teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


イントロダクションクイズ、年末編2本正答更新

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 8月16日(土)09時50分30秒
返信・引用
  半年以上も放置してしまい、今さらな感じで恐縮ですが(汗)、イントロダ
クションクイズ2007年末特別編及び2007年末2008年初特別編の
正答ページを更新しました。ぜひご確認ください。

イントロダクションクイズ2007年末特別編・正答ページ
http://www.chiikibun.com/intro/2007yearend/ans_2007yearend.html
イントロダクションクイズ2007年末~2008年初特別編・正答ページ
http://www.chiikibun.com/intro/2007-2008/ans_07-08.html

問題から楽しみたいという方は、トップページからどうぞ。写真を撮影した市を
当てる通常版も160問強用意しております。

イントロダクションクイズ・トップページ
http://www.chiikibun.com/intro/intro.html
 
 

Japan Regional Explorer

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 8月16日(土)00時50分29秒
返信・引用
  エスさんへ
「シリーズ・クローズアップ仙台」ですが、昨年9月及び今年4月に仙台でのフィールド
ワークを実施しておりまして、その成果を形にする作業を現在進めております。ご期待
ください。
なお、クローズアップ仙台のページ上部にもインデックスのリンクがあるのですが、
私のページは「Japan Regional Explorer」といいまして、日本各地のさまざまな地域
を「地域文」というスタイルでご紹介しています。「クローズアップ仙台」もその中の
1コンテンツです。よろしければ、トップページからいろいろな地域の写真等をご覧
ください。「YSK's EYE」内には、過去のフィールドワーク記録等もありますので、ク
イズのヒントも見つけられるかもしれません(写真は私自身が撮影しているので、当然
私が行ったことのある場所の写真です)。

今後とも、よろしくお願いいたします。

Japan Regional Explorer トップページ
http://www.chiikibun.com/
 

イントロダクションQに挑戦?!

 投稿者:エスメール  投稿日:2008年 8月14日(木)10時46分5秒
返信・引用
  昨日、初投稿したエスです。再びクローズアップ仙台を見て、何気なく投稿のところをクリックして読んでいたら、クイズがあったので挑戦してみました。

1 この温泉地と山上の湖との間に竹久夢二さんの記念館があったような、湖と頂上の間に はロープウェイもあったような・・・
2 某局の朝ドラの舞台になっている橋ですよね。
3 ここでは「潮来」、もとい「イタコ」が有名ですね。
4 「ここほれ」は「花咲かじいさん」では、ここは?
5 東北にあっても京都とは如何に?ここの武家屋敷は見る価値がありますよね。
6 もしかしたら「最北の海女」さん達に出会えるかもしれませんね。
7 (自信がありませんが、縄文時代の大規模な遺跡が野球場のための造成で発掘された市 の港の風景では)
8 ここの光のページェントは、ウインク付きですよ。
9 脱帽です。参りました。
10 湖の中の島にはこの橋で渡ります。昔、安東一族の拠点になった湊の・・・

答え方はこれでいいのでしょうか。

いやはや難しいものばかりです。
 
    (YSK) 引き続き、クイズへの参戦ありがとうございます。

1~4、8は正解とご拝察いたします。その他につきましては、
残念ながら不正解であるように思います。リトルさんへも申し
あげましたが、同一都道府県内の写真のペアが2組ありますの
で、それをヒントにお考えください。
では、よろしくお願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:エスメール  投稿日:2008年 8月13日(水)17時41分43秒
返信・引用
  クローズアップ仙台を拝見させていただきました。大学の4年間を除いて40年以上仙台に寝起きしている私ですが、このホームページを見て初めて知ることばかりです。ありがとうございました。  
    (YSK) クローズアップ仙台へのメッセージありがとうございます。
当ページ作者のYSKと申します。
私は逆に学生時代のみ6年仙台に住んでおりました。その縁で、
1年に数回は必ず仙台を訪れるようにしております。拙い文章
ではありますが、今後とも仙台には注目していこうと思います
ので、興味深いトピック等ございましたらご教示ください。
 

イントロダクションQ(2008年夏の特別編)

 投稿者:リトルメール  投稿日:2008年 8月12日(火)12時24分26秒
返信・引用
  お帰りなさい。
残暑お見舞い申し上げます。

ちょっと考えてみましたが、答え方も下手なのですが…。

(1)「イカの塩辛」(駄洒落…)
(2)戦争勝利でエイエイオー!?
(3)「おおこわい」(ちょっと字が違うかな?)
(4)以前は○がキレイな○山町?
(5)さくら名所百選の地?(字画数が少なくて8に近い?)
(8)「○○城恋歌」?
(10)名産は「○○しじみ」?

(6)どこかは判りませんが、良い写真ですね。
昼休憩中=リトル
 
    (YSK) 早速のご回答ありがとうございます。
1~3及び8については、正解に辿り着かれていると
思いますが、4・10はおそらく不正解、5について
は少なくとも「さくら名所百選の地」という点ではそ
のとおりです。
なお、1から10の写真の中で、同じ都道府県内の写
真のペアが2組あります。

さらなるご回答お待ちしております。
 

イントロダクション・クイズ 2008年夏の特別編

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 8月12日(火)01時47分46秒
返信・引用
  2008年夏の特別編として、10枚の写真の撮影地を推理していただく問題を
出題いたしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

イントロダクション・クイズ 2008年夏の特別編
http://www.chiikibun.com/intro/2008summer/2008summer.html
 

更新再開

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 8月10日(日)02時01分41秒
返信・引用
  タイトルロゴを秋バージョンに更新し、ホームページ作業を再開いたしました。
2007年後半のフィールドワークの大半と、2008年分のすべての更新作業を残しており
ますので、少しずつですが作業を進めていこうと思っております。

フィールドワークは諸事情により、まだ当面は見合わせる予定です。
 

活動休止のお知らせ

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 7月14日(月)23時18分22秒
返信・引用
  たいへんご無沙汰しております。
6月中旬以降、諸事情によりフィールドワーク活動とホームページ更新作業を
休止しております。ご報告が遅れましたこと、また、コメントなどへの十分な
フォローアップができませんことを、お詫び申し上げます。
 

宿泊市>未踏市

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 6日(金)00時56分54秒
返信・引用
  個人的な話題で恐縮ですが、先般のむつ・八戸フィールドワーク実施により、
未踏だったむつ市が「歩き」に変わり、乗換のみだった八戸市が「宿泊」に変
わったことから、宿泊した市(居住した市を含む)が73市、未踏の市が72
市となって、ついに宿泊を経験した市の数が未踏の市を上回りました。通過の
みの市も地道に減らしてきており、50%を切りました。

今後とも、地道なフィールドワークの積み重ねで、未踏市・通過のみ市の削減
に努めていこうと思っております。

追伸
今週、クルマ社会の両毛地域でもついにガソリンのリッター単価が160円台
後半になりました。フィールドワークをする上での障害になりつつあります・・
 

Re: (2)の商店街と(3)の建物群

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 6日(金)00時26分2秒
返信・引用
  > No.1706[元記事へ]

EMMさんへのお返事です。
またまたメッセージありがとうございます。

> (2)のあたりの地下鉄最寄り駅は、以前隣の埋め立て地にあった大きな建物に行く際に何度か降りたことがあります。
> この商店街の名物、実は未だに食べたことがありません。
> 食べればおいしいのでしょうが、どうしても抵抗があって…同種の食べ物でも関西や広島のものなら食べられるんですが。

私もまだ食べたことがありませんが、ブームとなって以降「もんじゃ焼きの名所」として定着しているようで、あちこちにもんじゃ焼きの看板がありました。その代わりといってはなんですが、お隣佃島で老舗の佃煮店に寄って、佃煮を買いました!本当においしくて、ここ数日の朝の楽しみとなっています。

> (3)の建物群の中には、こどもに大人気のテーマパークが…この建物群と、上で書いた「大きな建物」の後継である「でっかい風景」の方からのびてくる鉄道?ができたおかげで、この近辺の様子がガラッと変わっていて驚いたものです。

晴海にあった「東京国際見本市会場」と、その後身である有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)のことですね。豊洲も再開発によって風景が一変しているようですね。
 

Re: (4)の寺&(5)の庭園

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 6日(金)00時13分21秒
返信・引用
  > No.1705[元記事へ]

EMMさんへのお返事です。
メッセージありがとうございます。

> (4)の建物の本体、行った記憶があるが、「そのあたり」の西にある寺の方だったか東にある神社の方だったか記憶が怪しい…と言うことで再確認したら寺の方でした。
> この寺は某有名な寺の別院。同じ寺の別院はうちの隣県にもあります。
> 後ろにああいう建物とかがあるのは全然目に入ってませんでした。
> ちなみに、雑魚さんの推測された神社は境内の配置が全く違います。
>
> (5)はその最寄りの地下鉄駅から北向きに1駅行ったところにあるK庭園ですね。こちらは雑魚さんの推測された神社の最寄り駅から地下鉄で乗り換えずにいけるところ。

東京は本当に不思議な町で、昔ながらの風景と現代都市の構造物が一緒くたに風景にとりこまれていて、それが意外な情趣を生むことがあります。浜離宮の背後の汐留のビル群しかり、増上寺の屋根から突き出た東京タワーしかり・・・。多くの参詣客でごった返す門前仲町の活気と不動尊の参道、そして本堂と、昔懐かしい雰囲気なのに、それに“颯爽”と割ってはいる首都高をどう見たらよいのか、私にはまだ率直な感想が浮かびません。
 

東京リレーウォーク正答!

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 6日(金)00時08分21秒
返信・引用 編集済
  こんばんは、梅雨入りと見られるとする発表もあり、本当にこの季節らしい
気候となっている当地です。今晩もしとしとと雨が降る中、カエルの大合唱
が聞こえています。

雑魚さんとEMMさんにコメントを頂きました、「東京リレーウォーク」に
関するクイズですが、正答を発表いたします。

1枚目・・・勝鬨橋西詰(撮影地 中央区築地六丁目)
2枚目・・・月島西仲通商店街(同 中央区月島一丁目付近)
3枚目・・・相生橋南詰より豊洲を望む(同 中央区佃二丁目)
4枚目・・・深川不動尊(同 江東区富岡一丁目)
5枚目・・・清澄庭園(同 江東区清澄三丁目)

ほぼ都営大江戸線のルートに沿って進んだ恰好です。その後は大江戸線で両国、
総武線で亀戸、東武亀戸線で曳舟、徒歩で京成曳舟へ移動し、京成線で青砥経由
で堀切菖蒲園、というルートでした。

ということで、江東区・葛飾区が「通過」から「歩き」に変わったフィールドワ
ークでした。

実は、3月の東京訪問で東京駅→日本橋→銀座→浜離宮恩賜庭園→築地と歩いて
おり、勝鬨橋西詰がその訪問の最終訪問地となっていまして、今回のフィールド
ワークはその終点を起点として歩き始めたという趣向でした。「リレーウォーク」
と銘打っているのもそういうことです。2008年はこのテーマで、東京を縦横
に歩いていこうと思います。リレーウォーク第3弾にご期待ください!
 

