teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


エンジン関係ボルトを六角穴付きボルトに換装計画進行中。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月18日(水)02時05分13秒
返信・引用 編集済
  エンジン本体の今後のトラブル解消のため、ボルト締め付けトルクの適正化と同時に強化対策として、

ほぼ全ボルトを、ふつう六角ボルトから、亜鉛六角穴付きボルトに交換。

やはり、34年経過して、熱ダレしているアルミボディーへの強化予防対策として、

ボルト長と雌ねじ深さとのマージンを出来る限り縮小して、

ボルトと雌ねじの食い込み部分を、それぞれ最大5mmほど増やして強化する作業である。

使われていない雌ねじバージン部分に食い込ませることで、せん断応力の増加が確実に期待できる。

しかし絶対に、雌ねじの底突きだけは防がなくてはならないため、

平均5mmプラスのマージンを確認しているので、プラス5mmの新しい6角穴付きボルトを用意して、

1か所1か所ノギスで穴の深さを測り、長さを確認・調整しながら対応する。

解放穴の場合でも、わずか5mmの延長では駆動部等に干渉する心配は皆無。今回実証済みである。

外観の先進化と同時にボルトの伸長・新調による強化レストアの両方を兼ねた作業である。

デジタルトルクレンチに対応する、ヘックスビット(5mm、5号)並びにアダプタ(差し込み角3/8インチ)の用意が必要となる。

一本一本交換してゆけば、クラッチカバーなど外す必要もないので、簡単といえば簡単な作業だ。

そのためにも、正確な締め付けトルクで作業してゆくために、デジラチェがどうしても必要であった。

亜鉛6角穴付きボルトM6-25からM6-150までを60本ほど注文して、今朝着いたので作業を始めた。

解放穴も何本かあるので、その部分は気にせず、ほぼ5mm増加でそのまま交換できた。

バージン穴に食い込んでゆくときの抵抗の感触が手に取るように分かり、とても頼もしく感じる。

30年以上経過したエンジンブロックにとってこの5mmの安心感は想像以上に大きい。

雌ねじを絶対に舐めないための予防的措置でもある。


 日本で初めてプラスねじを導入したのは本田宗一郎氏であることは有名な話だが、

それによって組み立て効率が飛躍的に向上することになる。アメリカ視察での絶大なる成果であった。

普通6角ボルトから、六角穴付きボルトへの変革もなんだかそんな話にダブってきた。

わずか5mmの(5号)ヘックスビットではあるが、スパナもメガネも必要とせず、

省スペース性を生かし、強力なトルクで締め付けてくれる。使い勝手はいい。

まず、100円ショップで手に入る、トーションバーのように簡単にしなるL型6角レンチの概念から解放されて、

強靭なパワーを持つ、10mm6角ボディー、ヘックスビットのイメージを叩き込むことから始まる。

セットにある6枚、12枚の花びら模様の物がヘックスローブビットである。

とりあえず腰下は完了した。ヘッドカバーはこれから・・・・、最終準備中である。

新たな遊び感覚の発見だ。
 
 

綺麗に撮れたので

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月11日(水)12時16分6秒
返信・引用
  写真見てくださいね  

ムービー

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 9日(月)06時46分0秒
返信・引用
  https://www.youtube.com/watch?v=qey4TpWD0-A&feature=youtu.be

ユーチューブにアップしました(^^)
 

写真

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 8日(日)22時31分3秒
返信・引用
  美しいステンレスと技(^_^)  

Re: ガンジーさん、ありがとう

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 4月 8日(日)22時00分9秒
返信・引用
  > No.1256[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

どういたしまして。またお手伝いさせていただきます。

写真も貼っちゃいましょう。
 

ガンジーさん、ありがとう

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 8日(日)18時27分14秒
返信・引用
  お言葉に甘えて、お願いしちゃったこと、悪かったな~って思うほど、大変な工程を、出際よく丁寧なプロの技で感激させていただきました?
有難うございました!
嬉しい嬉しい!??
 

