teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 関東地区研究会開催場所について【改訂版】

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月22日(金)16時31分46秒
返信・引用
  【関東地区研究会開催場所について】
> > > > 関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。
> > > >
> > > > 日程: 平成29年9月22日(金)
> > > > 時間: 18:00~21:00
> > > > 会場: 青山学院大学青山キャンパス
> > > > 教室は4号館2階420教室
> > > > お間違いのないようにお願いします。
> > > >
> > > 日時が10月になっていますが9月の間違いでは?
> > ご指摘ありがとうございます。10月ではなく9月でございます。申し訳ございません。
 
 

Re: 関東地区研究会開催場所について【改訂版】

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月22日(金)16時31分12秒
返信・引用
  事務局さんへのお返事です。

> 淺沼    伸さんへのお返事です。
>
> > 事務局さんへのお返事です。
> >
> > > 【関東地区研究会開催場所について】
> > > 関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。
> > >
> > > 日程: 平成29年9月22日(金)
> > > 時間: 18:00~21:00
> > > 会場: 青山学院大学青山キャンパス
> > > 教室は4号館2階420教室
> > > お間違いのないようにお願いします。
> > >
> > 日時が10月になっていますが9月の間違いでは?
> ご指摘ありがとうございます。10月ではなく9月でございます。申し訳ございません。
 

Re: 関東地区研究会開催場所について

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月22日(金)16時27分55秒
返信・引用 編集済
  淺沼    伸さんへのお返事です。

> 事務局さんへのお返事です。
>
> > 【関東地区研究会開催場所について】
> > 関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。
> >
> > 日程: 平成29年9月22日(金)
> > 時間: 18:00~21:00
> > 会場: 青山学院大学青山キャンパス
> > 教室は4号館2階420教室
> > お間違いのないようにお願いします。
> >
> 日時が10月になっていますが9月の間違いでは?
ご指摘ありがとうございます。10月ではなく9月でございます。申し訳ございません。
 

Re: 関東地区研究会開催場所について

 投稿者:淺沼 伸  投稿日:2017年 9月22日(金)16時12分19秒
返信・引用
  事務局さんへのお返事です。

> 【関東地区研究会開催場所について】
> 関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。
>
> 日程: 平成29年10月22日(金)
> 時間: 18:00~21:00
> 会場: 青山学院大学青山キャンパス
> 教室は4号館2階420教室
> お間違いのないようにお願いします。
>
日時が10月になっていますが9月の間違いでは?
 

Re: 関東地区研究会開催場所について

 投稿者:淺沼 伸  投稿日:2017年 9月22日(金)16時09分48秒
返信・引用
  事務局さんへのお返事です。

> 【関東地区研究会開催場所について】
> 関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。
>
> 日程: 平成29年10月22日(金)
> 時間: 18:00~21:00
> 会場: 青山学院大学青山キャンパス
> 教室は4号館2階420教室
> お間違いのないようにお願いします。
>
 

関東地区研究会開催場所について

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月20日(水)19時20分43秒
返信・引用
  【関東地区研究会開催場所について】
関東地区研究会の教室が決定致しましたので、ご連絡させて頂きます。

日程: 平成29年10月22日(金)
時間: 18:00~21:00
会場: 青山学院大学青山キャンパス
教室は4号館2階420教室
お間違いのないようにお願いします。
 

平成29年度第5回関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 9月15日(金)19時32分18秒
返信・引用
  【平成29年度第5回関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会】

?
日程: 平成29年9月22日(金)

?
時間:?18:00~21:00
?
学生スタッフ、専門家からの情報提供があります。

会場: 青山学院大学青山キャンパスです。
??教室が未定のため、決まり次第掲示板、Facebookにて改めてお知らせしますので、確認の方をよろしくお願い致します。
(JR渋谷駅下車徒歩10分、東京メトロ表参道駅下車徒歩5分)
?
参加費: 一般 500円 / 学生 200円 / 青学生 無料
?
懇親会: 希望者のみあり
(懇親会の費用は、別途で当日徴収致します)
?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(JR渋谷駅下車徒歩10分、東京メトロ表参道駅下車徒歩5分)
?
参加費: 一般 500円 / 学生 200円 / 青学生 無料
?
懇親会: 希望者のみあり
(懇親会の費用は、別途で当日徴収致します)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

2017年度 第15回 東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 7月27日(木)17時24分39秒
返信・引用
  2017年度
第15回 東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

