールドワークも、昨日の広島フィールドワークで
全日程を終了し、今朝方夜行高速バスで東京駅に到着、その足で自宅へと帰っ
てまいりました。広島市内では、これまで拙文「HIROSHIMA REVIEW」では紹介
してこなかったエリアを中心に回ってきました。観光ではなく、「地域」に注
目するフィールドワーカーならではの行程となりました。しかし、予報では曇
りだったのに、ふたを開けてみれば「ど・ピーカン」な広島は、たいへん暑か
ったです。しかし、吹き渡る風には清涼感もあって、初秋のテイストもまた感
じさせました。
 

イントロダクション・クイズ#109~#118

 投稿者:リトルメール  投稿日:2007年 9月 4日(火)17時32分18秒
返信・引用
  いつもながら、皆さん凄いですね。私はあまり解らないです…。

#109→ありがとうございます。お役に立てれば幸いです。byリトル
#110→主食です。
#115→作者は戦時中、南方で苦労されました…。
#116→「♪月のぉ~」ベタですみません。
#117→有名夜行列車の名前になってました。
#118→市名を発音する場合は濁点がつくんですね。

しかも、ぼかした回答が苦手で…。
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。また、出発前は詳細
な地域情報をくださいまして、まことにありがとうございまし
た。ご回答はすべて正答のようですね。
 

答え合せの参

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 4日(火)10時23分32秒
返信・引用 編集済
  > No.1433[元記事へ]

▼ぺとぺとさん:
> #112 我が地元小田原市とのつながりを感じずにはいられない市です。

そうか「早雲の里」にして、人口五万人以下ながら市立高校を擁する市ですね。

> 地理的な位置関係からすると、隣県のF市とのつながりが強そうな気がしますが、

同地を走る第三セクターⅠ鉄道(1999年開業)の原型というべき軽便鉄道(1971年
廃止)は、F市(旧K町)とK市で国鉄線に連絡していましたが、Y町に位置した
当時の終着駅から直線で10kmと離れておらず、O川を介して上流下流の関係となる
S市の中心部とは、交通導線上、関係が希薄だった様です。S市出身の部下の方が
仰る「近くて遠いところ」とは、こうした歴史的な感覚をも踏まえたのでしょうか。

> 彼の感覚では #113の市はお隣、

Ⅰ市以上に身近な隣接市、そして、谷間に街が開けるという、今川焼さん御提示の
画像を勘案すると、これはS市の上流部、一大河川名を冠したT市でしょうか。

> #114 人口の割には都市規模が大きい街だと思った記憶があります。

ははぁ、あの鉄道の要衝でしたか。県都同士を結ぶ急行の経路でしたが、同急行が
高規格の後発路線を経由する特急に化けた為、せめてもの措置として市名を冠する
区間急行が残りましたが、この列車、今夏以降、急行では唯一の定期昼行便という、
非常に貴重な存在となりました。
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。井笠鉄道について
ご教示いただきありがとうございます。その名のとおり、笠
岡から連絡していたのですね。なお、矢掛町は今般の大合併
でも合併には加わっていませんで、健在です。
 

答え合せの弐

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 4日(火)09時50分3秒
返信・引用 編集済
  > No.1432[元記事へ]

▼YSKさん:
> イントロダクション・クイズ #117

左下の神社と、それを模した右下の高架駅から、一目瞭然ですね。神社に関しては、
我が地元の近所に「分祀先」があります。高架駅から分岐していた、ローカル線の
終点の駅舎も門前町を意識した重厚な造りで、路線自体の廃止後も健在の様ですね。

> イントロダクション・クイズ #118

「鉄」としては、思わず軌道の有無を確かめたくなる様な(^^)左上画像の坑口は、
最近、有難い「御墨付き」を頂きましたね。現在、岩手の中尊寺がこれに続くべく、
鋭意、活動中とか。この市と同名の街では、0:50発の木浦行鈍行列車を謳い上げた
ブルースが有名ですね(^^)
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。ご指摘の旧駅は、
私も実際に見てきました。ここはなんと1994年以来の訪問
で、そのときはまだJR線は健在だったと思うのですが、あ
の時は松江からアクセスしましたので一畑電鉄線を利用し
たので、駅舎を見たのは初めてだったと思います。近年は
神社すぐ横の大駐車場に観光バスでやってくるコースが主
流であるためか、門前町の活気があまりないように見えた
のがちょっと気がかりではありました。
 

広島!

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 4日(火)08時54分36秒
返信・引用
  おはようございます。これより広島フィールドワークを開始します。昨晩到着が遅れ
るなどしたため、今朝は少しゆっくり目に出発する予定。市内フィールドワークのた
め面的に移動することから、移動による時間のロスも少ないので、これくらいでも平
気と判断しました。

ぺとぺとさんへ
ご回答メッセージありがとうございます。#112と114、117、118について
も正答のようですね。小田原市との関連も調べてみて始めて知りました。
 

出張版イントロダクションクイズの解答

 投稿者:ぺとぺと  投稿日:2007年 9月 4日(火)01時47分33秒
返信・引用
  #112
我が地元小田原市とのつながりを感じずにはいられない市です。
地理的な位置関係からすると、隣県のF市とのつながりが強そうな気がしますが、実際のところはどうなんでしょう。隣接するS市出身の部下がいますが、彼の感覚では#113の市はお隣、I市は近くて遠いところのようです。そういえばS市とI市の隣接は平成の大合併によるものなのですね。

#114
父親の実家が広島県内陸部にある関係で、その昔帰省の折に中国縦貫自動車道を途中で下りこの市を観光したことがあります。人口の割には都市規模が大きい街だと思った記憶があります。かの人気グループ「B’○」の稲○浩○はこの市の出身なのですね。