(2)の商店街と(3)の建物群

 投稿者:EMM  投稿日:2008年 6月 3日(火)01時52分21秒
返信・引用 編集済
  (2)のあたりの地下鉄最寄り駅は、以前隣の埋め立て地にあった大きな建物に行く際に何度か降りたことがあります。
この商店街の名物、実は未だに食べたことがありません。
食べればおいしいのでしょうが、どうしても抵抗があって…同種の食べ物でも関西や広島のものなら食べられるんですが。

(3)の建物群の中には、こどもに大人気のテーマパークが…この建物群と、上で書いた「大きな建物」の後継である「でっかい風景」の方からのびてくる鉄道?ができたおかげで、この近辺の様子がガラッと変わっていて驚いたものです。
 

(4)の寺&(5)の庭園

 投稿者:EMM  投稿日:2008年 6月 3日(火)01時42分33秒
返信・引用 編集済
  (4)の建物の本体、行った記憶があるが、「そのあたり」の西にある寺の方だったか東にある神社の方だったか記憶が怪しい…と言うことで再確認したら寺の方でした。
この寺は某有名な寺の別院。同じ寺の別院はうちの隣県にもあります。
後ろにああいう建物とかがあるのは全然目に入ってませんでした。
ちなみに、雑魚さんの推測された神社は境内の配置が全く違います。

(5)はその最寄りの地下鉄駅から北向きに1駅行ったところにあるK庭園ですね。こちらは雑魚さんの推測された神社の最寄り駅から地下鉄で乗り換えずにいけるところ。
 

Re: 堀切への道

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 2日(月)23時26分29秒
返信・引用
  > No.1703[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。
早速のご回答ありがとうございます。

> 時系列が、(1)→(2)→(3)→(4)→(5) の通りと仮定して、

ご推察のとおり、そのまま時系列で並んでいます。それぞれの写真のポイントを
ご紹介いたします。

> (1) は、上部トラス構造の特徴から推すに画像のK橋でしょうか。

これはその通りです。今回のフィールドワークはこの橋を写真奥の方向に渡ると
ころからスタートしました。

> (2)は全く不明ながら

写真右端の看板に見える文字が、この地域を象徴する名物です。

>(3)は、E橋付近から下流方向に、運河が分岐する様子を眺めたものと推定します。

写真後方に見える建物群は大規模工場跡地に建設された商業施設です。

ちなみに、(4)は背後の高架橋がポイント、(5)は(4)が分かれば自ずと導かれるはず
です。
 

堀切への道

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 6月 2日(月)15時37分36秒
返信・引用 編集済
  > No.1698[元記事へ]

▼YSK様:
> ゴールとなった堀切菖蒲園までのルートを皆様推理してみてください。

時系列が、(1)→(2)→(3)→(4)→(5) の通りと仮定して、(1) は、上部トラス構造の
特徴から推すに、先頃、夜景漁りで徘徊した、添付画像のK橋でしょうか。そこから
S川沿いに北上するとして(2)は全く不明ながら(3)は、E橋付近から下流方向に、
運河が分岐する様子を眺めたものと推定します。

そうなると(4)は 地下鉄H線の暫定的な終点(1990~2003年)の駅名に反映された
安産・子授けの神社という事になりそうですが、背後の高架橋との位置関係において、
今ひとつ確証がありません。

歯切れの悪い解答ですが、一先ずそんな処です。
 

本日の行き先(5)

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)23時15分39秒
返信・引用
  5枚目は、こんな庭園の写真です。

この庭園から堀切までは、徒歩ではなく、鉄道をいろいろ乗り継いでおります。
皆様、お分かりになりましたか?
 

本日の行き先(4)

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)23時14分4秒
返信・引用
  4枚目です。
 

本日の行き先(3)

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)23時13分11秒
返信・引用
  3枚目は、こちら。
 

本日の行き先(2)

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)23時12分24秒
返信・引用
  続いて、2枚目です。
 

本日の行き先(1)

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)23時11分22秒
返信・引用
  東京フィールドワークということで、行政市を対象としたイントロダクションクイズ
の出題はありません。今回はその代わりとして、フィールドワーク中に立ち寄った地
域の写真を5枚掲出いたします。ゴールとなった堀切菖蒲園までのルートを皆様推理
してみてください。

まず1枚目は、本日のスタート地点の写真です。
 

ギャラリー更新/堀切菖蒲園

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)22時49分18秒
返信・引用
  こんばんは、本日はほぼ快晴で気持ちの良い天候となった関東地方でした。
出先から書き込みをしましたとおり、今日は3月15日以来の東京フィールドワークを
実施しました。最後に寄った堀切菖蒲園のハナショウブにギャラリーを展示替えしま
したので、ぜひご覧ください。もう6月で、青系の花が美しさを増してくる季節とな
ってまいりました。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

東京リレーウォーク

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 6月 1日(日)11時33分36秒
返信・引用
  こんにちは!たいへんよい天気の今日は、約2か月ぶりの東京フィールドワークです。市ではないのでクイズはありませんが、帰宅後に詳細をお話ししたいと思います(^O^)/  

竹富町

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月29日(木)17時40分32秒
返信・引用 編集済
  > No.1692[元記事へ]

▼YSKさん:
> 尻屋崎もばっちりと俯瞰できます。夜景も見事なのだそうです。

………となると空気が澄む時期は、津軽山地・八甲田山・岩木山、果ては小川原湖の
眺望も効きそうですね(萌)また「鉄」としては、森林鉄道が一部残っているという
薬研温泉付近にも食指が動きます。

> 竹富町では自町域内に役場を移転する話があったように記憶しておりますが

ネットで概観した処、西表島・大原地区への庁舎移転要望がある様ですが、行政側は、
財政難を理由に慎重な姿勢と見受けられます。地図を見た印象では、町域に傑出した
市街地域が見当たらず、政治的な問題も介在し得るだけに、余所者が軽々に詮索する
話ではなさそうですね。

2005年に萩市に合流した山口県旭村では、萩市経済圏の旧佐々並村と山口市経済圏の
旧明木村が並立的な地勢にある事から、1955年の合併成立以来、役場を一定期間ずつ
交互に設置するという、これまた特異な状況でしたが、移転する度に発生する経費の
負担増から、1995年から旧明木村側に役場が固定されています。
 

今川焼さんへ

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)23時56分56秒
返信・引用
  クイズへのメッセージありがとうございました。「横浜」の表現で難易度がやや上がっ
たようで、出題者冥利に尽きますね。雑魚さんにご提示いただいた写真を拝見しますと、
八戸港の写真も横浜市のそれに見えてしまいそうになるのも、興味深いですね。八戸港
遠景の写真は、ちなみに蕪島より撮影したものです。

さて、種差海岸の写真、クイズの写真とアングルがほぼ一緒で、たいへん驚きました。
本当にいろいろな場所に行っておられるのですね、すごいです。北関東の暑さもご経験
されたようですね。

なお、イントロダクションクイズは原則行政上の「市」を対象にしており、掲出する写
真は断りのない限り正答となる市内で撮影しております。
 

Re: 連続書き込みすみません

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)23時51分53秒
返信・引用
  > No.1684[元記事へ]

日本人さんへのお返事です。

メッセージありがとうございます。#161の「むつ市」は正解のようですね。
さて、#162についてですが、

> イントロダクション クイズ #162の答えの市は、新幹線が通る、A県人口2位の都市ですね。画像の市役所は、あくまでも、「別館」ですね。

クイズの写真の説明「一般的には市役所と呼ばれる」という部分、私の意図を
正しく理解されていますか?八戸市の場合、市役所と呼ばずに「市庁」と呼ん
でいるため、あのような書き方といたしました。
 

Re: 答え合わせ

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)23時48分56秒
返信・引用
  > No.1682[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。
クイズへのメッセージありがとうございます。

> イントロダクション クイズ
> #161右上の展望は、「ホラー山」からの俯瞰でしょうか。

今川焼さんもご指摘のとおり、むつ市街地眺望スポットとして知られる釜臥山展望台
からの眺望です。海面に雲が映ってなかなかの眺望でした。ご紹介しておりませんが、
尻屋崎もばっちりと俯瞰できます。夜景も見事なのだそうです。

> 20年前までは、隣の「イースタン・アベニュー」村の役場も、道路未整備を理由に、
> ♯161市域に位置しました。同様の事例は、鹿児島県の三島・十島両村や 沖縄県の
> 竹富町でも見られましたが「陸続き」での飛び地的な所在は、ここだけの様ですね。

竹富町では自町域内に役場を移転する話があったように記憶しておりますが、どうな
っているのでしょうね・・・。

> イントロダクション クイズ #162

やはり八戸駅が代表駅扱いとなるのですね。本八戸駅は市街地最寄の駅となりますが、
中心市街地は駅からやや離れた三日町界隈となるため、駅前の中心性はあまり高くな
いように思われました。
 

イントロダクションクイズ正答

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)23時32分32秒
返信・引用
  続いてイントロダクションクイズの正答発表です。皆様すでに正答に辿り着かれて
いますね。

#161「むつ市」
http://www.chiikibun.com/intro/161/ans_shi161.html
#162「八戸市」
http://www.chiikibun.com/intro/162/ans_shi162.html

17日は横浜での菜の花撮影終了後、むつ市へ移動し、恐山、釜臥山展望台、大湊、
田名部とフィールドワークし、八戸市内で宿泊。18日は八戸市街地のフィールド
ワークを実施後帰宅、という日程でありました。
 

ギャラリー更新/横浜の菜の花畑

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)23時28分26秒
返信・引用
  こんばんは、まずはギャラリー更新のお知らせです。皆様を惑わせた「横浜」
関連です。

5月17日に青森県横浜町で撮影した菜の花畑にギャラリーを更新しました。
横浜町は菜種の作付面積が日本一で、菜の花が満開となる5月下旬に菜の花
フェスティバルが開催されます。私がここ数年来行ってみたかった場所の
ひとつでありました。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html

なお、この日は八戸市内で宿泊となり、青森県が私にとって46番目の宿泊経
験府県となりました。
残る未宿泊県は茨城県のみとなりました。
 

尾瀬ツアー#2

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月25日(日)17時15分44秒
返信・引用
  皆様、クイズへのメッセージありがとうございます。今夜にも正答ページの更新
及びコメントをさせていただきたいと思っております。

さて、トップページ上で予告しておきながら1か月以上更新できないでいた「尾瀬
ツアー#2」が先ほどやっと完成いたしました。昨年6月16日撮影の尾瀬の様子
を時系列でまとめています。日帰りで鳩待峠~大清水を踏破した記録です。ウェブ
上でのツアーをお楽しみください。

尾瀬ヴァーチャルツアー#2
http://www.chiikibun.com/oze/tour/20070616/20070616.html
 

Re:♯162市

 投稿者:今川焼  投稿日:2008年 5月25日(日)15時50分11秒
返信・引用
  雑魚さん
>♯161市の 左下の画像を「霧島」と解釈すれば、隣県の「日南海岸」に違いないと
勘ぐっていましたが、見事裏切られました(^^)
私は、YSKさんのヒント「横浜」に引っ張られて、♯161市の右上の画像は
小田原~国府津の海岸線、左下が箱根の大涌谷かと思いかけました。

♯162市の方は、記憶にある芝生の海岸が見えたので正解に至りましたが、
確かに雑魚さんの写真を拝見すると両市の港湾に似た雰囲気もありますね。
>海岸名を名乗る駅とは「ホワイト・ビーチ」の事でしょうか。
その隣の“海岸駅”の方です。もっとも駅名に“海岸”が付けられたのは
最近のことのようですが。駅から100mも歩けば写真の芝生海岸に至ります。

>渋谷の「忠犬」の出身地の事でしょうか。
その市です。その盆地も暑かったですが、夜行列車で移動した翌日の北関東もまた暑かった。
以前ご紹介した真壁駅の写真が午前で、午後乗り換えのため途中下車した羽生駅前は
クラクラするほどで、冷房の効いた駅前の書店へ速攻で待避しました。
 

♯162市

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月24日(土)15時04分48秒
返信・引用
  > No.1685[元記事へ]