ピニオンギア摩耗状態を比較してみました。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月 8日(日)01時05分35秒
返信・引用 編集済
  新品時、完全空転状態の摩耗状況、3年経過時の現在の摩耗状況。  

ピニオンギア

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 2日(月)07時41分11秒
返信・引用
  一発落札で競りませんでしたね(^^;;

予備にとも思ったんですが、本当に今、必要な人にと思って、スルーしました。

復活したら、この掲示板に来て欲しいですね(^_^)
 

デジラチェがどうしても欲しくなった理由。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月 2日(月)03時21分27秒
返信・引用 編集済
  製品はユーチューブでも何度か見ていたのですが、

あるビデオ映像を見て、たまらなく欲しくなってしまったのです。

1台2200万円もするオートバイ、世界最高性能・世界最高価格のオートバイ。

『 Honda RC213V-S、手作りの現場を見る 』

これの手作りの現場の紹介ビデオで、組み立てメカニックが、

光電管が赤く光る高そうな(何十万もしそう!)デジタルトルクレンチで

ボルト一本一本締め付けている様子を見て圧倒されてしまったのです。

1963年、今から55年前の大昔、ホンダ初の軽トラック、

T360に搭載された日本初の DOHC エンジンを見た外国モータージャーナリストが、

『 まるで精密機械時計を見ているようだ 』、といったセリフを思い出していました。

日本初の DOHC エンジンが軽トラックに乗せられたというホンダミラクル(?)。

しかも360ccの軽エンジンが4気筒DOHC、京浜製4キャブというゴージャスさ。

その後、このエンジンがそのまま日本最初の軽スポーツカーS360の試作車に移植され、

日の目を見なかったS500、市販車に至るS600、S800へと進化してゆく経過をたどります。

常に日本初、世界初という偉業を達成してきたホンダ。


 この熊本ホンダの組み立て工場が、精密時計組み立て工場に見えてしまったのです。

電動器具やロボットによる組み立て全盛のこの時代、

人の手で慎重にボルト一本一本をデジタルトルクレンチで締め付けている様に、

なんだか浪漫すら感じていました。

こんな市販車製造形態もまさに世界初と言えるでしょう。

本田宗一郎氏はお空の上からどんな想いでこの光景を見ているのでしょうか。

どうぞご覧になって下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=EAwKDHBmIo4   0’32”
 

Re: Oリングはすぐさま手に入りましたが、ノックピンはありませんでした。

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 1日(日)18時37分14秒
返信・引用
  > No.1251[元記事へ]

natch2さんへのお返事です。

Oリングが純正手に入ったのは安心ですね(*'▽')

SLのキャブのフロート室のパッキンはネットで安いキット買ったら、ガソリンでフニャフニャになって使いもんにならなかったですから(ノД`)・゜・。


 

Oリングはすぐさま手に入りましたが、ノックピンはありませんでした。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月 1日(日)17時19分43秒
返信・引用 編集済
  ガンジーさんのおっしゃる通り、

ノックピンは共通部品も無いようで販売終了になっています。。

手配していただいたドリーム店のメカさんによれば、

ノックピンに関して著しい損傷でもなければ、当店でもかなりの件数は再利用しています、

問題ないですよ。と、言っていました。

ダイヤモンドビットで慎重に切り欠きを作って、優しく引き抜き再利用しようと思っています。

Oリングに関しては、汎用の O リングセットを持ってはいるのですが、

ここの O リングに関しては、1度はめ込んだら、簡単には交換できないので、

やはり、ジャパンメイドの純正部品にこだわってしまいます。

僅か数ミリの部品が189円、値段以上の価値があります。絶対のこだわりですね。

シリンダヘッドカバーの脱着だけでも素人メカさんには大いなるプレッシャーでもあります。」
 

Re: 欲しかったデジラチェ、デジタルトルクレンチを手に入れましたぞ。

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 4月 1日(日)05時11分34秒
返信・引用
  natch2さんへのお返事です。

Oリングって、ロッカーアーム・シャフト関係の部品は揃ったんですか?