#117
ここへは2月に行く予定で、宿を合併前の旧T町に取っていたのですが、仕事が多忙で泣く泣くキャンセルした経緯があります。
ちなみに、この旧T町には旧町名と同音異字の大字がありました(仁摩町仁万みたいな感じですね)。T町の西端にあったJR駅には濁音が入りますが、由来は町名と同じではないかと勝手に推測しています。

#118
ここは私が答えてはいけないような気がします。もっとふさわしい方(女性)がいらっしゃいますので・・・。
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。#112は井原市
なのですが、府中市方面から旧新市町、旧神辺町を経て井原
市に入るルート上からは、市街地の連接性は目に見えるほど
ではないものの、通過車両は多くて、福山都市圏との日常的
なつながりは少なくないのかなと思いました。
 

出張版イントロダクションクイズ

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 4日(火)00時03分58秒
返信・引用
  こんばんは、本日はけっこう大移動を余儀なくされまして、夜9時30分過ぎ、
ようやく広島に到着することができました。

雑魚さん、今川焼さんへ
さっそく昨晩の出題についてチェックいただきましてありがとうございました。
#112と#114への言及が無いようですが、お二人のコメントを総合しますと、
これ以外の都市は正解であるようですね。なお、今回山口県域はかすっておりませ
んので、念のため申し添えます。また、今川焼さんにはメールにて北近畿方面への
お誘いを頂いていたのですが、今回は中国地方メインということにさせていただき
ました。せっかくお申し出を頂きましたのに、たいへん失礼いたしました。

今晩も、イントロダクションクイズを更新しました。ぜひご確認くださいね。

イントロダクション・クイズ #117
http://www.chiikibun.com/intro/117/shi117.html
イントロダクション・クイズ #118
http://www.chiikibun.com/intro/118/shi118.html

明日は一日広島市内でのフィールドワークを行い、夜行バスで帰路に就く予定です。
 

イントロダクションクイズの都市

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年 9月 3日(月)18時37分56秒
返信・引用
  平野部に位置する都市については雑魚さんから解答がありましたね。
でも、この地方の内陸部の中小都市は一般にはなかなか難問だと思います。
#111の市などは合併によって、平野部の市街地と山間部の市街地が共存するようになったため、両方の市街地の写真を一緒に出題されると特徴をつかみかねるかもしれませんね。
手もとに#113の市の中心市街地の俯瞰写真がありましたので載せておきます。右端の山の頂上付近に城跡があって、そこまで登れば絶景が広がるはずですが、今回はそこまで行かれたでしょうか。
 
    (YSK) ご回答メッセージありがとうございます。#111や#113
はご指摘のとおり、合併による迷彩効果が効いている出題です。
でもやはり今川焼さんにはその魂胆がバレバレでしたね・・・。
よろしければ言及の無い#112と#114についても、ご見解
をお知らせください。
 

答え合せの壱

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 3日(月)08時24分49秒
返信・引用 編集済
  > No.1429[元記事へ]

▼YSK様:
> 明日は最終フィールドワーク地、広島での宿泊となります。

………という事は、同じ中国地方と踏みまして………

> イントロダクション・クイズ #109

美観地区風の街に庭園というと、JRの玄関駅と中心街が少し離れた街でしょうか。
かつては、中心街付近を通る支線もあり、市街の最寄駅名が一時期、上記玄関駅を
改称させてまで市名を冠した事がありますが、その後は庭園名に改められています。

> イントロダクション・クイズ #110

市役所の壁面に図案化された文字が大きなヒントですね。右上の画像では、彼方に
見える「大きな山」に向い海岸線を辿ると、波打際が非常に特徴的な温泉街を経て、
日本でも指折りの小面積の自治体に至ります。

> イントロダクション・クイズ #113

今ひとつ確証がないのですが、左上の画像では、鄙びた雰囲気の美観地区らしきの
後方に、城址を擁する海際の「山」を思わせる形の良いラインが覗えます。これは、
新幹線駅に発着するSL列車の途中区間沿線を発した河川の河口付近に形成された、
三角州の城下町でしょうか。

> イントロダクション・クイズ #115

海峡大橋に「イーブル太郎」灯台を模した駅舎と来れば、漁獲高において全国でも
指折りの「港」町ですね。平成の大合併の結果、海峡大橋の左岸は直線で20km近く
離れた「隣県の県都」に属する事になりました。

> イントロダクション・クイズ #116

広大な砂浜と高架駅から、表記漢字の順番を入替えても同じ読みとなる拠点都市が
窺えますね(^^)市内の県立東高および西高は共に旧制中学系という、この規模の
街としては珍しい状況ですが、東高は元々、旧制高校への移行を目論み設立された
事情があります。

財政上の利用から、この地方の旧制高校は、上記「隣県の県都」での設置に留まり、
私もたまに利用する「♪ぱらっぱっぱっぱ~」の創業者や、自らの被爆体験に基く
著書がベスト・セラーとなった医学博士を輩出する、多士済々振りでした。
 
    (YSK) 早速のご回答メッセージありがとうございました。今川焼さん
も指摘されていますが、今般の市町村合併により、従来は市域
でなかった場所の写真もフル活用して問題を作成していますの
で、内陸の都市を中心に難易度が上がっているかもしれません。
 

出先よりどどっと更新!

