teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日から、フリーのブログになります。

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2017年 1月17日(火)11時20分4秒
  今までは「情報提供掲示板」としていましたが、あまり活用されていない(していない?)ので、これからは誰でも書き込めるフリーのブログにいたします。
不登校やひきこもりについてはもちろんのこと、社会問題や健康問題など、ご自分が考えていることなどがありましたら、自由に書き込んでください。
ただし、個人や団体の誹謗中傷等、不適切だと思われる時には削除させていただきますので、ご了承ください。
 
 

★不登校カフェ&不登校フォーラムのご案内

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2017年 1月 6日(金)09時30分22秒
  北海道フリースクール等ネットワークでは、毎年三回ほど「不登校相談会」を開催しています。
この相談会は、道内のフリースクールや親の会の関係者が相談に乗るという形式が多いのですが、今回は「カフェ形式」を計画しています。
気軽にご参加ください。

★不登校カフェ&不登校フォーラム
・日時:2017年2月11日(土)11:00-14:30
 11:00-12:30 不登校カフェ
 13:00-14:30 不登校フォーラム
          「わが子が不登校で教えてくれたこと」
          講師:野村俊幸(函館アカシア会)
・場所:かでる27 1070会議室
・事前申し込み不要・参加費無料

今回は相談会ではなく、お茶とお菓子を置いて、親の会のメンバーやフリースクールのスタッフを交えて、ゆったりおしゃべりをする「カフェ形式」を計画してみました
?

http://letter-post.com/

 

教育フォーラムのご案内

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2016年 1月28日(木)09時05分36秒
  北海道フリースクール等ネットワーク主催教育フォーラム
「子どもの居場所のつくりかた」

子どもを支援する様々な団体をゲストに迎え、
子どもの居場所づくりのヒントや課題を探ります!

詳細はホームページをご覧ください。
http://www.sapporo-jg.com/free-school/information/2016/01/20-150517.php

http://letter-post.com/

 

ひきこもりにとって「就労」とは何か

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2016年 1月14日(木)16時50分16秒
  レター・ポスト・フレンド相談ネットワークでは、年齢の壁や履歴の空白などで不安に陥りやすい中高年ひきこもり当事者が、勇気を持って社会への一歩を踏み出していく土壌をつくりあげていくためのセッションを下記のとおり開催します。
当日は参加者との相互対話(オープン・ダイアローグ)を重視したフューチャーセッションで実施します。

日時:2016年1月17日(日)13:00~17:00
場所:北農健保会館 大会議室
参加費:500円
対象者:ひきこもり当事者経験者と家族、ひきこもりに関心のある一般の方
定員:70名

詳しくは http://letter-post.com/ でご確認ください

http://letter-post.com/

 

発達障害と高校教育・インクルーシブ教育の現状を考える会-語り合う発達障害児の環境と自立の道

 投稿者:ひだまりG3  投稿日:2016年 1月12日(火)11時59分14秒
  ★事前申込不要、参加費無料
★開催日時:2016年1月24日(日)13:30~17:00
★会場  :ちえりあ 【札幌市生涯学習センター】大研修室
      札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10
      <地下鉄東西線宮の沢駅直結通路 徒歩 約5分>
      <駐車場:西友宮の沢店駐車場と共用>
       ・駐車場は2時間まで無料です。以降30分ごとに100円かかります。

希望をもって高校生活を送るために

今回は、和歌山県精神保健福祉センター所長の小野善郎先生にお越しいただき、発達障害を抱えていると言われている子どもたちの昨今の教育事情を聞かせていただきます。
 また、事前・当日に寄せられた質問や疑問、悩みなどについて北星余市でのいわゆる「インクルーシブ教育」「発達障害と高校教育」の具体的取り組みを紹介したり、昨年まで特別支援学校で校長をされていた矢野先生、親の会の立場で奮闘されている上田さん、社会福祉法人麦の子会で子どもたちと向き合う北川先生とともに考え、教育事情のヒントや情報などが双方向で得られるような機会にしたいと思っています。
発達障害を抱えたお子さん、その保護者、教育・福祉の関係者の方達にお越しいただき、ともに考える時間をもたせていただきたいと感がています。