それにしても、このトルクレンチ!
見えるって、安心感もさる事ながら、楽しさが増しますね(^^)

> 正確なトルクレンチがなかったので、なかなかシリンダヘッドカバーの取り外しをする気になれず、
>
> ロッカーアームシャフトのOリング劣化によるオイルにじみに甘んじてきた次第。
>
> いまはすごいですね、何でも見える化が進んで、作業を楽しいものにしてくれます。
>
> LEDランプが6つもついていて、指定トルクに近づくとブザーの間欠音とともに、
>
> 4つの緑色LEDが点灯、規定トルクに到達すると連続ブザーとともに、赤色LEDが点灯して完了。
>
> 遊び心で、車両全体のボルトのトルクの確認をしてしまいました。
>
> これからは締め付けすぎによる、雌ねじのなめの心配がなくなりそうです。
>
> 一つ欲を言えば、これだけLEDでカラフルなのだから、
>
> 暗い作業場でも見やすいように液晶の照明があればなあと思いましたね。
>
> 後は時代が変わって、単位が、マニュアルではkg‐mですが、
>
> 今は自転車でも何でもN-Mの時代、と言っても9,8換算なので、
>
> 規定トルクにも幅があるし、簡単に一桁上げてやるだけでOKですね。
>
> レンチには一応換算機能もついているけれども、必要ないかな。
>
>
 

欲しかったデジラチェ、デジタルトルクレンチを手に入れましたぞ。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 4月 1日(日)03時39分29秒
返信・引用 編集済
  正確なトルクレンチがなかったので、なかなかシリンダヘッドカバーの取り外しをする気になれず、

ロッカーアームシャフトの O リング劣化によるオイルにじみに甘んじてきた次第。

いまはすごいですね、何でも見える化が進んで、作業を楽しいものにしてくれます。

LED ランプが6つもついていて、指定トルクの90%になるとブザーの間欠音とともに、

4つの緑色 LED が点灯、規定トルクに到達すると連続ブザーとともに、赤色 LED が点灯して締め付け完了。

遊び心で、車両全体のボルトのトルクの確認をしてしまいました。

これからは締め付けすぎによる、雌ねじのなめの心配がなくなりそうです。

一つ欲を言えば、これだけ LED でカラフルなのだから、

暗い作業場でも見やすいように液晶の照明があればなあと思いましたね。

後は時代が変わって、単位が、FTのマニュアルでは kg‐m ですが、

今は自転車でも何でも N-M 「ニュートンメーター」の時代、と言っても9,8換算なので、

規定トルクにも幅があるし、簡単に一桁上げてやるだけでOKですね。

レンチには一応換算機能もついているけれども、必要ないかな。

 

Re: ピストン

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月31日(土)21時56分41秒
返信・引用
  マサゾーさんへのお返事です。

私も、スタンド立てて、チェーンスプロケの掃除をしてた時に、自分で自分の指をザクッと噛ませちゃって、レーサーとか、一部のオフ車とかみたいに、ウッカリやアクシデントでスプロケに手足を千切られないようなガードを標準装備出来ないかって、言ったら、自分の馬鹿さの為にコストを掛けろと言うのか?!とか、馬鹿は痛い目にあっても自業自得だとか、メチャクチャにやられた事が有ります(^^;;

ネットの世界は、怖い面も多いですが、ここはガンジーさんのお人柄が染み渡ってるので、嫌な目にあう参拝は無用だと思いますよ(^^)

ただ、FTに関する、あらゆる事が過去の記事の何処かにかならず見つかりそうですね(^_^)
私は、ズボラなので、丹念に見つけるなんて中々出来そうに無いですが(^^;;
 