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 2日(日)22時44分55秒
返信・引用
  こんばんは、引き続き大フィールドワーク中です。本日は昨日とは違う都市にて
滞在中です。明日は最終フィールドワーク地、広島での宿泊となります。
お伝えしていましたとおり、ケーブルも無事調達できましたので、早速昨日と本
日訪問してきたエリアより、イントロダクションクイズを更新しました。ぜひ、
ご覧くださいね。

イントロダクション・クイズ #109
http://www.chiikibun.com/intro/109/shi109.html
イントロダクション・クイズ #110
http://www.chiikibun.com/intro/110/shi110.html
イントロダクション・クイズ #111
http://www.chiikibun.com/intro/111/shi111.html
イントロダクション・クイズ #112
http://www.chiikibun.com/intro/112/shi112.html
イントロダクション・クイズ #113
http://www.chiikibun.com/intro/113/shi113.html
イントロダクション・クイズ #114
http://www.chiikibun.com/intro/114/shi114.html
イントロダクション・クイズ #115
http://www.chiikibun.com/intro/115/shi115.html
イントロダクション・クイズ #116
http://www.chiikibun.com/intro/116/shi116.html
 

大フィールドワーク開始

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 9月 1日(土)22時23分26秒
返信・引用
  こんばんは。金曜夜に夜行高速バスで出発し、今日一日レンタカーでいろいろと
回ってきました。そして、今晩は初めての宿泊となる都市から書き込みをしてい
ます。出張版フィールドワークにつき物の例のクイズですが、デジカメのケーブ
ルを忘れてきてしまい、本日は更新することができません。明日家電量販店等で
ケーブルを購入し(もうPCケース常備用として買ってしまおうと思います)、出
題しようと思いますので、どうかご期待ください。
 

仲間外れを探せ 03

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 9月 1日(土)17時22分40秒
返信・引用
  ふたつの水系が混在しています。それぞれの河口は、直線で 200kmほど離れています。
なお、問01の正答を以下に記します。

【左上】栃木県栃木市万町      【右上】栃木県栃木市島田(JR両毛線)
【左下】栃木県栃木市黒本橋(思川) 【右下】新潟県長岡市大手通(JR長岡駅)
 

遵義堂

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月31日(金)15時31分15秒
返信・引用 編集済
  > No.1422[元記事へ]

▼むっくんさん:

大津と膳所の線引きについて詳しい御教示、有難うございました。御指摘の地図を
拝見しますに、意外や、膳所の商業街が両者の「緩衝域」だった様ですね。

> 明治22年の 2万5千分の1 の地形図で“文”と記されていることからすると
>「遵義堂」の名称変更により滋賀県第二尋常中学校になった可能性があります。
> 実際はどうなのでしょうか。

彦根藩校「稽古館」からの明確な連続性を持つ県立嚆矢の一中とは異なり、二中は
1898年の設立で(文部省は、中学を「高等」「尋常」に分類し、前者を高等機関の
伏線とする一方、恐らく財政上の問題もあった為か、後者を「一県一校制」により
集約する政策を、1886年から十年ほど続けています)藩校「遵義堂」は設立区分柄、
1871年の「廃藩置県」で閉校されたと思われ、20年以上の空白期間があります。

地域によっては、かかる期間中に、正規の教育機関ではない私塾の類が、継承性を
介した事例もある様ですが、大津の場合は、新規設置の二中が「遵義堂」の敷地を
活用した事から、継承関係の無い同校を、向学気風上の「淵源」と捉えた、という
事ではないかと感じています。
 

答え合わせ 02

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月31日(金)14時23分21秒
返信・引用
  > No.1424[元記事へ]

▼みやこ♂さん:
> 仲間はずれは、ずばり左上、ですね?
> 右上写真の中央に小さく映っているのは「群馬島」
> 左下写真の奥に映っている浜は「1000前足が浜」
> 右下写真の中央の山は「長男山」

どうも御無沙汰です。さすが地元勢、見事正解………と言いたい処ですが、左下は
御指摘の「1000 前足が浜」ではなく、それより東側の「ガチンコ浜」でした(^^)

> 肝心の左上は隣県の「裏」のつく名勝地ではありませんか???

こちらも正解。湖沼三箇所を纏めて俯瞰できる「楽園」からの視点です。ちなみに
添付画像は、その中で面積が最大の湖沼を、北側の県境の尾根を横切る「ホワイト・
クロス峠」から俯瞰したもので、右側の稜線の向うには「ヤング・パイン」の街が
少しだけ見えました。
 

Re: 仲間外れを探せ 02

 投稿者:みやこ♂  投稿日:2007年 8月31日(金)00時04分36秒
返信・引用
  > No.1410[元記事へ]

お久しぶりでございます。
ご出題からだいぶ経ちましたが、まだどなたも回答なされないようですので、不肖わたくしめがトライさせていただきます。
(かなり時機をはずしておりまするが。。。)

仲間はずれは、ずばり左上、ですね?
 右上写真の中央に小さく映っているのは「群馬島」
 左下写真の奥に映っている浜は「1000前足が浜」
 右下写真の中央の山は「長男山」

で、肝心の左上は隣県の「裏」のつく名勝地ではありませんか???
 