▼今川焼さん:
>「横浜」に惑わされそうになりましたが

確かに似ていますね。添付画像は「ベイ・ブリッジ」からの視点です。

> ここの海岸名を名乗る駅を降り、一列車遅らせて海岸を散歩したことがあります。

♯161市の 左下の画像を「霧島」と解釈すれば、隣県の「日南海岸」に違いないと
勘ぐっていましたが、見事裏切られました(^^)海岸名を名乗る駅とは「ホワイト・
ビーチ」の事でしょうか。

> その日午後に訪れた“鉱山鉄道”の走る隣県の盆地はうだるような暑さで、

渋谷の「忠犬」の出身地の事でしょうか。だとすると、この鉱山鉄道は、1994年の
旅客営業廃止に続いて、この春、貨物営業も休止しています(事実上の廃止)
 

イントロダクション クイズ

 投稿者:今川焼  投稿日:2008年 5月24日(土)00時48分9秒
返信・引用
  #162
「横浜」に惑わされそうになりましたが、右上の海岸の景色に見覚えがありました。
24年前のお盆の頃、ここの海岸名を名乗る駅を降り、一列車遅らせて海岸を散歩したことがあります。
盛夏とはいえ海から吹く風はさわやかで、見た目(下の写真)ほどは暑くはなかったです。
ところが、その日午後に訪れた“鉱山鉄道”の走る隣県の盆地はうだるような暑さで、
脊梁山脈一つを隔ててずいぶんと気候が違うものだと実感しました。

#161
こちらの右上の俯瞰写真は、右下の写真の背後に裾野が見える山の展望台からの眺めのようですね。
 

連続書き込みすみません

 投稿者:日本人  投稿日:2008年 5月20日(火)22時31分29秒
返信・引用
  イントロダクション クイズ #162の答えの市は、新幹線が通る、A県人口2位の都市ですね。画像の市役所は、あくまでも、「別館」ですね。  

イントロダクション クイズ #161

 投稿者:日本人  投稿日:2008年 5月20日(火)22時25分55秒
返信・引用
  #161は、あるときは市名が凄く長かったが、今では2文字ですね。1年ほどで、名前が短くなってしまったのでしたっけ?  

答え合わせ

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月19日(月)13時51分19秒
返信・引用 編集済
  > No.1681[元記事へ]

▼YSKさん:
> イントロダクション クイズ #161

先端部が、鮪の水揚げで有名な「鉞半島」を代表する自治体ですね。右上の展望は、
我が茨城県の南部域を連想させる風物で有名な「ホラー山」からの俯瞰でしょうか。
20年前までは、隣の「イースタン・アベニュー」村の役場も、道路未整備を理由に、
♯161市域に位置しました。同様の事例は、鹿児島県の三島・十島両村や 沖縄県の
竹富町でも見られましたが「陸続き」での飛び地的な所在は、ここだけの様ですね。

> イントロダクション クイズ #162

右下の駅は、JTB版時刻表の巻頭地図において「二重丸」表記となっていますね。
ここから分岐する支線の途中駅が、中心街への最寄となる為、命名を巡り、山陽線
岩国や山陰線倉吉と同様、拠点駅と中心街駅の間で「市名駅名」が遣り取りされる
事がありました。

どちらも同じ県に属し、ある大物演歌歌手のヒット曲でも、並列的に登場しますね。
ただし ♯161市は、市名ではなく、合併前の港湾地区を擁する町名(=右下画像の
駅名)となっています。関東からは、あまりにも遠い為、ここ数年は御無沙汰です。
 

イントロダクションクイズ正答・出題

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月19日(月)00時05分42秒
返信・引用
  こんばんは、本日は午後7時過ぎに自宅に戻ってまいりました。今年初の宿泊での
フィールドワークも天候に恵まれ、無事終了いたしました。

イントロダクションクイズを2問出題しました。ぜひご確認くださいね。

イントロダクションクイズ#161
http://www.chiikibun.com/intro/161/shi161.html
イントロダクションクイズ#162
http://www.chiikibun.com/intro/162/shi162.html

なお、#159・#160についても正答ページをアップしました。

#159「五泉市」
http://www.chiikibun.com/intro/159/ans_shi159.html
#160「長岡市」
http://www.chiikibun.com/intro/160/ans_shi160.html
五泉市についてはチューリップが最大のヒントでしたね。長岡市は、さりげなく
駅前の写真に「花火の筒」のオブジェを入れてみたのですが、お気づきになりま
したでしょうか?

ご回答くださった皆様、たいへんありがとうございました。
 

こんばんは

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月17日(土)22時25分9秒
返信・引用
  ご無沙汰いたしております。最近はロゴの更新以外まともに更新・コメントができず
本当に申し訳ありません。
本日は今年初めての宿泊でのフィールドワークに出ております。ファイル転送ができ
ない環境のため、クイズ関連は日曜帰宅後に更新いたします。ファイルは既に作成済
みです。ご期待ください。
ヒントといたしましては、横浜に行ったということでしょうか。
 

Y山頂より

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月 9日(金)10時07分33秒
返信・引用 編集済
  > No.1678[元記事へ]

▼日本人さん:
> ヒントをありがとうございます。ようやくわかりました。N県N市ですね。

御明察。ちなみに昨日添付した画像は、県都N市とY村の境界を成す尾根上からの
昨年初夏の視点です。この時は、ここより数km北側の浜辺から「海に沈む夕陽」を
眺めましたが、中々の絶景でした。

今回の画像は、上記尾根上から ♯159市の方向を眺めたものです。奥の方に見える
残雪の山々は、先月13日付の添付画像と同じ山系です。我が地元・茨城県域からも、
辛うじて見える事があります。昨年 2月11日付の添付画像を御参照下さい。
 

イントロダクションクイズ#160

 投稿者:日本人  投稿日:2008年 5月 8日(木)19時54分3秒
返信・引用
  > No.1677[元記事へ]

〉雑魚さん
> 画像は N市のほぼ西端に位置する地区で、ここから左手に海岸線を 1~2km 辿ると
> ♯160市との境界となり、更に10km近く進むと、先月21日に画像を掲出した、旧T町
> 中心地区となります。沖に見えるのは、民謡で有名な「草木靡島」です(^^)

ヒントをありがとうございます。ようやくわかりました。N県N市ですね。特例市になっていて、高速道路のJCTがあるところですね。さらにいうと、その高速道路は、T都N区からN市まで行く高速道路と、M市からN市(県庁所在地のほう)へ行く高速道路ですね。ちょっと言い過ぎたような気もしますが、以上です
 

♯160市

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月 8日(木)09時35分20秒
返信・引用 編集済
  > No.1676[元記事へ]

▼日本人さん:
> イントロダクション クイズ#160 は さっぱりわかりません。

画像は N市のほぼ西端に位置する地区で、ここから左手に海岸線を 1~2km 辿ると
♯160市との境界となり、更に10km近く進むと、先月21日に画像を掲出した、旧T町
中心地区となります。沖に見えるのは、民謡で有名な「草木靡島」です(^^)
 

たぶん

 投稿者:日本人  投稿日:2008年 5月 7日(水)21時28分48秒
返信・引用
  この掲示板では非常にお久しぶりです。都道府県市区町村の掲示板の落書き帳の日本人です。
イントロダクション クイズ#159の答えの市は、N県G市でしょうか。一年ほど前に政令指定都市になったN市に隣接する市ですよね。
イントロダクション クイズ#160はさっぱりわかりません。
 

遊水地、再訪

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月 7日(水)15時16分37秒
返信・引用 編集済
  昨日、好天に誘われ、再び渡良瀬遊水地ヘ(水戸北郊在住の身としては、北関東道の
真岡延伸は、両毛方面に赴く際の大きな動機付けとなります)今回は「レイク・オブ・
ハート」を中心に(^^)散策。西岸一帯は県境が複雑に入り組んでいるのですね。

なお「グーグル・アース」の空撮映像を見ると、湖面が、かなり干上がっていますが、
これは、夏季のカビ臭防止の為、冬季に行う水抜きの結果でしょうね。新赤麻橋にも
少し寄りましたが、夥しい二輪車の爆音が轟いていたので、早々に退散(^^)
 

タイトルロゴ更新

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 5月 6日(火)00時00分45秒
返信・引用
  こんばんは、5月5日こどもの日は、端午の節句、そして二十四節気の立夏にあたります。
暦の上では夏がはじまった、ということで、季節感を重視する当サイト恒例のタイトルロ
ゴ更新を行いました。25代目となるロゴは、「目映さに浸る夏」をコンセプトに、夏の日
を受ける高山植物の写真を素材として作成しました。

次回ロゴ更新は立秋(8月7日)前後を予定しています。
 

千波湖の白鳥

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 5月 1日(木)14時57分28秒
返信・引用
  > No.1672[元記事へ]

▼YSKさん:
> フィールドワーク・ラッシュの影響で経済的に覚束ない(涙)ことや、どうせ
> 混雑していると思うので、遠方には出かけず、いようと思っております。

燃料代も、本日から値上がりしましたからねぇ。足利の藤まつり(前記「鉄路八景の
掲示板」で紹介した両毛線列車は、藤まつりに関連したGW恒例の臨時便です)など、
そちらの地元でも、様々なネタがあるでしょうから、切り口には不自由されないかと
存じます。私がそちらの住民だったら、とりあえず奥利根をじっくり歩きたいですね。

昨日、私も御多分に漏れず、自家用車の給油に赴きましたが、なぜこんな田園地帯の
スタンドが………と呆れる程の盛況振りでしたね。燃料代の高騰は、他の部材諸々の
調達単価上昇と相まって、勤務先でも実体としての圧迫感を覚える処です。

一方、公共交通導線が脆弱な地域に住む立場から、道路の整備は重要なテーマであり、
例えば、道州制をも睨んだ北関東の地域的一体性への大きな動機付けとなるであろう
北関東道の全通により、国道50号線の慢性化する渋滞の解消、延いては燃料節約をも
招来する可能性も考えられます。全国一律に是々非々が取り沙汰されるべき問題では
ないだけに、政局の趨勢も相まって、何ともややこしい事になってしまった印象です。

============================================================================

前橋のチューリップ騒動に続き、水戸・千波湖でも、動物愛護法に抵触する、残念な
事態が発生しました。毎年、観桜の季節になると、湖畔を一周散歩するのが御約束で、
個人的に白鳥は、爽快な春を迎えた安堵感の象徴の様に感じていました。

その一方、十和田湖では白鳥の死骸から鳥インフルエンザが検出されるなど、水鳥の
代表格である白鳥も受難続きですね。観光客の出足に影響しない事を祈るばかりです。
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。連休の後半は不順な天候で、
なかなか晴天が続きません。ガソリン代も1日から150円台に値上
がりしておりまして、自動車交通に日常生活のほぼすべてを依存
しているといっても過言ではない当地にとってはつらいところで
はありますね。
 

緑濃き季節

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月30日(水)23時34分1秒
返信・引用
  こんばんは、みなさんメッセージありがとうございます。本日は夏日となり、たいへん
な暑さの当地でした。周囲の緑もいっそう濃くなってまいりまして、ほんと、初夏です
ね5日はもう立夏です。タイトルロゴの更新準備に入らなければと思っております。

リトルさんへ
メッセージありがとうございます。東日本に偏りがちの桜企画展に、京都の写真を添え
ることができて、こちらもたいへん感謝いたしております。本当はもう少し北上して桜
を捉えようと思ったのですが、季節が先行してしまったようです。いけなかった桜は、
来年にとっておこうと思います。