こんな方に来ていただきたいです。
「発達障害を抱えている子は特別支援学校しかないのだろうか」
「中学卒業後の進路はどうしよう」
「普通科の高校に進学させたいが、これまでの学校生活を考えたらとても不安」
・・・そんなお子さん、保護者の方に。

「障害を抱えた子が生き生きと10代後半を過ごすヒントは?」
「インクルーシブ教育のあり方って?」
・・・そんな問いをお持ちの教育・福祉関係者のみなさまに。

★プログラム 13:15~       受付開始
       13:30~13:45  はじめに・ご挨拶
       13:45~14:45  話題提供:小野善郎先生
             「発達障害を抱えた子どもの高校進学とそこで求められる教育について」
       14:45~15:00  公開トーク①(全体)
                    ゲスト&スピーカー
                    小野善郎(和歌山県精神保健福祉センター所長)
                    安河内敏(北星学園余市高等学校校長)
                    北川聡子(社会福祉法人麦の子会総合施設長)
                    上田マリ子(北海道自閉症協会会長)
                    矢野潤(卒業生保護者、
                        元特別支援学校長<2015年3月退職>
                        NPO法人アフタースクール運営会副理事長)
       16:15~16:45  公開トーク②(全体またはテーブルわけ)
                    個別トーク(北星余市教育・進路相談)
当日に話したい聞きたいテーマ募集いたします!

北星余市、小野先生、麦の子会、会場の皆さんに聞いてみたいことがあれば、おしらせください。
質問は当日も受け付けますが、事前にお寄せいただければより良い回答の準備もでき幸いです。
当日都合により参加できない方の応募でも結構です。
公開トークで話し合った内容は北星余市のHPでご報告いたします!

1.tanaka@hokusei-y-h.ed.jp までメール
2.PDFチラシをダウンロード、記入後、本校までFAX(0135-22-6097:鏡文不要、そのまま流してください)
3.PDFチラシをダウンロード、記入後、ご郵送(〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町19丁目2-1)
4.本校Facebookページ内本イベントのコメント欄に投稿

【主催】 北星学園余市高等学校 / 社会福祉法人麦の子会
【後援】 余市町 / 余市町教育委員会
 

全道のつどいのお知らせ

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 9月27日(日)07時57分23秒
編集済
  第16回不登校・登校拒否を考える「全道のつどい」

日時 2015年10月3日(土)4日(日)
会場 札幌エルプラザ  4階大研修室他
   (札幌市北区北8条西3丁目JR札幌駅北口徒歩2分)
参加費 1,000円  学生・青年は無料
    申込み不要 直接会場にお越しください

メインプログラム
[3日]
 14時~  受付
 14時30分~ おしゃべり交流会&夕食交流会
      (交流会 18時~ 会場「播」北8条1丁目)

[4日]
 9時30分~受付
 10時~  講演「今、あらためて不登校を考える
          発達障害という視点から関わりの選択肢を広げる」
       講師 加藤弘通さん  (北海道大学大学院教育学研究院 准教授)


13時~ テーマ交流会
     家庭では?再スタートをどうする?みんなはどう思う?
     色んなテーマで語りましょう

全道のつどいは、安心して語りあい、不安や悩みを分かち合い
そして支え合う仲間と出会える交流の場です。
ご家族の皆さん、青年・学生の皆さん、教員の皆さん、
支援機関の皆さんどなたでも参加できます。
多くの方のご参加をお待ちしています。
 

第2回不登校相談会&シンポジウム

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 9月13日(日)15時30分0秒
  第2回不登校相談会&シンポジウム

□日時 9月20日(日) 13:00~13:50 シンポジウム
               14:00~16:00 相談会
□場所 ちえりあ研修室5・6(札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10)
□参加申込み不要・費用無料
□参加団体 札幌市内・近郊のフリースクール、不登校の親の会
□後援  北海道教育委員会、札幌市教育委員会など
□お問い合わせ 北海道フリースクール等ネットワーク(担当:高村)
  Tel 011-743-1267 Fax 011-743-1268 E-mail fs_net@voice.ocn.ne.jp
 