(無題)

 投稿者:リトルメール  投稿日:2007年 8月30日(木)13時46分25秒
返信・引用
  リ→とりあえず思いつくまま…
ここ数日、バタバタしたので遅くなりました。
もう、出発されるまで日が無いですね。「山科・醍醐」の感想は後にして、中国・山陰遠征の件を先に書きます。

何ヶ所か書き出していたのですが、「地域文」を見ると、ほとんど行かれてますね。(蒜山高原まで行かれているとは。)
行く先は決められていると思うので、私の「鉄分多目の古物好き」での着目点のみを列記します。
フィールドワークとは違うとは思いますので「とりあえずコピーして持ち歩き、気が向いたら見る」程度で良いです。

>三原あたりからスタート~山地・山陰を回り三原に戻ってきて広島に移動、
の順に沿って書きました。

「山陰側」
▲松江市→車なら中海の大根島を通るとおもしろい風景です。
▲出雲市→出雲そばなら「荒木屋」が絶品。
島根県出雲市大社町杵築東409-2
℡0853-53-2352
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日、
▲倉吉市→少しルートから外れるでしょうか?昔、私が行った記憶では「国鉄が通らず残された市街地」です。

「中国山地」
▲JR芸備線備後落合駅(庄原市西城町八鳥)→近くを通るなら一見しても良い人気無人駅。
昔、接続駅として栄えたので駅構内がかなり広いが今は寂れた無人駅。三方向に路線が延びていて、それぞれの1日の本数が3・3・7本です。
▲ワニ料理→広島県北部のみで食べられる、鮫料理。(地元の人はワニザメと言っている)
スーパーでも切り身は買えるそうなので、今の内に是非体験しておいた方が良いでしょう。(私は今夏、食べられませんでした)

「広島以東」
▲鞆の浦(福山市)→古い町並みの風待ち港、道路建設問題も出ています。海沿いのビジターセンターで入手の観光マップがよくまとまっていますよ。
▲三原市~東広島市のあたりで山陽本線を越える巨大橋を建造中。広島空港の関係道路らしいですが、谷を渡る壮大な景色です。
▲瀬野スカイレール(広島市安芸区)→「落書き帳」にも書きましたが、住宅地用リフト?今後、人口は増え、定着するのか…(画像参照)

「広島市街地」
▲広島市民球場→もう建替え計画が有ります。
▲広電旧車両→古い車両を見かけたら、何枚か撮っておいた方が良いです。新車が入って結構減ってきています。(元京都市電・元大阪市電・元神戸市電・元西鉄…)
▲お好み焼き→「ひらの」どこでもあまり外れませんが、私はここがお薦めです。
・広島市南区皆実町4―24―12 電話 082-252-6116
・営業時間 AM11:00~PM8:30
・定休日 月曜日

「その他」
▲新幹線駅0系→往きの移動中などに元祖新幹線の0系を見かけたら撮って置きましょう。もう山陽新幹線でしか見られません。

以上
とり急ぎまで
(皆さんの書き込みの流れ無視ですみません)

道中、御気をつけて…
リトル
 

Re: 大津と膳所

 投稿者:むっくん  投稿日:2007年 8月28日(火)17時33分27秒
返信・引用
  > No.1420[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

> 地域の拠点校が、自治体名の「大津」でなく、市内の一地名に過ぎない「膳所」を
> 名乗るとはこれ如何に

県立膳所中学校に名称が変更になった明治41年では、当地は滋賀郡膳所町であった
からというのも一つの要因なのでしょう。(膳所町は昭和8年に合併で大津市となり
ました。)
無論、膳所藩の藩校「遵義堂」の流れを汲んで明治31年に滋賀県第二尋常中学校が
設立されたということが主要因なのでしょうが。
#「遵義堂」のあった位置と膳所高校の位置は同じなのですが、明治22年の2万5
千分の1の地形図で“文”と記されていることからすると「遵義堂」の名称変更によ
り滋賀県第二尋常中学校になった可能性があります。実際はどうなのでしょうか。

> 滋賀県在住の知人によれば、大津の街は、城下町膳所と港町大津が、機能分化的に
> 並立した経緯があるそうですね。
> (中略)
> 市街自体は古くから連続性があったと見るべきでしょうか。

江戸時代には、城下町膳所の西端は
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=static&lat=34.59.50.771&lon=135.53.31.776&sc=3&mode=map&size=l&column=close&layer=0&pointer=on
あたりで、港町大津の東端は
http://map.yahoo.co.jp/pl?type=static&lat=35.0.3.614&lon=135.52.43.779&sc=3&mode=map&size=l&column=close&layer=0&pointer=on
あたりであり、膳所と大津の間は畑地であったと言われています。

ではいつに連続性があるようになったかですが・・・。
明治に入って以降、明治18年に日本最初の製麻工場、明治36年に師範学校(滋賀
大学教育学部の前身、現在は当地に滋賀大学教育学部付属小中学校があります)、大
正12年に板紙工場及び紡績工場、昭和7年には高等女学校(現在の県立大津高校)、
と膳所と大津の間に様々な施設が出来、徐々に膳所市街地と大津市街地が連続性を持
つようになりました。
本当の意味で市街地が連続するようになったと言えるのはおそらく昭和初期あたりな
のではないでしょうか。
#明治22年の2万5千分の1の地形図では、膳所村と大津町の間は、一応旧東海道
沿いに面した部分のみ家々が連なっています。ただ、このような連続性は江戸時代か
らあった可能性も大きいことでしょう。
 

Re: 大津と膳所

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月27日(月)21時38分40秒
返信・引用
  > No.1420[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。
メッセージありがとうございます。

> 滋賀県在住の知人によれば、大津の街は、城下町膳所と港町大津が、機能分化的に
> 並立した経緯があるそうですね。

城下と港町が並立し、後に港町のほうが自治体名になったという点では、首里と那覇
を連想します。まあ、似ている点、そうでない点いろいろあると思いますが・・・。

> これは、1/6が琵琶湖で占められる県域の南西端部に位置するという、県都として
> は特異な大津の地勢ゆえ、県全域に対する県都としての求心力も必ずしも充分でな
> いという事情