Re: ピストン

 投稿者:マサゾー  投稿日:2018年 3月31日(土)21時04分20秒
返信・引用
  hosoさんへのお返事です。

> hosoさんへのお返事です。
>
> > すみません?
> >
> > 正確には、燃焼室の容量をXとすると
> >
> > (399cc+Xcc)÷Xcc=8.6ですから、微妙に違います(^^;;
>
> なので、90mmで500の場合、10.5のピストンを入れると、509ccで、燃焼室は53.6cc
> ストローク64mmだと
> 排気量は407ccで燃焼室が53.6ccだと、圧縮比は、
>
> (407+53.6)÷53.6=8.6 とノーマルの圧縮比と同じになる計算です。

マサゾーです。
皆様、ありがとうございます。
それにしても、皆様の知識や計算力(?)には恐れ入ります。

私は以前、違うバイクのフォーラムで質問したところ『過去板調べてから質問しろ!』とか『そんなの常識だ!』とか・・・散々な目にあって、とどめに『お礼が遅い!』と言われてスゴクいやな経験をした事があるので、最初はビクビクでした。

なので、先ずは過去板を拝見して、とてもフレンドリーなのびっくりしました。
バイクは不調ですが、なんとかなりそうな感じがしてきました。
ガンバリます。
 

Re: ピストン

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月30日(金)13時02分35秒
返信・引用
  > No.1245[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

> すみません?
>
> 正確には、燃焼室の容量をXとすると
>
> (399cc+Xcc)÷Xcc=8.6ですから、微妙に違います(^^;;

なので、90mmで500の場合、10.5のピストンを入れると、509ccで、燃焼室は53.6cc
ストローク64mmだと
排気量は407ccで燃焼室が53.6ccだと、圧縮比は、

(407+53.6)÷53.6=8.6 とノーマルの圧縮比と同じになる計算です。
 

Re: ピストン

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月29日(木)23時12分4秒
返信・引用
  すみません?

正確には、燃焼室の容量をXとすると

(399cc+Xcc)÷Xcc=8.6ですから、微妙に違います(^^;;
 

Re: ピストン

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月29日(木)12時25分14秒
返信・引用
  > No.1238[元記事へ]

マサゾーさんへのお返事です。

音は、ガンジーさんの見立て通りだと思います。側で聞かないと断定はできませんが・・・

ピストンについて、計算してみました。

ワイセコのピストン90mmで排気量は407cc
500に装着した時の排気量は509cc、圧縮比10.5で計算すると、ワイセコピストンにより、燃焼室は48.4cc
これから、407ccの排気量だと、圧縮比は8.4とノーマルの8.6よりもやや下がりますね。

>
> 400と500ではボアが一緒なので500用のピストンが400で使用可能なのですね。
> 先入観を持たずに諸元を見るべきでした。
> いつも貴重なアドバイス、ありがとうございます。
>
> もし、お時間が有りましたら、動画をご覧になって頂き、エンジン音について感想をお聞かせ願えませんでしょうか?
> 分りづらくて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
>
>
 

経過したスリーブの比較画像

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月28日(水)18時56分57秒
返信・引用 編集済
  e-bay で現在出品されている中古品の真鍮スリーブの傷つき方がひどい件。