不登校相談会の開催について

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 7月22日(水)08時35分49秒
  毎年、札幌近辺のフリースクールと親の会が協力して開催される「不登校相談会」が、下記のとおり開催されます。
不登校のことで悩んだり、フリースクールや親の会の情報を知りたい方は、ぜひお越し下さい。
ちなみにこの日は、未来の会からは私「たんぽぽ」が出席します。

日 時:2015年8月2日(日)13:30-15:30
会 場:かでる2・7 1040会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
参加費:無料
参加団体:札幌市内・近郊のフリースクールや親の会
後援予定:北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、北海道新聞社、朝日新聞社北海道支社、毎日新聞社北海道支社、読売新聞社北海道支社

お問合せ:北海道フリースクール等ネットワーク事務局 tel011-743-1267(札幌自由が丘学園内)
 

講演会のお知らせ

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2015年 7月10日(金)11時44分16秒
  【広木克行先生の子育てに役立つ話】

□日時 7月28日(火)午後1時~2時30分
□会場 北斗市立浜分小学校体育館(上履き持参)
□演題 「今 子どもたちに起きていること~子どもの心を理解するために」
□講師  広木克行先生(神戸大学名誉教授 不登校・登校拒否を考える会相談員)
□参加費 500円
□主催 第62回北海道作文教育研究 渡島・函館大会実行委員会
□問合せ・申込み 函館市立南本通小学校(?0138-55-1281) 白戸礼美子教諭
 

「イイトコサガシ」体験講座第2弾

 投稿者:たんぽぽ  投稿日:2014年10月27日(月)09時07分16秒
  「イイトコサガシ」体験講座第2弾

□日時  2014年11月6日(木)10時~15時
□会場  函館市総合福祉センター「あいよる」(若松町33-6)
□内容  自分の可能性を開花させるためのコミュニケーション実践講座
      「ミニ講演&質疑応答&ワークショップ」
     10時~12時:1階会議室
     13時~15時:4階会議室

  ※午前・午後とも概ね同じプログラムですので、ご都合の良い方にご参加ください。
   午後の部終了後、希望者で懇談会を開催します。

  ※「イイトコサガシ」は楽しくコミュニケーションを試行錯誤する
   約60パターンの体験型プログラムを用意しています。
   今回は、その中のいくつかのプログラムについて、参加を希望する方が
   7~8人のグループになり、横山さんと一緒に実演してもらう講座です。
   発達障害の方はもちろんですが、そうでない方にも、
   ご家族や相談支援に関わる方にとっても、コミュニケーションのスキルアップに役に立つプログラムです。
   実演には参加しないで見学するだけもOKですので、お気軽にご参加ください。

□ファシリテータ 横山小夜子さん(発達障害当事者会「イイトコサガシ」会員
          1960年福岡生まれ、子どものころから生きづらさを感じていた。
          大学農学部を卒業後様々な職業を経験、
          婚約解消などの辛い体験を乗り越え、小学校の同級生と再会し結婚、
          長女を出産するも先天性定性白血病で早逝。
          現在25歳の長男は大学院生で2回うつ病を発症、
          22歳の次男は3回不登校を体験、大学を卒業し就労中。
          フリースクール運営時に自閉症の子どもと出会い、勉強するうちに
         「自分も?」と感じて精神科を受診、
          2008年にアスペルガー障害の診断を受ける。
        「イイトコサガシ」など発達障害当事者の活動に参加するほか
          プレイパーク活動や子ども劇場活動などに関わってきた。

□主催  登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会 道南ひきこもり家族交流会「あさがお」
(連絡先)野村携帯:090-6261-6984 メール:tnomura@sea.ncv.ne.jp FAX:0138-57-3041

□後援  北海道発達障害者支援センターあおいそら  一般社団法人函館国際交流センター
     函館圏フリースクール すまいる 昴の会~不登校をともに考える会
     自閉症スペクトラム当事者の会 よせなべ
 

レンタル掲示板
/18