私は交通体系を勘案しますと、大津の位置は滋賀県域を対象とした中枢管理機能を配
置するには適した場所であると思います。地方気象台は彦根にあるなど一部例外はあ
りますが、これは気象学的に京都に近接した位置ではふさわしくないとの判断だと思
いますし、埼玉県における熊谷や千葉県における銚子など、他に類例もあります。県
域に求心力が発揮し得ない例を探すとすれば、広島や下関=北九州の影響を受ける山
口のほうがよりしっくりくる実例ではないかと感じます。
 

大津と膳所

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月27日(月)16時07分17秒
返信・引用 編集済
  > No.1418[元記事へ]

▼むっくんさん:

御教示、有難うございました。御話を伺うに、大津における商業の集積性としては、
大型商業施設の立地ゆえ、大津駅界隈よりも、新快速が通過する膳所駅界隈の方が
大きいのですね。大津駅界隈は、どちらかというと、オフィス街風味でしょうか?

膳所と聞くと、私なぞは、旧制滋賀二中を継承する名門・膳所高校を連想しますが、
地域の拠点校が、自治体名の「大津」でなく、市内の一地名に過ぎない「膳所」を
名乗るとはこれ如何に(こうした公立老舗高校は、全国的に見ると、市名を冠する
命名例が、圧倒的に多い様です)と感じていたのですが、実は「膳所藩」ゆかりの
由緒ある地名と知り、なるほど納得。

滋賀県在住の知人によれば、大津の街は、城下町膳所と港町大津が、機能分化的に
並立した経緯があるそうですね。さながら秋田市の中心部と土崎地区、いわき市の
中心部と小名浜地区、新潟県上越市の高田地区と直江津地区、福岡市の福岡地区と
博多地区、日南市の飫肥地区と油津地区の様な関係を連想します。もっとも大津の
地形から考えると、仮に機能分化があったとしても、市街自体は古くから連続性が
あったと見るべきでしょうか。

県都でありながら、京都都市圏、あるいは山城文化圏への帰属性が小さくない事で、
御指摘の「京都市大津区」という失礼な呼称が出て来た訳ですね。これは、1/6が
琵琶湖で占められる県域の南西端部に位置するという、県都としては特異な大津の
地勢ゆえ、県全域に対する県都としての求心力も必ずしも充分でないという事情を
反映した印象を受けます。上記旧制二中に対する一中が、藩勢の差異も作用してか、
彦根に設置された辺り(藩校の継承先で現在の彦根東高)然もありなんと感じます。
 

大津市への憧憬

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月26日(日)22時50分20秒
返信・引用
  > No.1418[元記事へ]

むっくんさんへのお返事です。
メッセージありがとうございます。山科及び大津に関連して、地元の方ならではの
具体的なご解説、たいへん参考になりました。山科があのような姿になったのはご
く最近のことなのですね。山科の拠点性もさることながら、その拠点性を一挙に高
める要因となった「京都という町の並々ならぬ力強さ」にただただ驚嘆するばかり
です。

話は変わりますが、近江路についてです。確かに中心性的には苦境にある大津です
が、地域としては実に個性に溢れており、歴史のあるさまざまな史跡にも恵まれて
います。今まで歩くことができていないのが本当に心惜しいです。先般の関西フィ
ールドワークで滋賀県内の訪問を行わなかったのは、最低3~4日はかけてじっく
りと見て回りたい地域だ、と考えたからです。私にとって滋賀県は憧憬の地です。
いつか、腰を据えて正面から真摯に向き合い、味わいたい地域であると思っていま
す。
 

Re: Re: 山科の街並み

 投稿者:むっくん  投稿日:2007年 8月26日(日)13時58分46秒
返信・引用
  こんにちは。むっくんです。
地元民としてのレスです。

> 雑魚さん
>
> 東海道・山陽線の新快速の山科停車は、西明石と同時期の1986年で、
> この頃から、東山を隔てた洛中とは一線を画した街としての拠点化が進展した様に
> 聞いています。

雑魚さんへのお返事です。

この時点では、単に湖西線と琵琶湖線の乗換がしやすくなったこと、及びJRと京阪電車の乗換がしやすくなったことだけで、さほど変わっていないと思います。
その頃の山科はといえばどんな感じかといいますと・・・。
・現在のJR山科駅と京阪山科駅の間のスペース、地下鉄乗り換えのために地下に下りていく通路東側の歩道、TSUTAYAなどの入った二階建ての建物の場所(出来たのは地下鉄開業後)のみがバス乗り場兼タクシー乗り場でした。
・山科駅から外環三条までは普通乗用車(3ナンバー除く)がすれ違えるだけの1.5車線道路で歩道は当然ありませんでした。京阪バス同士がすれ違うときはかなり大変でした。
・現在のバス乗り場の北側の歩道が私道で、現在バスが止まっているスペースの北半分かつ東側3/4が薄暗い公園で、その他の場所やラクトのある場所は住宅や古びた小商店がありました。
この時点では、例えば大津市の膳所駅前と比較しても明らかに商業的な拠点性はありませんでした。それが地下鉄東西線が開通することに伴う山科駅前再開発が行われて現在の姿になったのは劇的な変化でした。単なる乗換え駅としての機能しか持たなかったところが、従来はなかった商業的な拠点性をも持つようになったのですから。


> YSKさん
>
> 大津市に関しては、行政的には滋賀県内における県域中心都市としての中枢性を
> 持っているものの、中心性的な視点では京都大都市圏の外縁における近郊中心拠
> 点としての域を出ていない印象があります。