私のFTに30年間付いていて、

20000キロ余り走行した時点でのスリーブと比較してみてください。

ちょっと信じられない画像ではありませんか。

安物買いの銭失いならまだしも、高値買いの銭失いは、悲しい限り。

やはり、ジャパンクウォリティーってすごいですね。

e-bayにホンダ純正品の新品はひとつも見つけることは出来ませんでしたが、

中古品には純正品とサードパーティー品が混ざっているようです。

中古ならなおさら純正品を見極めてチョイスすることが肝要かと思います。

さもないと2枚目の写真のような不良品を何万円も出してつかまされることになります。

かしめ部分を確認すれば簡単に識別できます。お気をつけて……。

リターンバイク・リターンライダーの長老ですが、

34年間のワンオーナーバイクですので、履歴のほぼ全容を把握しています。

1枚目の写真にはすさまじいものがありますでしょ。

これがピニオンギアとロックカムの相性の悪さから、

完全空転に至った時のピニオンの摩耗状態です。

3年前に、新品のホンダ純正ピニオンに交換しています。

今回サンプルとして、お見せしているものは、

現在わたくしのFTに装着されているピニオンギアそのものです。


 ワンクランキングでセルがはじかれるようになったら、

ロックカムの修正をすれば、大事な大事なピニオンギアを守ることができます。

ロックカムの修正に関しては、

『スターターロックカム?フック?の再生   投稿日:2018年 2月22日(木)03時53分30秒』

をご参照ください。
 

ホンダ純正品と e-bay 版の比較

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月28日(水)15時05分37秒
返信・引用 編集済
  e-bay で展開している、新品のピニオンギアと、

メイドインジャパンのホンダ純正部品を比較してみました。

e-bay の新品はサードパーティー製だと思われます。

HONDA GENUINE PARTS の価値がさらに高まりますね。

鍛造鋼鉄を素材に、高周波焼き入れがなされて、

オイルだまりの施された真鍮製のスリーブの圧入といった精密部品です。

下の写真で比較してみてください。

3万以上する中古品で、真鍮スリーブが激しく削れて傷ついているものがありますが、

元々が純正品でないことがわかります。

私のFTに30年間付いていたピニオンのスリーブには

ほとんど傷らしいものはついていません。

クウォリティーが、強度が精度がそこまで違うのですね。
 

新品ピニオンギアの出品

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月28日(水)13時02分18秒
返信・引用 編集済
  委託されて、新品のホンダ純正ピニオンギアをヤフオクに出品しました。

興味のおありの方、のぞいてみてください。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v546581372

e-bayではとうとう8万円台に突入ですね。

送料込みだと、9万にもなろうとしています。

平面図でギアの切り欠きを比較してみてください。

きれいに花びら模様がみえるのが純正品。

どうもアメリカで展開している新品はほとんどがサードパーティー製のようですね。

ケーシングのかしめで一目瞭然、しっかりとエッジがついているのが純正品です。

ホンダ純正パーツとしての新品ピニオンギアは、

すでに、世界中どこにも存在しないことになるのでしょうか?

e-bay に出品されている新品のすべてに純正品を見つけることはできませんでした(涙)。

サードパーティーの新品よりも、程度の良いホンダ純正品の中古を選ぶ方がベターかも。

アメリカのアスコットオーナーがこの内実を知れば、純正品がほしくて、

1000ドル出しても飛びつくに違いないとさえ思えてきます。

それほど、サードパーティー製品と純正品とでは、似て非なるものです。
 

グリスガンノズル交換のコツ

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月27日(火)20時00分44秒
返信・引用 編集済
  スパナで緩めるも、何度やっても尖端側が緩んで、根元が緩んでくれません。

ノズルの根元をプライヤーなどでつかんでゆるめようとすると傷をつけてしまうし・・・・・。

一度、結構きつめに締め付け、その状態で根元をバーナーで熱して

メス側を膨張させてから緩めるとうまくいきます。

チャッキングタイプのノズルが届いたので紹介しておきます。

カチッとはまってニップルをとらえてくれます。
 

教えてください。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月24日(土)23時13分49秒
返信・引用 編集済
  FTのグリスアップのニップルは何か所ありますか?
リアスイングアームの軸受け以外にニップルは存在しますか?

此処もグリスガンの入りにくい場所ですね。
現在ついている120㎜ノズルでは届きません。
チャッキングタイプの170㎜ノズルを発注しました。

いやー、だめですね~。何年もグリスガン使っていながら、
ノズルの付け替えができること知りませんでした。
先ほどユーチューブで教えられました。

尖端ノズルでもチャッキングタイプでもニップルに共用できるのも発見。
毎回勉強させられます。ニップルに届きました。
34年ぶりのグリスアップでした。ふ~っ!
 