報告者: 佐藤輝一 三上駿祐 折茂紗英 坂元昂平

 第15回東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、2017年6月26日19時00分より東海大学15号館4階第1会議室にて開催されました。参加者は、高校ハンドボール選手、高校野球選手、高校ハンドボール指導者、高校陸上競技選手、中学卓球指導者、中学硬式野球指導者、中学校教師、中学バスケットボール指導者、中学硬式テニス指導者、中学野球指導者、高校バスケットボール指導者、高校野球指導者、中学サッカー指導者、中学ソフトボール指導者、一般参加者など40名とスポーツサポート研究会メンタルトレーニング部門サポートスタッフ31名の合計71名でした。

 はじめに、高妻先生より挨拶があり、研究会の主旨について「ここでは、スポーツにおける競技力向上を目的としたメンタル面強化の勉強会・情報交換会です。たとえば、先週紹介した話題を現場でどう応用して、どのような成果があったのかなどを報告してもらう情報交換の場です。」と説明がありました。次に、参加者の方による自己紹介・情報交換が行われました。その後、学生スタッフと専門家からの話題提供があり、その内容は下記の通りです。

話題提供Ⅰ:学生スタッフからの情報提供
 ここでは、東海大学スポーツサポート研究会:メンタルトレーニング部門学部4年の三上佳祐から、「練習の質」という内容で、情報提供がありました。
 はじめに、「今年の夏の目標は何ですか?」という質問がありました。夏休みの期間は学校がないため、練習時間が長く確保できることや、合宿や練習試合が多いということから「夏休みは競技に向き合える時間が多くなるので、成長するチャンスも増えます」という話がありました。つまり、夏休みは成長するためのチャンスがあるということでした。
その後、「練習の質を向上させるために何か工夫している事はありますか?」という質問がありました。ここでは、メンタルトレーニングの目的、基本的な8つの心理的スキルの紹介があり、メンタルトレーニングを学び、実践することが、練習の質の向上につながるという説明がありました。
 また、練習の質の向上のためには、練習日誌を用いて日々の出来事を書き残すことが重要であると説明がありました。ここでは、エビングハウスの忘却曲線の理論が紹介され、人間が忘れやすい生き物だという説明があり、人間は記憶することや、覚えるためには、書くことが重要であると説明がありました。練習日誌には、自分の考えや、調子を書くことによってデータベースになることや目標への道筋が明確なること、イメージトレーニングの効果があると説明がありました。
 次に、「練習日誌を継続するための何か工夫はありますか? 継続できない理由はありますか?」という質問がありました。練習日誌は自分が成長する、上手くなるために書くという目的を知ることが重要であると説明がありました。また、練習日誌は自分が成長するためのツールであり、自分だけの練習日誌を作成することで練習日誌の継続につながるという紹介がありました。
 最後に、情報提供者から「練習日誌もメンタルトレーニングも継続して、練習の質の向上につなげよう」という言葉で情報提供が締めくくられました。