雑魚さんへ
渡良瀬遊水地も初夏の雰囲気が濃厚ですね。すてきな写真をありがとうございます。
このGWはこれまでのフィールドワークラッシュの影響で経済的に覚束ない(涙)こと
や、どうせ混雑していると思うので、遠方には出かけずいようと思っております。
 

渡良瀬遊水地

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月30日(水)12時53分57秒
返信・引用 編集済
  > No.1670[元記事へ]

▼リトルさん:
> 雑魚さんの書き込みがあり驚いていた所です。守備範囲が広いですね。

広く浅く、軽薄な雑学が身上ですので(^^)鉄道関係では「鉄路八景の掲示板」にも
参加しています。併せて御笑覧下さい。管理者は両毛線沿線方面に御住まいの方です。

上記掲示板に、関連画像を投稿しましたが、先日、女房の「買物ツアー」に関連して、
佐野新都市(交差点が立体化され、多少 緩和すると思われた、佐野藤岡 I.C.付近の
混雑振りは相変わらず)に赴いた序でに、憧憬の地だった渡良瀬遊水地を訪ねました。

渡良瀬遊水地と云えば、小学校時代、道徳の教科書で読んだ田中正造の伝記における、
遊水地の「前身」旧谷中村の関連記述を思い出しますね。明治時代の富国強兵政策の
象徴的存在と言える足尾銅山に関して、諸々の皺寄せ(北海道佐呂間町に、旧村民の
入植移住に由来する「栃木」地区がありますね)を一身に被った印象すら感じられる
村の「跡地」は、かかる過去の葛藤を他所に、茫洋たる草原(湿原)が広がり、実に
気持ちの良い眺めでした。

惜しむらくは、家族を迎えに行く都合上、現地滞在が数十分程度に限られ、谷中湖・
新赤麻橋など、充分に散策できず、機会があれば、近い内に再訪したいところです。
 

そろそろ最後でしょうか

 投稿者:リトルメール  投稿日:2008年 4月28日(月)21時43分36秒
返信・引用
  ▲雑魚さん
>「客車倶楽部」という写真掲示板にて~
→先日、客車関係で知りたい事が有り、ここを捜していたら雑魚さんの書き込みがあり驚いていた所です。
守備範囲が広いですね。

▲YSKさん
私が好きな桜の一つ、「弘前城の桜」
最近は行っていませんが、今年の開花宣言は4/20(日)で、例年より9日早いそうです。
先週の中頃「今満開ですよ」と実況TELが来ました。
毎年、今頃が見頃で人気ですが、ツアーなどで日程が決まっている人は残念ですね。
京阪地方では染井吉野の花見気分は終わりましたが、金曜日にまだ八重桜がきれいに咲いていました。状況メモ程度ですが画像は豊中市某所の八重の若樹です。

※私はHPを持たない(持てない?)ので、家人に「この人のHPに、桜の画像を採用して貰ったよ」と見せると、喜んでくれていました。
ありがとうございました。

リトル
 

今年の桜フィールドワーク終了

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月28日(月)02時00分54秒
返信・引用
  27日、長野県高山村に出かけて、集中的に桜の撮影を行いました。先週の新潟分も含め、
桜企画展を8本一気に更新しました。よろしければ、ご覧くださいね。

北日本で今月下旬に入ってから一気にあたたかくなった影響で、桜一気に開花、満開と
なったようです。そのため、2008年の桜フィールドワークは高山村でもって終了といた
しました。とはいえ、企画展で21本展示することができましたので、なかなかの成果だ
と思いました。来年もいろいろな桜がご紹介できればいいなと思います。なお、企画展
は5月末日まで掲載いたします。

企画展示桜2008
http://www.chiikibun.com/gallery/sakura2008/sakura2008.html
 

ギャラリー更新/五泉市チューリップまつり

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月22日(火)01時28分24秒
返信・引用
  雑魚さんがクイズの正答を導いてくださったので、ギャラリーも更新しました。

20日撮影の五泉市・チューリップまつりのようすです。チューリップ畑を染める
鮮やかな色彩がまさに圧巻です。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

答え合わせ

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月21日(月)14時55分55秒
返信・引用 編集済
  > No.1666[元記事へ]

▼YSKさん:
> イントロダクション クイズ#159

チューリップ畑から富山県を連想したのですが、駅名版の文字色から、JR東日本
管轄域と推定しました。チューリップに関連したイベントを検索した結果、かつて、
設問市と同じ県のK市に至る電鉄線の起点駅である事が判明。

その電鉄線の車両基地駅を擁した南隣のM町(現在は設問市に合流)は、いかにも
城下町を思わせる街区が特徴的ですね。

> イントロダクション クイズ#160

♯159 近所と踏んで検索しましたが、よく考えたら、左下の駅前を昨年うろついて
いたのでした。画像は、右上の主要河川の放水路における河口です。
 
    (YSK) 早速のご回答ありがとうございます。JRの駅名版から
管轄区域を推定されるとは、鋭い着眼点ですね。両問
とも正解です。すてきな俯瞰写真もありがとうござい
ました。
 

イントロダクションクイズ新規出題

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月20日(日)21時11分57秒
返信・引用
  ここのことろ不順な天候が続いていた当地ですが、20日に天候が回復しそうで
あったことから、ここ数年来行ってみたかった場所のチェックも兼ねて、フィ
ールドワークに出かけてきました。高速道路のETC深夜割引が適用になる「午前
4時前にインターに入る」時間から活動を開始しました。

イントロダクションクイズを2問新規に作成してみました。ぜひご覧ください。

イントロダクションクイズ#159
http://www.chiikibun.com/intro/159/shi159.html
イントロダクションクイズ#160
http://www.chiikibun.com/intro/160/shi160.html
 

新幹線通学

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月18日(金)08時34分42秒
返信・引用 編集済
  > No.1661[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 全国的には高校生の下宿は減少傾向なのでしょうね。

車社会の普及(家族による送迎)で、減少しつつあると感じます。地域によっては、
新幹線が自宅通学圏の広域化に与していますね。新潟県立屈指の進学校が、浦佐に
設置されたのは、全県受験区の特例下、新潟や長岡から新幹線を介し生徒を集める
意図があった為で、実際、朝の浦佐駅新幹線ホームは同校の生徒で賑わっています。

そこから南下した本庄早稲田駅に近接する早大系列高校でも、長野・新潟方面から
自宅通学する生徒がいると聞きます。新幹線定期は、決して安価ではありませんが、
寄宿に要する費用や親元から通わせる安心感を考慮すると、許容されるのでしょう。

> 高校生のための学生寮のような施設は、山間地を抱える当地の特殊性で、

学校単位の設定ですと私立では標準になりつつありますが、公立でも、全県学区の
理数科などを擁する進学校では、寄宿舎が設定されているそうです。静岡県立では、
一貫化した浜松西高が、確か全県学区扱いと記憶しますが、浜松ほどの街になれば、
寮を設定して、広域から生徒を募集する程でもないのでしょうか。

浜松の地勢柄、上記の様に新幹線による広域通学も考えられますが、西高は駅から
微妙に離れた印象ですね。一方、学区緩和の結果、磐周学区の旧佐久間町界隈から、
浜松市街を志向する事例も最近はありそうですが、こうなるとやはり、下宿需要が
ありそうですね。それにしても、佐久間が磐周学区に属するのは、公共交通導線上、
釈然としないものを感じます。

> 山間部の通学困難地区の生徒のための寄宿舎を持っている中学さえあります。

積雪地ですと、それほど山が深くない場合でも、冬季のみ寄宿施設を設定する事が
間々ある様です。一昨年頃でしたか、秋田県能代郊外で、そうした施設のひとつが
閉鎖された旨、TV報道で特集されていました。
 

2008年初仙台!

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月17日(木)23時40分15秒
返信・引用
  まずはイントロダクションクイズの正答の発表です。

#157「福島市」
http://www.chiikibun.com/intro/157/ans_shi157.html
#158「岩沼市」
http://www.chiikibun.com/intro/158/ans_shi158.html

ということで、4月12日、少し足を伸ばしまして福島、仙台へといってまいりました。
途中白石川堤の桜も眺めてまいりました。2008年初の仙台は、桜メインでしたので時
間も少なくあまり街中を歩けませんでしたが、今夏オープンする駅前のパルコを核と
した複合業務ビルも完成間近、地下鉄工事の影響で一時的に青葉通の一部のケヤキが
伐採されているなどの様子を確認いたしました。仙台市営地下鉄東西線については、
今後注目して経過を追って行きたいと思っておりますので、ご期待ください。

写真は、青葉通一番町付近の様子です。ケヤキが一部伐採されています。一番町駅
(仮称)が設置される一帯で、先行して地下鉄工事がスタートしているようです。
 

下宿生

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月17日(木)21時14分24秒
返信・引用 編集済
  ▼雑魚さん:
>最近は、自宅最寄駅まで車の送迎が徹底しつつある為、家族の他県転出を除けば、消滅しているかも知れません。
→ なるほど、全国的には高校生の下宿は減少傾向なのでしょうね。
旧井川村では、静岡市内各高校に通学する生徒のための学生寮を昔から静岡市街地に設けていました。
(静岡市に合併後は、旧井川村以外の旧安倍5村の高校生も利用可能とした。)
高校生のための学生寮のような施設は、山間地を抱える当地の特殊性で、全国的にはあまりないのかもしれませんね。
なお、静岡市内には、山間部の通学困難地区の生徒のための寄宿舎を持っている中学(静岡市立藁科中学校生徒寄宿舎 静岡市葵区大原901番地 収容人員40人)さえあります。
 

学区制度

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月17日(木)12時47分38秒
返信・引用 編集済
  > No.1659[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 金谷駅のあたりは(中略)単に大井川鉄道との接続駅といった趣きだと思います。

東海道線との接続が確保出来るのは、金谷しか無かった、という事なのでしょうね。
新幹線が開業する以前、東海道線の優等列車体系において、金谷の停車枠の有無が
気になりますね。映画やドラマでのSL撮影における「障害要因」となる事が多い
大井川鉄道の電化が、東海道線(静岡~浜松)と同じ、1949年である事を考えると、
直通運転を伴う接続駅としての金谷には、相応の拠点性があった可能性を感じます。

> 沿線から島田などの高校へ通学の場合、市内に下宿する例も多いようです。

学区制緩和後は、どうせ下宿するなら県都・静岡に………という事例もありそうに
感じます。私の所では、学区制が伝統的に緩い状況下、各学年に数名ずつ、県境の
山間部出身者などが下宿通学していましたが、最近は、自宅最寄駅まで車の送迎が
徹底しつつある為、家族の他県転出を除けば、消滅しているかも知れません。

>「県立庵原」と「市立清水商業」を「新市立高校」にというように、

沿革を見れば、市立清水商高の方がかなり老舗ですから、判り易い気も致しますが、
県立→市立という下位区分への移行を、関係者はどの様に感じているのでしょうか。
名門の誉れ高い都立九段高校の場合「東京市立一中」として創立された経緯ゆえか、
形式的な継承関係は無いものの、事実上の移行先となる中高一貫校(来春開校)は
千代田区立となり、卒業生の間では、某かの葛藤があったと聞きます。

>「志榛地区」などという言葉は 地元でも教育関係者でなければほとんど知らない

茨城県でも、業務用の地域区分として「稲敷+北相馬→稲北/とうほく」「鹿島+
行方→鹿行/ろっこう」など、旧郡名を合成した呼称があります。税務署など各種
役所の管轄区分と符合する事が多いので、何かと都合が良いのでしょうね。

> 全国の学校制度を頭にインプットされていらっしゃるなんて本当にすごいです。

地方においても、県都など拠点都市を中心とした経済の一極化が進む時勢にあって、
公共交通導線と学区制度との整合性は、当該地域の地勢を詮索する上でも、一つの
材料になりますからね。