YSKさんへのお返事です。

現在は確かにその通りです。ただ、大津は1970年代までは京都からはおそらくは独立していたのではないかと私は推測しています。以下に大津の経済的拠点性の歴史を記します。

湖西の住民は江若鉄道(1969年廃止)で浜大津までやってきて所要を済ませた後に、丸屋町・菱屋町で買物をして再び江若鉄道で家に戻っていきました。
#大津でないものは京阪京津線で京都・三条まで出ていましたが。
#湖西の住民にとって大津に来ることは半日仕事でした。
湖西の住民で大津中心商店街の丸屋町・菱屋町が繁栄していたので、大津市の瀬田川西岸に住む住民も丸屋町・菱屋町で買物をしていました。

ところが1974年の湖西線の開通で湖西の住民は大津に来ずに直接京都に向かうようになります。1回目の転機です。
確実な固定顧客の湖西の住民が大津中心街には来なくなりましたが、ベッドタウン化で人口が増えていたのでさほど大きなダメージはなかったようです。

大きな転機となったのは1976年に膳所に開店した西武百貨店です。その頃の車社会化と相まって、大津中心街から客を大きく奪うことになりました。今後、大津中心商店街は右肩下がりになります。

1979年に京阪大津線(石山寺~浜大津~坂本,浜大津~京津三条)の乗客数がピークとなり、それ以降はどんどん下がり続けることからも、大津中心街の没落の一端がうかがえます。

1980年代には商業の中心地は完全に膳所に移りました。この時には大きく分けて買い物客は西武百貨店派と京都四条界隈の百貨店派に既に分かれていました。その後徐々に京都四条界隈の百貨店派が増えますが西武百貨店派も根強い人気がありました。

1996年には膳所の西武百貨店横にパルコが出来てある程度若者を京都から取り戻すことに成功しました。

ところが大津のみならず膳所の西武百貨店からも大きく客を奪うような出来事が起こります。1997年に京都駅に出来たジェイアール西日本伊勢丹開業です。
四条通界隈の百貨店まで行くことが億劫なために西武百貨店で買物していた客がかなり伊勢丹に行くことになります。これが三度目の転機です。

こうして現在では京都市大津区と揶揄されるような状況になってしまいました。悲しいことです。
 

Re: 山陰と中国山地のおすすめ都市

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月25日(土)21時21分50秒
返信・引用
  > No.1415[元記事へ]

今川焼さんへのお返事です。メッセージありがとうございます。
実は、この期に及んで交通機関の手配とか、まだ全然しておりません(汗)
計画もまったく白紙です・・・。そんな状態なので、貴重な情報、
たいへんありがとうございます。

津山は私もぜひチェックしてみたいですね。伊根も見てみたいですね。
とはいえ、広島で1日割いてしまうと思うので、残りの3日(5日目はできれば
朝方自宅に戻り、洗濯や休息の時間に充てたい・・・)をどう地域的に
割り振るかが問題なんですね。交通機関が比較的脆弱な地域なので、
基本的にレンタカーで回ろうと思うのですが、なるべく乗り捨てを避けたい
ということもあり、広島市に近い三原あたりからスタートし、3日かけて中国
山地・山陰を回り三原に戻ってきて広島に移動、4日目は1日広島市内でその晩
夜行高速バスに乗り込む、こんなプランを想定しています。
 

醍醐散策を更新しました

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月25日(土)21時16分21秒
返信・引用
  こんばんは、最近は日中暑くても朝晩かなり過ごしやすくなってきた当地です。
今晩は太田市では花火大会が開催されています。

さて、昨日お知らせしましたとおり、シリーズ京都を歩くの第8集「山科から醍醐へ」
のうち、最後の「醍醐散策(第二十二段)」を更新しました。ぜひご覧くださいね。

シリーズ京都を歩く
第二十二段「醍醐散策」
http://www.chiikibun.com/kyoto/08-yamashina/daigo.html
 

山陰と中国山地のおすすめ都市

 投稿者:今川焼  投稿日:2007年 8月25日(土)14時26分9秒
返信・引用
  山陰と中国山地へのフィールドワークを予定されている由。
すでに計画も煮詰まってきているかもしれませんが、ちょっとだけご参考になればと。

山陰と言うより北近畿なのですが、まず舞鶴市。
以前の地域文でもふれておられるように、東西で歴史も性格も異なる2つの市街地が興味深いですね。
先日、東舞鶴市街海岸で行われた花火大会に行ったときのこと、迷子の呼び出しで「西舞鶴からお越しの~」
とあたかも別の市のように放送されていて、「おーそう言うか」と思わず感心してしまいました。
時間があれば五老岳のタワーから両市街地を見下ろしてみるのもよろしいかと。
北近畿からもう一つは、お隣の綾部市。
コンパクトな市街地ですが、大本教と、グンゼが街の成り立ちに大きく関わっています。
特にグンゼ(郡是)との関係は、群馬県の富岡と片倉工業の関係に通じるものがあると思っています。
あと、街並みのおもしろさからは丹後半島の伊根、豊岡市の出石などもありますがちょっと交通が不便でしょうか。

中国山地では、津山市は要チェックです。何度か訪れましたが、他の中国山地中の都市と違って「都会」です。
詳しくはふれませんが、のびやかな盆地にあり、美作国という中国地方で唯一海をもたない国の都邑です。
他に高梁、新見、真庭市の久世、勝山あたりも小さいながら味のある街並みが見られます。
高梁市の吹屋もある意味すごいところですが、交通が不便で…。

あと山陰西部になると、出雲市の大社の門前町は「押さえておく」ところでしょうね。
ほかでは行ったことはないのですが、大田市の温泉津地区や江津市の本町地区もおもしろそうです。
この季節、青い海と、山の緑と、家々の石州瓦の屋根の赤がとても印象的な地域です。