話題提供Ⅱ:スポーツメンタルトレーニング上級指導士からの情報提供
 ここでは、スポーツメンタルトレーニング上級指導士から「ISSP 国際スポーツ心理学会 研修報告」というテーマで話題提供がありました。
 はじめに、写真を用いた学会の様子の紹介がありました。そこで、オープニング、ポスター発表、キーノート、口頭発表(シンガポールでの初めての金メダル、オーストラリアの水泳競技のメダル、スウェーデンのオリンピックサポート、パラリンピック選手へのサポート)についての紹介がありました。
 次に、資料を用いて報告会の内容に関する紹介がありました。その中で、キーノートレクチャーでは、教育に対する戦いから子供のスポーツの可能性とは何かという説明がされました。そこでは、選手、コーチ、保護者の関係性が重要であると説明がありました。また、メンタルトレーニングでは、最初に、選手、コーチ、保護者のそれぞれに対するメンタルトレーニングの講習会を行うことが必要であると説明がありました。そして、大学の研究として、サッカーのミニゲームで指導者が褒めた場合、怒る場合、黙る場合の違いについての研究の紹介がありました。そこでは、指導者が怒ることにより選手の運動量が減り、指導者が褒めると運動量が持続され、指導者が黙っていると褒めるより運動量が少し下がるという結果があるという説明がありました。この国際学会でも全く同じような研究の報告がありましたという説明でした。
 次に、「皆さんのスポーツでは、どのような道具に関する問題がありますか?」という質問がありました。ここでは、リオオリンピックにおいては、移動や施設の環境での不満点がありましたが、それに対する対策を持つことが大切であると説明がありました。また、待ち時間の過ごし方についても問題視されており、そのためにシュミレーショントレーニングして、待ち時間を有効に使い、試合に対する心理的準備をすることが重要であるという説明がありました。
 さらに、情報提供者から、「あなたのチームでどんな目標を持っていますか? それをどのように決めましたか?」という質問がありました。ここでは、メンタルトレーニングでは、初めに監督・選手がそれぞれ個人の目標設定をし、その後、選手達だけでミーティングをし、チームの目標を決め、次に監督が書いた目標設定用紙をコピーして配布し、監督と選手たちのギャップを確認し、監督も交えて本音でミーティングをし、みんなの共通理解と意思統一をすることが大切であるという説明がありました。
 そして、情報提供者から、「あなたは負けず嫌いですか? あなたのチームはどうですか?」という質問がありました。加えて、「なぜ、負けず嫌いの選手ほどトップレベルの選手が多いと思いますか?」という質問がありました。ここでは、試合で上手くなりたい、強くなりたい、試合で勝ちたいという気持ちが負けず嫌いの選手になり、練習の質を高めて、試合で勝利の可能性を高めることが出来るという説明がありました。
 また、世界各国の様々な種目の代表チームに対する心理的サポートの実施例についての紹介がありました。最後に、この学会から世界に比べて日本のメンタルトレーニングの遅れが大きく理解できたため、東京オリンピックに向けての普及や努力が必要であると感じましたというコメントがあり、情報提供が締めくくられました。

お知らせ
①東海大学では、毎週月曜日に東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会を開催しています。場所は15号館4階第1会議室です。次回の開催は、2017年9月25日(月)19:30~21:30に開催されます。詳細はHPをご覧ください。

②メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会サッカー専門分科会は、2017年9月26日(火)19:30~21:00に開催されます。内容は「ジャッジ」となります。場所は東海大学湘南キャンパス15号館4階第2会議室になります。

※試合の結果や内容など、掲示板への書き込みをお待ちしております。

③関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、次回2017年7月28日(金)18:00~21:00に開催されます。会場は、青山学院大学青山キャンパスになります。(JR渋谷駅下車徒歩10分 地下鉄表参道駅下車徒歩5分)
使用する教室につきましては未定ですので、確定次第、掲示板などで報告致します。



※また試合の結果や内容など、掲示板への書き込みをお待ちしております。
 

2017年度 第14回 東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 7月24日(月)11時12分4秒
返信・引用
  2017年度
第14回 東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会

報告者: 小林聖平 長田梨恵子 長谷川義紘 光井宏旭 黒岩莉咲子

 第14回東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、2017年7月10日19時30分より東海大学15号館4階第1会議室にて開催されました。参加者は、小学バスケットボール指導者、中学サッカー部指導者、中学硬式テニス部指導者、中学教員、中学バスケットボール指導者、中学野球審判、高校野球選手、高校野球保護者、高校野球指導者、高校軟式野球部指導者、高校バトミントン部指導者、高校バスケットボール選手、高校バスケットボール指導者、大学剣道選手、大学陸上選手、大学ラクロス選手、レーサー、一般男性、栄養士、鍼灸あんまマッサージ師、など63名とスポーツサポート研究会:メンタルトレーニング部門サポートスタッフ41名の合計104名の参加でした。今回は、高妻先生不在の為、宍戸先生が司会進行を行いました。

 はじめに、宍戸先生より挨拶があり、研究会の主旨について「ここでは、スポーツにおける競技力向上を目的としたメンタル面強化の勉強会・情報交換会です。たとえば、先週紹介した話題を現場でどう応用して、どのような成果があったのかなどを報告してもらう情報交換の場です。」と説明がありました。次に、参加者の方による自己紹介・情報交換が行われました。その後、学生スタッフと専門家からの話題提供があり、その内容は下記の通りです。