従来は大崎圏なるも、仙台志向が強まりつつある仙北地区での、学区のジレンマを
考察した「宮城県鹿島台町の未来」という頁があり、全国の状況についても言及が
あります。この十年間、青森・秋田・茨城・群馬・埼玉・東京・石川・福井・山梨・
滋賀・和歌山・鳥取・広島・大分・宮崎の15都県で、学区は完全撤廃された様です。

千葉・富山・長野・三重・奈良など、自宅通学基準で事実上の撤廃という県もあり、
高校を、将来を見据えた準専門課程と考える立場としては、選択の自由が広まった
意味において時宜を得たものと感じます。その結果、出身地の公立高校が統廃合の
対象となりましたが、主要都市の人気校でも定員が一律削減されるなど、ある程度、
激変緩和が考慮された印象です。少子化傾向では、如何ともし難い事ですね。
 

金谷など

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月17日(木)06時32分5秒
返信・引用
  > No.1657[元記事へ]

> ▼雑魚さん:
>金谷駅の拠点性や、これ如何に?
→ 金谷駅のあたりは、旧東海道日坂峠の入口であるものの、単に大井川鉄道との接続駅といった趣きだと思います。
観光バスで訪れる団体客は、新金谷駅でSLに乗り換えるというのが定番コースになっているようです。(旅行会社とのタイアップによる団体客の獲得が売り上げに大きく寄与しているのでしょう。)
http://www.c-walk.com/tokaido/mapwalk/mapw-16.html

> 一方、藤枝・島田など、東海道線沿線の高校に通う事例も一般的でしょうし・・・
→ 沿線から島田などの高校へ通学の場合、市内に下宿する例も多いようです。(なんか答えになっていませんね)

>現在の区割りが「平成の大合併」完了前に行われた為、静岡市が「静岡」と「清庵」浜松市が「西遠」と「磐周」に跨る格好で、その為か、学区撤廃も検討されている様ですね。
→ 現在、静岡県立と静岡市立の高校の再編が進められていますが、その組合せは「県立静岡南」と「静岡市立商業」を「新県立高校」に、「県立庵原」と「市立清水商業」を「新市立高校」にというように、従来からの学区の束縛からなかなか離れることはなかなかできないようです。(笑)
それにしても「志榛地区」などという言葉は、地元でも教育関係者でなければほとんど知らない言葉だと思います。(全国の学校制度を頭にインプットされていらっしゃるなんて本当にすごいです。)
私はもちろん教育関係者ではないのですが、多少関係するところ(?)に勤務したことがあるので、たまたま知ってはいましたが・・・
 

桜企画展更新

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月16日(水)02時09分50秒
返信・引用
  遅い時間になってしまったため更新情報だけ手短な書込みで失礼いたします。

4月12日に撮影した分について、桜企画展を更新しています。一気に北上です!

企画展示桜2008
http://www.chiikibun.com/gallery/sakura2008/sakura2008.html
 

川根本町の事

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月15日(火)13時12分10秒
返信・引用 編集済
  > No.1656[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 現在はその役割はあったとしても非常に小さなものではないでしょうか。

それでも、長島堰堤界隈でアプト軌条に置換された事を思えば、同線の観光需要は、
私の想像以上に大きいかも知れません。そうなると、新幹線に接続せず、島田市の
中心地区でもない(昨年廃止された宮城県くりはら田園鉄道の起点に通じる地勢を
感じます)起点駅・金谷駅の拠点性や、これ如何に?

> 利用者の 1/4、収入の4割がSL運行によるものらしいですね。

小田急・近鉄・京阪・南海などの元花形車両が転籍するなど、確信的「鉄」に基く
経営姿勢も窺えますね(^^)

残り六割のうち、沿線住民による日常的な利用がどの程度か判りませんが、今時の
傾向から言えば、やはり頼みは通学需要でしょう。川根本町の中学校は家山と千頭、
高校は駿河徳山のみですので、町内のみの鉄道利用も、そこそこある様に感じます。

一方、藤枝・島田など、東海道線沿線の高校に通う事例も一般的でしょうし、更に
有意層ともなれば、数年前の学区制緩和で、越境制限が撤廃された隣接学区として、
静岡や掛川を志向する事も考えられます。しかし、自治体人口が一万人に満たない
事情を考えれば、その規模たるや、推して知るべしでしょうね。

なお川根本町を擁する志榛学区の例外規定として、黒法師岳に連なる稜線を挟んで
隣接する磐周学区(袋井・磐田など)は、公共交通機関による往来手段が無い為か、
越境不可の様ですね。また、現在の区割りが「平成の大合併」完了前に行われた為、
静岡市が「静岡」と「清庵」浜松市が「西遠」と「磐周」に跨る格好で、その為か、
学区撤廃も検討されている様ですね。なお、茨城で学区が撤廃された理由の一つに、
現笠間市が異学区に跨る範囲で広域化した事情が挙げられます。

川根地区唯一の高校となる川根高は、他地域の山間部でも見られる様に、地域内の
連携型一貫制ですね。元々は志榛学区の拠点校である藤枝東高の分校だそうですが、
旧藤枝町は志太郡、川根本町は榛原郡であり、更に、後者の主要な公共交通導線が、
藤枝市どころか隣の島田市、それも大井川を越えた対岸を起点とする点で、多少の
違和感を覚えたのですが、高校所在地の旧徳山村は、志太郡に属していたのですね。

> 静岡から国鉄 113系による大井川鉄道乗り入れの快速「奥大井号」があったこと

浜松直通「すまた」もありましたね。こうした直通便は1984年に廃止されましたが、
これは、静岡都市圏の輸送力強化の為、興津~島田で都市型等間隔ダイヤ「するが
シャトル」が設定され、波動スジの確保が困難になった事が背景にある様です。
 

大井川鉄道のこと

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月15日(火)06時14分23秒
返信・引用
  > No.1655[元記事へ]

▼雑魚さん:
>という事は、現在でも井川線は、電源開発に供される事が多い、という事でしょうか。
→もとより、大井川鉄道に関しての特別な知識を有してる訳でもないので、一般論的な御返事となってしまいますが、ダム建設時と違い、現在はその役割はあったとしても非常に小さなものではないでしょうか。
過去の経緯と今後ダム改修工事などあった場合の資材運搬を見越して中部電力が運営補助しているような気がするのですが・・・・

>沿線に然したる市街を持たずして、 更に、井川線の様な電力会社からの補填も無い大井川本線の日常的な旅客需要とは、どの様なものなのでしょうね。
→利用者の1/4、収入の4割がSL運行によるものらしいですね。
沿線人口もきわめて少ないのに鉄道が維持されているのは、名鉄式営業による努力そのものなのでしょうが、それにしても本当に奇跡に近いような感じですね!
かつて静岡から国鉄113系による大井川鉄道乗り入れの快速「奥大井号」があったことを思い出しました。
 

大井川本線の謎

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月14日(月)18時09分36秒
返信・引用
  > No.1653[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 現在の人口わずか 660人でも支所が維持されている

そこまで少ないのですか。そうなると、どれほど纏まった観光需要があるとしても、
大井川鉄道井川線を一般の旅客鉄道として、しかも途中区間を移設・電化してまで
維持するのは、極めて困難かと思うのですが、調べて見ると、鉄道資産を保有する
中部電力から運営受託資金が補填されているのですね………という事は、現在でも
井川線は、電源開発に供される事が多い、という事でしょうか。

> 最初の計画では静岡市を起点に藁科川沿いに千頭まで(中略)引こうとした

恥ずかしながら初耳です(^^)路線が計画された当時は恐らく、電源開発や林業の
一大拠点であった千頭への到達、先ずありき、という発想だったものと想像します。
それにしても、東海道線に接続する金谷を含め、沿線に然したる市街を持たずして、
更に、井川線の様な電力会社からの補填も無い大井川本線の日常的な旅客需要とは、
どの様なものなのでしょうね。
 

答え合わせ

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月14日(月)17時48分50秒
返信・引用 編集済
  > No.1652[元記事へ]

▼YSKさん:
> イントロダクション クイズ#157

右下画像の市街地に接した小山がミソですね。この山を、高規格鉄道と二桁番号の
旧国道が隧道で抜けており、日本海側にある山岳信仰のメッカから勧請した神社を
祀った山上は、この画像を撮影した「花見○公園」ともども、市民の憩いの場所に
なっています。

> イントロダクション クイズ#158

右上画像の駅から西北西 500mの地点に位置する県立高校の名称は、隣接する市名。
これは、市制施行前の郡名を冠する事で、郡を代表する位置付けを意図するという、
老舗校にありがちな現象のゆえですが、高等女学校時代は、なぜか設問市の名称を
名乗っていました。

下段画像の神社は、地元界隈では「日本三大稲荷」の一角を成す位置付けの様です。
1990年に放火により焼失、数年後に復興されました。この神社の名称は、設問市の
南側で太平洋に注ぐ大河の名称が変化したものだそうです。

> #155「つくばみらい市」#156「龍ケ崎市」

幸手市との位置関係に惑わされ、茨城県ネタを外すとは、何たる失態………
 

「おおいがわ」上流の「いかわ」

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月14日(月)09時13分14秒
返信・引用 編集済
  > No.1650[元記事へ]

▼雑魚さん:
「ウィキペディア」での「名目上は安倍郡だが、大井川流域ゆえ榛原郡北部の色が濃い」というのは、個人的には、そういう傾向は否定できないもののやや大げさな表現だと感じています。
その昔、大日峠ではケーブルによる物流が行われていたということも聞いたことがありますし、ダム建設の資材輸送などはともかく、一般住民の往来はやはり陸路による方が優勢だったと思われます。
雪とは無縁の静岡市ですが、おっしゃるとおり井川だけは別ですね。

旧井川村がなぜ静岡市なのかについては、かつて某所で話題になったこともありますね。(そのころ、私は単なる傍観者として、いろいろな発言を単に楽しんでいただけですが)
69年の静岡市と旧安倍郡6カ村との合併については、県の意向が大きく反映されていたことは明らかですが、財政的に豊かだった井川村が最後まで合併に難色を示す一方、静岡市側も安倍地区を引き受けるなら5村とではなく、井川村を含めたの6村でなくては合併しないとの姿勢であったため、最終的に県のあっ旋により、井川地区に「財産区」を認めることで合意したものでしょう。
静岡市当局は、昔から支所を設けるのが嫌い(?)だったのですが、合併後、井川地区には当初から支所を設け(もちろんその遠隔地性もありますが)、現在の人口わずか660人でも支所が維持されているのは、合併時の経緯が大きく反映されているものだと思われます。

余談ながら、井川地区で使われている言葉は、静岡市の市街地などとは違って、無アクセントであり、北関東に通じるものがあって興味深いです。

また、雑魚さんなら先刻御存知だとは思いますが、現在「金谷」を起点としている大井川鉄道は、最初の計画では静岡市を起点に藁科川沿いに千頭まで(つまり現、国道362号線沿い)に引こうとしたということです。
結局は財政難と技術上の問題で金谷起点となったらしいのですが。
 

イントロダクションクイズ新規出題

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月14日(月)00時10分3秒
返信・引用
  12日(土)に訪問した地域から、イントロダクションクイズを2問更新しています。
チェックくださいますよう、お願いいたします。

イントロダクションクイズ#157
http://www.chiikibun.com/intro/157/shi157.html
イントロダクションクイズ#158
http://www.chiikibun.com/intro/158/shi158.html