まだまだ暑い日が続きますが、どうか気をつけて行ってきて下さい。
地域文を楽しみにしています。
 

Re: 山科の街並み

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月25日(土)13時45分51秒
返信・引用
  > No.1413[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

> 山科駅前の街並みが紹介されていましたが、想像以上に現代風の都市化が進行して
> いるのですね。

山科は降り立ったのも今回初めてで、以前の様子を知らないので比較はできないのですが、現在の山科は拠点性のある都市近郊ターミナルとして、お話のように現代的な都市化が著しいエリアという印象でした。地下鉄東西線の開業で醍醐方面から京都駅・大阪方面等へ出る結節点としての機能も増強され、ますますその拠点性は高まっているのでしょうか。

> 東海道線と湖西線の分岐駅という事で、双方の拠点駅が分散している大津に対して、
> 某か経済的求心性を発揮しているのではないか、とすら思えるのですが、その辺り
> 如何でしょうね。

大津市に関しては、行政的には滋賀県内における県域中心都市としての中枢性を持っているものの、中心性的な視点では京都大都市圏の外縁における近郊中心拠点としての域を出ていない印象があります。とはいえ、私自身大津市内を歩いたことがありませんので、明言は避けたいと思いますが、鉄道路線の形態上から判断すれば、大津より山科の方がよりその拠点性を発揮しやすい条件にあることは間違いはないと思います。
 

山科の街並み

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月25日(土)11時59分20秒
返信・引用
  > No.1412[元記事へ]

▼YSKさん:
> シリーズ京都を歩く「8.山科から醍醐へ」

山科駅前の街並みが紹介されていましたが、想像以上に現代風の都市化が進行して
いるのですね。東海道・山陽線の新快速の山科停車は、西明石と同時期の1986年で、
この頃から、東山を隔てた洛中とは一線を画した街としての拠点化が進展した様に
聞いています。加えて、先頃の地下鉄「半環状」線の開業に伴う山科の躍進振りは、
推して知るべしでしょうね。

東海道線と湖西線の分岐駅という事で、双方の拠点駅が分散している大津に対して、
某か経済的求心性を発揮しているのではないか、とすら思えるのですが、その辺り
如何でしょうね。
 

シリーズ京都を歩く更新/山科

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月24日(金)23時54分42秒
返信・引用
  こんばんは。久しぶりに地域文を更新しました。7月14日にフィールドワークを
行った、京都・山科編です。蹴上から醍醐へ至るフィールドワークの山科部分を
前編・後編に分けてご紹介しています。必ずしも観光案内的な視点を採らない、
「地域文テイスト」なエリア紹介をぜひご覧ください。山科の空気を感じていた
だけますと幸いです。

シリーズ京都を歩く「8.山科から醍醐へ」
第二十段 山科を歩く(前)
http://www.chiikibun.com/kyoto/08-yamashina/yamashina.html
第二十一段 山科を歩く(後)
http://www.chiikibun.com/kyoto/08-yamashina/yamashina2.html

第二十二段では醍醐部分を更新予定です。ご期待ください。
 

今年の大フィールドワーク

 投稿者:YSK  投稿日:2007年 8月22日(水)21時45分45秒
返信・引用
  雑魚さんの新機軸クイズ、第1問の両毛線は不覚にも分かりませんでした・・・。
左上(栃木市)と右下(長岡駅前?)のどちらかが仲間はずれであることまでは
なんとなく掴んでいたのですが・・・。2問目も心当たりのある風景ですが、トラ
ップがありそうで、回答を躊躇しております・・・。

8月となり、毎年恒例の大フィールドワーク(まとまった日程を確保して行うフィ
ールドワーク)の季節となりましたが、今年は仕事等の兼ね合いから、9月1日~
5日の日程で調整を始めています。行き先は1999年以来本格的に訪れていない山陰
方面。中国山地只中の都市も含め、歩く場所を選定しています。この方面でお奨め
のエリアがありましたら、どうかお教えください。なお、5日間のうち1日は広島
市内での久しぶりのフィールドワークを入れようと思っています。
 

仲間外れを探せ 02

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月22日(水)18時00分41秒
返信・引用
  第一問の正答を保留しつつ、次行きます。我ながら意地悪な出題ですなぁ(^^)  

ぺとぺとさんへ

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月20日(月)15時58分16秒
返信・引用 編集済
  > No.1408[元記事へ]

> 隣県からの進学も多い県立の名門男子校のある歴史都市だ。

はい、正解。この学校、我が母校の通学圏内から越境特例で進学する例もあります。
決して交通至便という訳ではないのですが、ある卒業生の親御さんによると「最近、
女生徒の比率が高まっている水戸の某高校で浮かれているより、質実剛健な環境で
文武に勤しんで欲しい」ので、ここを選んだとか(^^)

> キ○タ○ー作曲のCM曲が有名な「○○○ゆうえんち」の経営会社

桜金造の芸も有名でしたが、作曲が「浪花のモー○ァルト」とは存じませんでした。
この遊園地のすぐ西側を走るJR線を西方に向うと、件のO川を渡り、右上画像の
O川駅へと至るのです。