Re: ピストン

 投稿者:マサゾー  投稿日:2018年 3月24日(土)21時36分38秒
返信・引用
  > No.1237[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

400と500ではボアが一緒なので500用のピストンが400で使用可能なのですね。
先入観を持たずに諸元を見るべきでした。
いつも貴重なアドバイス、ありがとうございます。

もし、お時間が有りましたら、動画をご覧になって頂き、エンジン音について感想をお聞かせ願えませんでしょうか?
分りづらくて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

 

Re: ピストン

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月23日(金)17時56分26秒
返信・引用
  マサゾーさんへのお返事です。

ボアは、89mmで、ホンダには珍しく同じなので、ワイセコだと、圧縮比も上がり過ぎずに丁度良いんじゃないでしょうか?

>
>
>
>
>
>
>
 

Re: スターターコントロールユニット

 投稿者:マサゾー  投稿日:2018年 3月22日(木)23時46分22秒
返信・引用
  > No.1235[元記事へ]

ガンジーさんへのお返事です。

> マサゾーさんへのお返事です。
>
> 原因がわかって良かったですね。
> ヤフオクの出品物は怪しいものが多いので、特に伝送系は半分博打のようなものです。
>
> 動画拝見しました。
> カッコよくカスタムされてますねー。
>
> FCRは以前から付いていたのでしょうか?
> 浮動バルブの音のようにも聞こえますが?
>

返信頂きまして、ありがとうございます。
浮動バルブですか。
てっきりシリンダーとかピストンとかと思ってしまいました。
もう少し長く回して確かめてみます。

ところで、皆様はほとんどが500ccなので、もしもの時はe-bayやワイセコの選択肢があるかと思いますが、400ccだとパーツがありません。
ピストンなどの情報はお持ちの方はいらっしゃいますでしょうか?

よろしくお願いいたします。
 

Re: スターターコントロールユニット

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 3月22日(木)19時58分23秒
返信・引用
  マサゾーさんへのお返事です。

原因がわかって良かったですね。
ヤフオクの出品物は怪しいものが多いので、特に伝送系は半分博打のようなものです。

動画拝見しました。
カッコよくカスタムされてますねー。

FCRは以前から付いていたのでしょうか?
浮動バルブの音のようにも聞こえますが?
 

Re: スターターコントロールユニット

 投稿者:マサゾー  投稿日:2018年 3月21日(水)21時01分54秒
返信・引用
  > No.1168[元記事へ]

ガンジーさんへのお返事です。

> マサゾーさんへのお返事です。
>
> 正常に動作するリレーに交換しても同じ症状でしたら、次に疑うのはスターターコントロールユニットになりますね。
>
> 関連パーツのテスターでの抵抗値は、SM指定のテスターでないと正しい数値を表示しないので目安と考えていいでしょう。
>
>
3か月ぶりに起動できました。
スターターコントロールユニットをヤフオクで2個購入しちゃいました。
1個目は『始動確認済み車両から取り外し』だったのですが、不良品でした。

ところが、エンジンから異音が・・・・

https://youtu.be/vVg54hCwEP8

不動になる前は何とも無かったのに~なんで~?
分かり難い動画とは思いますが、どんな事でも結構なので原因や対策の情報を頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
 

Re: 調整します(^_-)

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月15日(木)19時08分37秒
返信・引用
  光さんへのお返事です。

なる程(^o^)
雨天の予報の場合、早めに翌週20日に順延を掲示板に書き込みます(^ ^)

> 13日開催で、予備日を設定する方向でいいんじゃないですかね(^0^)
>
 

調整します(^_-)

 投稿者:  投稿日:2018年 3月15日(木)15時55分28秒
返信・引用
  バイクだけじゃないですが、屋外イベントは天気8割(天気が良ければ8割方成功という意味ですが)なので、週間天気予報睨み付けながら、媒体とメンバーさんと相談(まあ、主催者が開催するかどうかを判断)します。

13日開催で、予備日を設定する方向でいいんじゃないですかね(^0^)
 

Re: 5/13or20ならOKです!