※#157の市については、今後「企画展示桜2008」に正答市名を表記して更新を
予定しています。ご了承願います。

なお、#154~156については、ご回答が雑魚さんの一人だけだったのですが、
企画展ページに正答が掲載されておりますので、すべて正答ページを更新しました。

#154「幸手市」
http://www.chiikibun.com/intro/154/ans_shi154.html
#155「つくばみらい市」
http://www.chiikibun.com/intro/155/ans_shi155.html
#156「龍ケ崎市」
http://www.chiikibun.com/intro/156/ans_shi156.html
 

中心市街地の中心性と地形

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月14日(月)00時04分55秒
返信・引用
  般若堂そんぴんさん、inakanomozartさん、雑魚さん
メッセージありがとうございます。後述しますとおり土曜日は日帰りでフィールドワー
クを行っており、また日曜日は家事やらなにやらで忙しくしており、コメントが遅くな
ってしまいました。申し訳ありませんでした。皆さんのお話興味深く拝見いたしており
ます。
さて、自家用車による移動が日常的に恒常化している現在、中心市街地の繁華は地形的
な要因に寄与する部分が大きいことは、私も各地の町歩きで感じてきたことですね。特
に中心市街地が相対的に狭い平野にあってその中心性が高いケースは西日本に多いよう
な気がいたします。昨年のフィールドワークで行った津山や三原などは、人口規模以上
に中心市街地が大きく感じられます。
静岡市をはじめとした東海地方が、今年の大フィールドワークの候補地のひとつとなっ
ております。

末筆となりましたが、般若堂そんぴんさんには拙文への温かいお言葉を賜りまして、
心よりお礼申し上げます。置賜地域の春は、本当にたおやかで美しく、約1年前の訪問
でしたがつい昨日の様に思い起こされます。
 

行政区分の境界線と分水界の ズレ

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月13日(日)14時13分56秒
返信・引用 編集済
  > No.1649[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 面積は 850平方キロもあるのに、人口はわずか 6,200人ほどです。

長大な新幹線橋梁から連想される、安倍川の「大河振り」からすると、想像以上に
過疎状態ですね。この内、分水界を越えた先、大井川の水系に位置する旧井川村が、
静岡市に合流する伏線として安倍郡に属した必然性としては、やはり「落書帳」で
Issieさんに御教示頂いた、渡良瀬川 源流域における栃木県旧足尾町と同様、古来
渓谷より峠道の方が、往来が容易だったであろう地勢が挙げられるでしょうか。

井川線が電力会社の専用線として井川界隈に達したのは1954年。正規の旅客営業は
59年からですが、山間部の事業専用鉄道にありがちな例として、地元住民の利用を
便宜上、認めた可能性を感じます。

これに対して、旧井川村の静岡市合流が1969年ですから、80年頃まで愛読していた
道路地図において、井川線に並行する道路が未整備との印象だった事を勘案しても、
静岡市合流の時点で、鉄道が通じる下流域の志榛地区の影響が強かったと推定され、
かの「ウィキペディア」でも「名目上は安倍郡だが、大井川流域ゆえ榛原郡北部の
色が濃い」との言及があります。ちなみに、豪雪地帯なんですね。

==========================================================================

この様に、県・郡の境界線と分水界が一致しない例は、探せば各地にありそうです。
比較的身近な例として、日本海水系の猪苗代湖に面した、福島県旧安積郡(全域が
郡山市に移行)旧湖南村は興味深いですね。陸路本位の場合、土木技術が未発達の
時代ならば、猪苗代より郡山の方が往来が容易と思う一方で、場所柄、舟便による
湖の対岸(耶麻郡域)との往来も容易ではないか、と感じます。それでも安積郡に
属したのは、冬季の往来障害ゆえでしょうか。

画像は旧湖南村域(湖最南端の舟津浜)から猪苗代湖越しに遠望した飯豊連峰です。
会津盆地からの眺めと比較すると、盆地に対する湖面の高所振りが、良く判ります。
 

静岡はもう新緑です。

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月12日(土)23時54分26秒
返信・引用 編集済
  雑魚さん

>同じ静岡県内ながら、浜松とは趣が大きく異なりますね。郊外型店舗の分布頻度を比べると、やはり浜松優位でしょうか
→そもそも浜松を中心とした西遠地区は、同じ静岡県といっても言葉も風土、気質も大きく異なり、同じ静岡県ということが不思議なくらいだと個人的には思っています。(静岡県中部は、なんといっても、さくらももこ流にいえば「おおらかでのん気な静岡市はいいねぇ」といった感じなんです。そこが気に入ってもいますが(笑))
それはともかく本旨の方ですが、広がる台地に展開する浜松市は、広い平野を持つ関東にある諸都市と非常に似た都市形態となっていると思われます。

>交通導線上、先ず静岡市街方面ありき、との構図に終始すると思われる、街から少し離れた、安倍川や藁科川の流域に住む方々の場合、日常の買い物先は、どの辺りになるのでしょうか。
→静岡市内の地理を完全に把握なさっていなければできない鋭い御質問にまず脱帽です。
安倍川流域とは旧玉川村、旧大河内村、旧梅ケ島村のことをおっしゃていると思いますが、この地区はさらに奥地の旧井川村を含めても人口3,800人余り、また、藁科川流域の旧清沢村、旧大川村の人口は、2,400人余りです。
つまり旧安倍郡6か村の人口は、面積は850平方キロもあるのに、人口はわずか6,200人ほどです。
したがって、地域内には小規模なスーパーもないといった現状でしょう。これらの山間部に住む人たちは本当にどこで日常的な買い物をしているのか私も心配になるところです。(笑)
多分、仔細な買い物は地域内の小規模な商店ですませるとしても(クルマによる移動販売などが回ってくる地区もあるのかもしれません)、ある程度の買い物をしようとするときは、市街地方面地区に接する街道筋(安倍川筋では賤機(しずはた)地区、藁科川筋地区では服織(はとり)地区)にある中小のスーパーなど利用しているのではと思われます。
もちろん、もう少しまとまった買い物をしようとするときは、中心市街地方面に御登場ということもあるのでしょうが(笑)
 

桜の名所

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月12日(土)16時23分7秒
返信・引用 編集済
  > No.1646[元記事へ]

▼inakanomozartさん:
> 平坦地が狭小なせいもあり(中略)人口の割に郊外型施設は多くありません。

通過する新幹線から一瞥した程度の印象ながら、確かに静岡市は平坦地の展開度が
それほど大きくなく、我が地元に近い日立市に通じる印象を受けます。その意味で、
同じ静岡県内ながら、浜松とは趣が大きく異なりますね。郊外型店舗の分布頻度を
比べると、やはり浜松優位でしょうか。

> 静岡の著しい特徴として自転車の利用が多いことが最大の特長だと言える

市街界隈はそれで済むとして、交通導線上、先ず静岡市街方面ありき、との構図に
終始すると思われる、街から少し離れた、安倍川や藁科川の流域に住む方々の場合、
日常の買い物先は、どの辺りになるのでしょうか。

==========================================================================

この時期、桜の撮影に気も漫ろですが、名勝としての知名度と無関係に、たまたま
絵になる構図を見かけると、つい車を寄せがちです。そうした足場を見つけた時は、
ちょっとした至福を覚えますね。那珂市飯田地区にて。
 

ヨネザワ買い出し紀行

 投稿者:般若堂そんぴん  投稿日:2008年 4月11日(金)13時35分50秒
返信・引用
  inakanomozart さん,今日は.
静岡市では都市の顔というべき中心市街が元気なようで,羨ましく思います.利便性が損なわれていないからこそ,なのでしょうね.「静岡市では条例で、中心市街地に一定規模以上の建物の新設・建替えをする場合、自転車置き場の設置を義務づけて」いるとのこと,放置自転車による様々な問題に正しく対処しようとする強い意志が感じられますね.

1970年代の米沢市は自転車を利用する人が多く,市内の主な道路は一方通行でした.自動車を利用する人々からの求めによりほとんどの一方通行が解除されたのが昭和の終わり頃でしたか.遠回りの必要はなくなったとはいえ,かえって自動車の流れが悪くなったような気もします.
で,残ったのが自転車のマナーの悪さ,という印象を持っています.
積雪のある冬季を除けば,米沢市の都市規模には自転車が相応しいとも思えるのですが,買い物が一箇所では済まないこと,近隣の商店が次々と無くなっていく中ではスーパーやホームセンターでのまとめ買いが多くなってしまうこと,などからどうしても自動車の利用が多くなります.本日も,スーパー2軒,ホームセンター2軒,他,10 km を越える「ヨネザワ買い出し紀行」でした.
「都道府県市区町村落書き帳」でも書いたことのある「循環バス」(市民バス)の便数が増え,せめて午後7時台まで運行してもらえれば,高齢者などのいわゆる交通弱者にとってもありがたいのですが.
 

旧型都市住民の独白

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 4月11日(金)04時31分39秒
返信・引用 編集済
  般若堂そんぴんさま
旧々静岡市(駿府96カ町を中心とした地域)は、平坦地が狭小なせいもあり(そもそも他都市の距離基準で言えば、郊外など存在しないと言ってもいいのかもしれません。)、人口の割に郊外型施設は多くありません。
そのためか、旧東海道である呉服町通り・七間町通り、及びそれにつらなる静岡駅前地区(紺屋町)などの中心市街地は、いまだに一定の賑わいを確保しています。
(余談ながら、旧静岡市内の国道1号は、鉤型に通過している旧東海道を拡幅することなく、バイパス的に構築されたため、旧東海道沿いの繁華性が温存された言えるかもしれません。)
中心市街地への交通手段は、現在ではやはりクルマに頼るという部分が大きいとはいえ、坂がなく中心市街地と住宅地との距離がそれほど離れていない静岡の著しい特徴として自転車の利用が多いことが最大の特長だと言えると思います。
そのため、静岡市では条例で、中心市街地に一定規模以上の建物の新設・建替えをする場合、自転車置き場の設置を義務づけております。
バスの利用者も減少傾向にあるとはいえ、今でも中心市街地に行けばたいていの用事(買い物、諸官庁、病院等)をすませることができるせいか、類似都市ほどバス路線が衰退しておらず、一定の本数が確保されて運行されています。(郊外分散型ではこうはいかないでしょう。)
以上、いつもながら本当に散漫な文章で恐縮ですが御参考までに・・・
 

置賜より

 投稿者:般若堂そんぴん  投稿日:2008年 4月11日(金)02時12分21秒
返信・引用
  ご無沙汰しております.
「置賜花回廊、桜花結光」を通してみる米沢は新鮮でした.この季節は花粉症などで必要以上の外出を控えているせいもあるのですが.

米沢ショッピングセンター(ジャスコ)が米沢ポポロに変わり,米沢ファミリー・デパートがサンホーユーを経て閉店・解体するとともに,平和通りの衰退はまことに厳しいものがあります.無料駐車場の確保など,打つ手はあったと思うのですが.
ついでに言えば,郊外型店舗の増加・中心市街の空洞化により,自動車を使わざるを得なくなってしまうことは環境に悪い,との論がありますが,これはおかしい.公共交通が不便な地方都市では,そもそも周辺の住宅地から中心市街に行くためには,便の悪いバスではなく自家用車を使うのが一般的でしたから.駐車場に空きができるのを路上で待つ自動車が多数存在した20年前と現在ではどちらが良いか?

なんだか,「散漫な」書込になってしまいました.
 

Re: 夜桜お七

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月11日(金)00時21分24秒
返信・引用
  > No.1642[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

> 右上画像の手形から推すに「小林完吾アナ~南京玉簾」市でしょうか(^^)

ご回答ありがとうございます。正解のようですね。
155や156もお分かりになるかと思いますが、いかがでしょうか?