> そういえば、川の向こうに見える山はどこだろう。

私が秘かに「プリン型」と称するこの山容は、冬場を中心に、地元のちょっとした
高地からも見渡せます。毎冬、この山が見えないと「冬到来」の実感が沸きません。

> 念のため「悠々人の日本写真紀行」を見てみる。確信。

はい、これも正解。なお、当該掲示板において、近く「プリン山」界隈の紀行文を
特集する予定でおります。

> 以前本掲示板にK市あたりの鉄道路線の画像を投稿されていたような気がする。

え~と、K市というのはどの街の事でしたっけ………前述の様に、この画像の奥は
O川駅です。これが「鉄」になると、この形態の架線柱を伴う単線区間という事で、
房総各線・白新線・日光線・伯備線、そして設問の路線を連想し得るところですが、
更に、電化が早期に行われた事が窺える比較的細い仕様の電柱から、自ずと正解が
導出できる訳です。

ちなみにこの画像、臨時列車を撮りに行った処、土壇場の経路変更で、二時間余り
線路際で日焼けしただけの結果に終わったという、哀しい思い出の地です(^^)
 

仲間外れを探せ 01 珍答

 投稿者:ぺとぺと  投稿日:2007年 8月18日(土)02時07分23秒
返信・引用
  こんばんは。
何だかクイズのときだけ登場しているみたいで・・・。
半ばあてずっぽうですが、思考過程を織り交ぜながら答えてみませう。

(1)左上
街灯の雰囲気から歴史ある都市と推察される。某都市銀行の支店があるということは、相応の都市規模を有すると思われるが、一方で中心街と思しき道路脇には低層の建物が多いことから、人口はせいぜい10万人前後といったところか。某銀行の支店を検索して、条件に合致しそうな市をピックアップしてみる。その中でひとつ気になる市が。隣県からの進学も多い県立の名門男子校のある歴史都市だ。地図を見ると某銀行支店の近くに○○グランドホテルがある。そのホテルで画像検索してみる。通りの雰囲気が良く似ている。次に某銀行の支店を画像検索してみる。ビンゴ!

(2)左下
仮に左上と同じ県内だとすると、何となく思い当たる川がある。そういえば、キ○タ○ー作曲のCM曲が有名な「○○○ゆうえんち」の経営会社はこの川の名と同じだった。僕の勤務先とも取引があったのだが、確か僕が社会人になった年に倒産したのだった。
そういえば、川の向こうに見える山はどこだろう。一番左の山の山頂は丸っこくて特徴的だ。○○県でそんな形の山といえば♂くらいだろうか。距離感がいまいちつかめないが、比較的下流のほうから撮影したのだとすると、三連山の位置関係も説明がつきそうだ。今川焼さんなら即答だろうけれども、僕にはこれが精一杯だ。
とりあえずO川ということにしておこう。

(3)右下
正面の大きな建物はどう見ても駅だ。駅の規模から見てかなり大規模な都市と推察されるが、少なくとも僕の記憶にはない。画面左側建物の上にある看板も馴染みのないものだ。
とりあえず、左上の市のある県の県庁所在地の代表駅を画像検索してみるが、全然ちがう。
そういえば、何となくアーケードが雪国っぽい感じがする。雪国、大都市、雑魚さんの最近の行動から、それっぽい場所を思い巡らしてみる。あまり期待せず、某市の代表駅の画像を検索してみる。あれっ、この色は・・・。念のため「悠々人の日本写真紀行」を見てみる。確信。

(4)右上
バックにかなり高い山が控えている。青々とした田んぼは「米どころ」を示唆しているのだろうか。それにしても画像の鉄道はどこだろう。電化区間であることは見りゃわかるが、単線なのか複線なのかがいまいちわからない。やはり鉄道系の設問は苦手だ。
仮に左下が左上とペアなのだとすると、右上も両者と同じ県ということになりそうだ。それとも左下は右下と同じ県にある川なのだろうか。もう一度「悠々人の日本写真紀行」を見てみる。しかし最近撮影されたものの中に、同じ川と思われるような画像はない。やはり、最初の直感どおりO川なのだろうか。
左下がO川と信じて、雑魚さんが同県内で好んで撮影しそうな鉄道路線を考えてみる。うろ覚えだが、以前本掲示板にK市あたりの鉄道路線の画像を投稿されていたような気がする。
その辺りの鉄道路線でいろいろ画像検索するも一向にヒットしない。やはりこれは僕には無理だ。あきらめよう。明日も仕事だ。

ということで、仲間はずれは右下と見ました。
 

仲間外れを探せ 01

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月15日(水)01時51分44秒
返信・引用
  今回から、少しクイズの趣向を変えたく存じます。

掲出した四枚の画像のうち自治体別に見て「仲間外れ」に該当するものを選びませう。
併せて、それぞれの撮影場所も御考え下さい。
 

由良峠

 投稿者:雑魚  投稿日:2007年 8月11日(土)10時41分8秒
返信・引用
  > 豊穣の平野は庄内平野だったのですね。たいへんに鮮やかで、たおやかな田園風景

然様です。そろそろ、海の眺めも食傷気味となった頃、こうした田園風景の広がりは
実に清涼感を覚えます。この辺が庄内平野の西端となりますが、平野自体の展開性は
赤川に沿った南方向に顕著で、下名川地区の旧朝日村役場の一帯が、南端となります。

出羽三山に赴く場合、通常は、寒河江から六十里越街道で朝日連峰を越えるのですが、
ようやく勾配区間が終了した上記箇所から庄内東部広域農道を北上すると、進行方向
左側には、平野が次第に広がる様子が俯瞰気味に窺え「たおやか」の一言に尽きます。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。Hitoshさんのページでの
長期連載も興味深く拝見しています。海岸線から峠を越えて、
やがて眼前に豊穣の平野が広がってくる・・・。わが国にお
ける風土の穏やかさ、多様性、そして「たおやかさ」を感じ
ております。
 

レンタル掲示板
/12