話題提供Ⅰ:参加者からの情報提供
 はじめに、参加者である高校女子バスケットボール部指導者から提供されたリラクセーション&サイキングアップの映像をもとに情報交換が行われました。映像を見たのち、参加者から身体的ウォーミングアップ中にハイタッチを取り入れており、ポイントは手を高く挙げて肘を伸ばすことで、練習を笑顔で取り組めているという意見が挙がり、宍戸先生よりハイタッチについての情報提供が行われました。具体的には、ハイタッチを行う際に、低い位置ではなくできるだけ高く手を挙げてハイタッチを行うことで気持ちが盛り上がるという説明が実技を通して行われました。続いて、参加者からプラス思考のトレーニングをするために、褒め合うパートナーワークを工夫しているという意見が挙がり、宍戸先生からプラス思考の情報提供が行われました。ここでは、練習前にポジティブなコミュニケーションをとることで、練習中にもスムーズにコミュニケーションをとることができるという説明がありました。つぎに、参加者からイメージトレーニングを行う際に、すぐにプレーの動作を行うことでより鮮明にイメージができるのではないかという意見が挙がり、宍戸先生からイメージトレーニングを行う際のポイントについての情報提供がありました。具体的には、イメージをする際に胸を張って上を向いた姿勢にすることでポジティブなイメージをしやすくなるという説明がありました。
 最後に、リラクセーション&サイキングアップはトレーニングのため、繰り返し行うことが大切であるという話で情報提供が締めくくられました。

話題提供Ⅱ:学生からの情報提供
 ここでは、東海大学スポーツサポート研究会:メンタルトレーニング大学院1年の石川智貴から、「成功を定義しよう」というテーマで、情報提供がありました。
 はじめに、「あなたのスポーツの最終目標はなんですか?」「あなたにとってスポーツの成長とはなんですか?」というテーマでディスカッションが行われました。
その後、情報提供者より成功という言葉の意味について説明がありました。ここでは、辞書的な意味や、プロバスケットボール指導者の考える成功の意味について紹介がありました。具体的には、結果を求めることも必要だが、結果を求めるプロセスも大切だという説明がありました。
 次に、「今の目標を達成させるために全身全霊で取り組めますか?その理由はなぜですか?」というディスカッションが行われました。次に情報提供者から、目的と手段についての説明があり、「あなたの、スポーツの最終目標は最高の人生にするための目的ですか?手段ですか?」というテーマでディスカッションが行われました。その後、情報提供者から目的を探すためにどうすればいいのか映像を用いて説明があり、そこから「あなたは自分に何を望んでいるのですか?」というテーマでディスカッションが行われました。そして、その目的を達成させるために手段が必要になり、目標のためのプロセス目標を立て実行することが大切だという説明がありました。
 続いて、自分の人生の目的があり、それを達成するための手段があるという説明がありました。そして、目標のためのプロセス目標を立て実行することが成功につながるという説明がありました。最後に「あなたにとってスポーツの成功とは何ですか?」、「あなたにとって人生の成功とは何ですか?」という質問が会場に投げかけられ、情報提供が締めくくられました。

お知らせ
・東海大学では、毎週月曜日に東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会を開催しています。場所は15号館4階第1会議室です。次回の開催は、2017年9月25日(月)になります。時間は19:30~21:30です。是非ご参加ください。詳細はHPをご覧ください。

・メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会サッカー専門分科会は、2017年9月26日(火)19:30~21:00に開催されます。内容はジャッジになります。
場所は東海大学湘南キャンパス15号館4階第2会議室になります。
※試合の結果や内容など、掲示板への書き込みをお待ちしております。

・関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会は、次回2017年7月28日(金)18:00~21:00に開催されます。会場は、青山学院大学青山キャンパスになります。(JR渋谷駅下車徒歩10分 地下鉄表参道駅下車徒歩5分)
教室は、4号館420教室にて行われます。

各研究会や講習会についての詳しい情報は、HPの掲示板・Facebook(「東海大学メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会」で検索)などで確認してください。

※ また試合の結果や内容など、掲示板への書き込みをお待ちしております。
 

平成29年度第4回関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会】

 投稿者:事務局  投稿日:2017年 7月22日(土)19時50分12秒
返信・引用
  【平成29年度第4回関東地区メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会】


日程: 平成29年7月28日(金)


時間: 18:00~21:00

東海大学学生、専門家からの情報提供があります。

会場: 青山学院大学青山キャンパス、教室は4号館2階420教室です。
お間違いのないようにお願いします。

本研究会の8月の開催はありません。次回は、9月22日(金)に青山学院大学での開催を予定しております。詳細につきましては、決定次第ご連絡させて頂きます。

(JR渋谷駅下車徒歩10分、東京メトロ表参道駅下車徒歩5分)

参加費: 一般 500円 / 学生 200円 / 青学生 無料

懇親会: 希望者のみあり
(懇親会の費用は、別途で当日徴収致します)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

レンタル掲示板
/91