追伸:桜、桜、花吹雪♪なお写真、ありがとうございます。
 

置賜花回廊

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月11日(金)00時17分59秒
返信・引用
  新地域文「置賜花回廊、桜花結光(おうかゆいこう)」を更新しましたのでお知らせ
いたします。2007年4月30日に、山形県置賜地方をめぐった記録です。米沢市街地散策
編と、置賜の桜をめぐる編に分けて記載しています。置賜地方の晩春の輝くような地域
をぜひご覧ください。

置賜花回廊、桜花結光
http://www.chiikibun.com/okitama/okitama.html

※2007年のフィールドワークの「地域文」化は、夏の関西・山陰等フィールドワーク
の作品化を優先したため、昨年4月分の作品化に1年ものブランクを空けてしまいまし
た・・・。この後は尾瀬の作品化の後、2007年秋以降の分へと作業を進めていく予定
です。
 

夜桜お七

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月 8日(火)13時45分52秒
返信・引用
  > No.1640[元記事へ]

▼リトルさん:
> 状況、ありがとうございました。

同じ足場から寝台特急「富士/はやぶさ」を撮影したものを「客車倶楽部」という
写真掲示板にて紹介しましたが(02月27日/多摩川橋梁)畿内を除く東海道線では
最後となるこのブルトレ、新聞報道によると来春廃止が内定したらしく、これから
週末の九時台は、近所の河川敷ともども「三脚組」で賑わいそうです。

> 家族サービスに行った「加茂川土手出雲路橋辺り」(撮影日4/5)です。

すっきり晴れていますね。当地も、この週末は快晴続きでしたが、何となく春霞が
掛かって、撮影する分には「もう一押し」という印象でした。画像は、千波湖畔の
夜桜の様子です。坂本冬実さんの名曲をBGMに御覧下さい。

▼YSKさん:
> イントロダクションクイズ#154

右上画像の手形から推すに「小林完吾アナ~南京玉簾」市でしょうか(^^)
 

Re: 本日は、花散らしの雨ですね…

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月 7日(月)21時52分34秒
返信・引用
  > No.1640[元記事へ]

リトルさんへのお返事です。

早速のメッセージとメールでのお写真のご送信ありがとうございました。
早速、「企画展示桜2008」の表紙に、加茂川の写真とともに掲載させて
いただきました。関東人の私にとって年度初めのこの時期なかなか関西方面
には行くことができませんで、たいへん貴重なお写真だと思います。

桜企画展は今後、できうる限り北へ向かって撮影を進めてまいります。

お話のとおり、当地でも時折雨が激しく降る天候です。本日、天皇皇后両陛下
の行幸啓があり、職場周辺はお出迎えの人々等でたいへん込み合っておりまし
た。そういった意味でもあいにくの天候となってしまいました。
 

本日は、花散らしの雨ですね…

 投稿者:リトルメール  投稿日:2008年 4月 7日(月)16時26分14秒
返信・引用
  >雑魚さま
状況、ありがとうございました。

>YSKさま
>添付のお写真を拙企画展のトップページに掲載~
→採用、光栄です。
使用されるなら、圧縮前のオリジナル画像が要るのでしょうか?
HPを持たない私にはわからないので、とりあえずメールにて送りました。御自由にどうぞ。

※調子に乗って続編投稿です。
体調不良を押して家族サービスに行った「加茂川土手出雲路橋辺り」(撮影日4/5)です。ユキヤナギも満開でした。

只今、遅目のお三時中…
リトル
 

桜企画展更新

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月 7日(月)00時32分10秒
返信・引用
  こんばんは、予告のとおり、5日・6日に撮影した桜の写真を、企画展示桜2008
のページに更新しました。

前項で書きましたとおり、ページにはイントロダクションクイズ#154~156の
正解市名がそのまま記載されていますので、注意の上ご覧ください。

企画展示桜2008
http://www.chiikibun.com/gallery/sakura2008/sakura2008.html
 

イントロダクションクイズ#154~156

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月 6日(日)08時33分43秒
返信・引用
  おはようございます。桜コメント・写真、たいへんありがとうございます。

さて、昨日(5日)は好天に恵まれたため、折りしも満開の桜写真収集も兼ねて
フィールドワークに出かけてまいりました。約1か月ぶりにイントロダクション
クイズを更新しましたので、チェックをお願いいたします。

イントロダクションクイズ#154
http://www.chiikibun.com/intro/154/shi154.html
イントロダクションクイズ#155
http://www.chiikibun.com/intro/155/shi155.html
イントロダクションクイズ#156
http://www.chiikibun.com/intro/156/shi156.html

※なお、この後徐々に更新予定の「企画展示桜2008」ではクイズ正解市が
ずばり掲載される予定ですので、クイズをお楽しみの方はご注意ください。
 

水戸の桜

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 4月 6日(日)00時55分24秒
返信・引用
  > No.1636[元記事へ]

▼リトルさん:
> あの撮影地、最近よくみかけますが、有名なのですか?

私も最近「開拓」したばかりなので、詳細は存じませんが、首都圏でかかる構図が
確保できるとなると、相応に有名なスポットと考えるべきでしょうね。

画像は、今週末の水戸の様子でございます。♪春が来た、春が来た、水戸に来た~
 
    (YSK) メッセージありがとうございます。千波湖周辺も桜が見頃の
ようですね。先週は桜の開花が早まった矢先に大風が吹いた
り雨が降ったりと桜が散ってしまうと思われた当地ですが、
その分気温が低かったなどの要素も加わりまして、この週末
まで桜が持ってくれているようです。
 

企画展示桜2008番外投稿編?

 投稿者:リトルメール  投稿日:2008年 4月 2日(水)19時10分46秒
返信・引用
  御無沙汰です。もう桜のシーズンですね。
私の周りでは花趣味と言える方は少ないので、久しぶりに遊びに来ました。
こちら「京都南部市街地の染井吉野」は今、平均的に「咲き始め~7分」という感じです。
画像は今朝の醍醐三宝院周辺の状況で、こちらも5~7分です。(画質・撮影技術等は参考程度に願います…)
※写真趣味では桜が主力になりますが、山野では私の好きなミツバツツジも頑張っています。

>雑魚さん
「踊り子号」編成が長いですね。さすが首都圏。
あの撮影地、最近よくみかけますが、有名なのですか?
いつも、色々と良い所で撮られていますね。
(被写体も、私の琴線に触れる懐かし車両が多いです)

以前は写真仲間の「京都の開花状況」を集計配信しておりましたが、今年は多忙であまりPCに向えません…(涙)
残業小休止中=リトル
 
    (YSK) メッセージそしてすてきな写真の添付ありがとうございます。
また、企画展をご覧頂きまして感謝いたします。春の関西方面
は桜もきれいなようで、行きたいと思っているのですが、年度
初めとなりますのでなかなか時間が作れません。そんな中、吉
野の桜を観に行ったことがありまして、その優美さにはたいへ
ん感動いたしましたね。
添付のお写真を拙企画展のトップページに掲載させていただけ
ればと思いますが、よろしいでしょうか。
 

遅ればせながら・・・

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月 1日(火)23時48分35秒
返信・引用
  イントロダクションクイズ#152・153の正答を更新しました。
ご回答を頂いた皆さん、たいへんありがとうございました。

#152「下田市」
http://www.chiikibun.com/intro/152/ans_shi152.html
#153「野田市」
http://www.chiikibun.com/intro/153/ans_shi153.html

年末年始特別編の正答まだだったですね・・・。どうしよう・・・。
 

北信越桜紀行2007

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 4月 1日(火)23時05分55秒
返信・引用
  地域文更新のお知らせです。昨年4月14日~15日に実施した長野・新潟・富山方面のフィールドワーク結果をまとめました。桜を追っての彷徨となりましたが、同時にたくさんのたおやかな町並みにも触れることができました。

北信越桜紀行2007
http://www.chiikibun.com/hokushin-estu07/hokushin-etsu07.html
 

企画展示桜2008掲載開始!

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 3月31日(月)01時09分12秒
返信・引用
  今年も桜の季節となりました。恒例の桜の企画展を本日スタートさせました。
身近な地域の桜を可能な限りご紹介してまいります。ご期待ください。
まずは、地元板倉町と明和町の桜をご紹介しています。

企画展示桜2008
http://www.chiikibun.com/gallery/sakura2008/sakura2008.html

※5月31日までの限定掲載です。
 

神戸メモリーズ・アンド・メロディーズ修正のお知らせ

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 3月30日(日)23時36分5秒
返信・引用
  こんばんは、相変わらず体力的にも精神的にも疲労が残る日々で、なかなかコメントを
お返しすることができず本当に申し訳ありません。コメントは興味深く拝見しておりま
す。
さて、先般拙ページ「神戸メモリーズ・アンド・メロディーズ」内記事において、記載
内容に的確でない部分が某ルートからの指摘により発覚いたしましたので、当該部分を
修正いたしました。「灘三郷」及び「灘五郷」の用語について、誤解の生じない範囲で
記載内容を修正したものです。ご指摘をいただきました皆様には心よりお礼申し上げま
す。

神戸メモリーズ・アンド・メロディーズ
III.灘三郷を歩く
(6)御影から魚崎へ ~酒処のアイデンティティに生きる~
http://www.chiikibun.com/kobe/3-nada/nada.html
 

浜離宮の写真

 投稿者:Hitosh  投稿日:2008年 3月18日(火)22時38分21秒
返信・引用
  浜離宮恩賜庭園の写真、拝見しました。
かつては将軍の別邸で、浜御殿と呼ばれていた所、
綺麗に撮れておりますね。

また、山陰の夏、拝見しました。
倉吉にも行かれたのですね。
あそこの赤瓦白壁土蔵はなかなかでした。

今回は、その手前の山陰道13番目の宿場青屋宿の
写真を貼付します。
ここも、良い町並みが残されておりました。

http://park10.wakwak.com/~hitosh/

 

ギャラリー更新/浜離宮恩賜庭園

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 3月18日(火)01時42分44秒
返信・引用
  お久しぶりです。最近は疲れることが多くて、なかなかコメントをお返しすること
ができず、ほんとうに申し訳ありません。

さて、15日に久しぶりに東京に出かけてきました。ギャラリーに浜離宮の春を特
集していますので、ぜひご覧ください。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html
 

川崎

 投稿者:スピカ  投稿日:2008年 3月 5日(水)22時44分17秒
返信・引用
  YSKさんこちらではお久しぶりです。大学受験の方の手が離せない状態が続きましたが、なんとか進路が決まりました。
そんな事もあって昨日・今日と“郵便局巡り”のために川崎に行ってきました。昨日は家を自転車で出て市内に入るまで約22キロを80分で走り、田島→大師→川崎→幸→新城→小杉、本日は小杉→梶ヶ谷→溝口→中の島→生田→柿生と都合川崎市内をフルに回った形です。
川崎と言えば臨海部のコンビナートのイメージが強いですが、JR南武線の沿線は“日本のシリコンバレー”と称され、向河原NECや溝口のKSP(かながわサイエンスパーク)等、内陸の先端工業の特徴がありました。
関東の諸都市・地域を歩く に於いて市街地の放置自転車について述べておられましたが、川崎市は道路行政に力を入れているようで、ある場所では車道と歩道の間にはっきりした自転車レーンを設けている点は他市にはないと思われます。昨日は至る所で道路を掘り返し、改良工事(の名の下の年度末の予算使い果たし?)をしていました。
内陸部においては清らな二ヶ領用水やそれを利用した果樹園、前述の様な先端施設と、魅力がありますので機会がありましたら是非お越し下さい。
 

更に川崎ネタ

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 3月 4日(火)13時09分52秒
返信・引用 編集済
  > No.1620[元記事へ]

▼YSKさん:
> お話のとおり当該地域がかなり早い段階から川崎市に合併していたことは、
> 川崎市の工業化と無縁ではないと思われます。

その当時から既に「産」「住」の機能分化が地域別に形成されつつあった、という
印象も受けますね。

画像は、先日の首都圏出張の際に寄り道した京急の六郷土手駅から、多摩川を挟み、
幸区方向を眺めたものです。東芝のビルがいかにも工都らしい雰囲気で、そちらの
紀行文にある「ソリッド・シティ」は、このすぐ裏手ですね。

首都圏で、これだけ開放的な構図で東海道線が撮れる所は、他には無いでしょうね。
来週末のダイヤ改正以降、東海道・山陽線系統で最後の「ブルトレ」となる「富士・
はやぶさ」も、新聞報道では余命一年との事ですから、画像にある河川敷の公園も、
来年度は「三脚組」が多数訪れるかも知れません。

この寄り道に前後して、蒲田と川崎、それぞれJR駅と京急駅の間を散歩しました。
前者は、全蓋式のアーケード商店街が印象的でしたね。午前中という事で、人出は
疎らでしたが、蒲田駅の周辺は、警邏の重点対象地区になる程の、城南地区有数の
繁華街だそうで、夜間は一変して活況を呈するのかも知れません。

後者は、間に商店街を擁する程の距離でもなく、さりとて一体的構造と言える程の
近接性も無い、微妙な位置関係の中、横浜ほどではないにしても、政令指定都市の
中心に相応しい、整然とした現代風の商業地区が形成されているという印象でした。

同じ京浜地区ネタとして「悠々人の日本写真紀行」掲示板で、横浜港界隈を夜景の
画像で綴る「ブルーライト・ヨコハマ」を連載中ですので、御笑覧下さい。
 

ご回答ありがとうございます

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 3月 4日(火)00時59分21秒
返信・引用
  今川焼さん、inakanomozartさん、早速のご回答ありがとうございます。
両問とも正答のようですね。

トップページにも書いておりますとおり現在「東京優景」を執筆中ですが、東京について
は知識がほとんど無く、発表できるような文章ができるか苦闘中です。
 

#153

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 3月 2日(日)13時40分13秒
返信・引用
  私も、この駅に降り立ったことがあります。
いつかは忘れてしまったのですが、15年ぐらい前でしょうか・・・
K社の生産物のにおいが町にただよっていたような記憶があります。
それにしても、ここの市民会館は一般的な市民会館という名でイメージするものとはちょいと違いますね。
 

イントロクイズ152・153

 投稿者:今川焼  投稿日:2008年 3月 2日(日)11時51分39秒
返信・引用
  ♯152
条約名になっている市といえば、ここと下関市くらいでしょうか。

♯153
30年くらい前、駅名につられてこの市の代表駅に降り立ったことがあります。
周囲はK社の工場地帯でびっくり。一つ隣のA駅前にはイトーヨーカドーの
大きな建物が見え、そのあたりが賑やかそうな感じでしたが、今地図を見ると
そこも更地になっているようで、この市の中心市街地ってどのあたりなんでしょう。
 

#152 と 鉤の手みち

 投稿者:inakanomozart  投稿日:2008年 3月 2日(日)11時34分9秒
返信・引用
  【#152】
この市の庁舎は、市の名前から想像すると考えられないくらい質素ですね。
なにしろラスパイレス指数が85という緊縮財政の状況ですから、とても庁舎に回す予算はないのかもしれません。
周辺地域との合併がスムーズにいかないのも、この市の財政状況に対する周辺の自治体の不安が大きく影響しているようです。

【鉤の手みち】
>旧城下町では、鉤の手状のクランクが見られるケースが多いですね。
駿府城下の番町地区(一番町~八番町、江戸期は南番町)の南東の端は、昔はすべて鉤の手になっていました。
かつてこの地区を走る路線バスは、幅員が今にもまして狭隘であったこともあり、クランク状の道路を抜けるために、特別仕様のバスを走らせていたという話も聞いたことがあります。
都市計画道路の貫通や戦災復興による区画整理でかなり変更されているとは言え、今でもかなり鉤の手状で残されています。
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.22.39.6N34.58.12.3&ZM=11
 

イントロダクションクイズ#153

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 3月 2日(日)00時13分36秒
返信・引用
  3月1日、某所でフィールドワークを実施しました。クイズに出題しておりますので、
ぜひご覧ください!

イントロダクションクイズ#153
http://www.chiikibun.com/intro/153/shi153.html

引き続き、#152のご回答もお待ちしております。

イントロダクションクイズ#152
http://www.chiikibun.com/intro/152/shi152.html
 

ギャラリー更新/河津桜

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月29日(金)23時16分56秒
返信・引用
  #152と同じ日に撮影した河津桜の写真をギャラリーに更新しました。2月に入って
も時折寒い陽気が続いていたためか、例年であれば満開の時期なのですが、海岸に近い
あたりはまだ花が開ききっていないようでした。それでも鮮やかな桜色は美しいですね。

J.R.E. Gallery
http://www.chiikibun.com/gallery/gallery.html

クイズのヒントになりますでしょうか?
 

イントロダクションクイズ#152

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月25日(月)06時23分18秒
返信・引用 編集済
  土曜日にフィールドワークを行いました。風が強く時折通り雨が降る天気でしたが、
春の地域歩きができたなと思っております。

イントロダクションクイズを一問更新しましたので、ご覧ください!

イントロダクションクイズ#152
http://www.chiikibun.com/intro/152/shi152.html
 

Re: 川崎市雑考

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月25日(月)06時20分46秒
返信・引用
  > No.1618[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

メッセージありがとうございます。

> 資料を改めると、工都としての川崎の歴史は、昭和初期、南武線沿線における
> 事業所群の設置を嚆矢とする様ですね。一方、戦後人口が急速に増大したのは、
> 1927年に渋谷と鉄道で結ばれた、現在の中原・高津両区界隈が、東京のベッド・
> タウンとして好感された為だそうです(当時、溝ノ口に到達したのは路面電車
> 規格の「玉電」で、一般規格である大井町線に改良・編入されたのは 1943年)
> 意外やこの辺り、1930年代には早々に川崎市に合流しているのですね。

詳細なデータのご提示ありがとうございます。有数の工業都市であることは高度
成長期も、現在でも変わりがないと思うのですが、公害が大きな社会問題となっ
た時期から年月が過ぎ、現在の川崎市街地を歩いてもそうした地域性を感じる部
分はかなり少なくなったのではないでしょうか、工業都市川崎を感じるためには、
相当臨海部に近づかなければならないのかもしれません。

川崎市の人口増の相当部分を吸収した郊外地域については、横浜市のそれと同様、
ご指摘のとおりであると思います。地域文タイトルを「川崎市街地」としている
のは、今後郊外地域にもスポットをあてる構想があるためで、川崎市全体も概観
しつつ、今回はあくまで川崎市街地をメインとする視点で文章を書いております。
とはいえ、お話のとおり当該地域がかなり早い段階から川崎市に合併していたこ
とは、川崎市の工業化と無縁ではないと思われます。東京の副都心に向かう路線
網の変遷や郊外都市化などを見据えながら、川崎市から横浜市にかけての郊外地
域の取材もしてみたいなと思っている今日この頃です。
 

浦安編

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月25日(月)06時09分55秒
返信・引用
  2007年4月1日、まさに桜満開の下で行った浦安フィールドワークの結果を
更新しました。急激な変遷を経た地域の姿を見つめています。

関東の諸都市・地域を歩く
#34 浦安散策 ~首都圏に隣接した地域の今昔~
http://www.chiikibun.com/kanto/34-urayasu/urayasu.html
 

川崎市雑考

 投稿者:雑魚  投稿日:2008年 2月23日(土)13時48分37秒
返信・引用
  > No.1617[元記事へ]

▼YSKさん:
> 2007年 3月26日にフィールドワークを実施した川崎市街地について、地域文
> シリーズ「関東の諸都市・地域を歩く」に更新しました。ぜひご覧ください

資料を改めると、工都としての川崎の歴史は、昭和初期、南武線沿線における
事業所群の設置を嚆矢とする様ですね。一方、戦後人口が急速に増大したのは、
1927年に渋谷と鉄道で結ばれた、現在の中原・高津両区界隈が、東京のベッド・
タウンとして好感された為だそうです(当時、溝ノ口に到達したのは路面電車
規格の「玉電」で、一般規格である大井町線に改良・編入されたのは 1943年)
意外やこの辺り、1930年代には早々に川崎市に合流しているのですね。

在京時代の一時期、東急の沿線に潜伏していた私にとって「川崎市」と言えば、
武蔵小杉や溝の口が身近な存在でした。このうち前者については、2009年度の
開業予定で、近くを通過する横須賀線にて新駅建設工事が進捗中で、開業後は、
JR・京急を合わせた川崎駅の乗降実績と同等以上の乗降も見込まれ、かかる
一大拠点駅の整備に、特に新興勢力間の競争が激しいと聞く田園都市線沿線を
含めた川崎市全域の商業集積性にも、某かの影響があるものと想像します。

十八番の旧学制ネタを持ち出すと、県立川崎高校の前身である旧制川崎中学は、
やはり工都として知られる茨城県日立市の旧制日立中学(現日立一高)と同じ
1927年の創立で、何か符合性を感じます。
 

川崎市街地

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月18日(月)01時39分3秒
返信・引用
  更新情報です。2007年3月26日にフィールドワークを実施した川崎市街地について、
地域文シリーズ「関東の諸都市・地域を歩く」に更新しました。ぜひご覧ください!

関東の諸都市・地域を歩く
#33 川崎市街地を歩く ~歴史と輝きに満ちた工業都市~
http://www.chiikibun.com/kanto/33-kawasaki/kawasaki.html

2007年分の地域文整理作業はまだまだ続きます・・・。
 

Re: 憧憬と溜飲の会津

 投稿者:YSK  投稿日:2008年 2月17日(日)00時32分56秒
返信・引用
  > No.1613[元記事へ]

雑魚さんへのお返事です。

地域文「会津若松、早春光明」にからめた興味深いお話、ありがとうございます。
雑魚さんをはじめ、ご家族の皆様の健康状態はその後いかがでしょうか?降雪が多く例年に無く厳しい寒さが続いておりますので、どうかご自愛くださいね。


> 鶴ヶ城の天守から北西方向を俯瞰した画像において、彼方に見える山並みは、飯豊
> 連峰でしょうか。

おそらく飯豊連峰だと思われます。なにせ撮影がほぼ1年前なので・・・(汗)飯豊連峰といいますと、山頂の飯豊山神社の参道となっている山道のみ福島県境が割って入っていることが先日テレビで紹介されていました。

> 都市防衛の観点に基き、鉤の手状に構成された「札の辻」が紹介されていましたが、
> 市街を縦貫する国道118号線は、気がつけば 会津若松駅付近のクランクも解消され、
> 市街の東側および西側郊外を縦貫する南北道路の整備により、通り抜け易くなった
> 印象を受けます

旧城下町では、鉤の手状のクランクが見られるケースが多いですね。そうでない場合でも道を意図的にカーブにして、中心部が見通しにくいようにしているなどの構造が見られる地域もあります。自動車交通中心の交通体系にシフトするにつれて、交通渋滞を引き起こす要因となりやすいこうした街路はしばしば改修されますが、地域の歴史を今に伝える事物としての意味合いもあるようなので、十分な配慮が必要な場合もあるのかもしれませんね。
 

レンタル掲示板
/12