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月14日(水)21時51分14秒
返信・引用
  光さんへのお返事です。

光さん、ありがとうございます(^ ^)
13日をメインに、まだ日があるので、お天気も見ながらご相談させて下さい

取材を考えると、雨天決行にするんですか?
F乗りの人達のミィーティングは、どうされてますか?

> お疲れ様です。
> 5/13or20だったら、今のところ大丈夫です。
> 盛り上げましょう!
 

5/13or20ならOKです!

 投稿者:  投稿日:2018年 3月14日(水)16時10分3秒
返信・引用
  お疲れ様です。
5/13or20だったら、今のところ大丈夫です。
盛り上げましょう!
 

Re: 花粉の季節

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月12日(月)07時59分21秒
返信・引用
  ガンジーさんへのお返事です。

ガンジーさん、お返事をありがとうございます(^ ^)

光さんや、natch2さんは、どうですか?
掲示板の仲間で参加できそうな方いますか?

13日の日曜日か20日の日曜日で、なるべく多くの人の都合がつく日に、奥多摩でお喋りしましょう(^o^)

> hosoさんへのお返事です。
>
> 奥多摩良いですね。
>
> GW明けであれば花粉も収まっていますのでいい季節です。
>
>
 

Re: 花粉の季節

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 3月11日(日)19時22分45秒
返信・引用
  > No.1227[元記事へ]

hosoさんへのお返事です。

奥多摩良いですね。

GW明けであれば花粉も収まっていますのでいい季節です。

 

花粉の季節

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月10日(土)18時40分49秒
返信・引用
  お悩みの皆さま、心からお見舞い申し上げますm(_ _)m

という事で、ゴールデンウィーク明け位だと、少しは花粉も収まりますかね~

ミーティングは、ゴールデンウィークの終わった後の日曜日でなるべく多くのFT乗りが集まれる日を募りたいと思います。

場所は奥多摩の駐車場で、10時から12時くらいまでマッタリと過ごしましょうか(o^^o)
 

FT500売りもの

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月 8日(木)12時40分45秒
返信・引用
  https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j477188020

出ましたね

何故か、エキパイがとっても魅力的なの着いてます。
ガンジーさんの作品?(^^)
 

ありがとうございました、納得です。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月 5日(月)21時47分15秒
返信・引用
  理由まで教えていただいて納得です。

Oリングとノックピンは先ほど注文しました。

明日にはわかると思います。

せんじつ、初めてエンジ内部に手を入れました。

私にとっては、タペットも内部なんですよ。

メカニカルノイズもほとんど無かったのですが、

34年間手付かずだったので、挑戦してみました。オーバーですね。

カムもタペットもほとんど磨耗していませんでした。

シックネスゲージを使って慎重に調整。

微妙に静かになったかなあってかんじでした。


 

Re: ガンジーさん、素朴な疑問なんですが。

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 3月 5日(月)21時09分54秒
返信・引用
  natch2さんへのお返事です。

そのとおり、紙系のガスケットはありませんので液体ガスケットで処理してください。

ガスケットが入っていないのは、ヘッドとヘッドカバーの合わせ面がカムのベアリングになっているからです。

シンプルな構造ですが、焼き付いたときには対処のしようがありません。


ロッカーアームのノックピンは以前は欠品だったようでしたが今はわかりません。

 

ガンジーさん、素朴な疑問なんですが。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月 5日(月)19時25分38秒
返信・引用
  シリンダヘッドカバーとシリンダヘッドの間にはガスケットは存在しないのでしょうか?

パーツリストにもマニュアルにも、その存在が見受けられないのですが・・・・・。

ここは液体ガスケットで処理すればよいということなのでしょうか?

ない理由は、単に古いバイクだからということですか?

ごめんなさい単に素朴な疑問です。

ロッカーアームシャフトの O リングの交換が視野に入ってきたので……。

オイルストップリークでごまかしてはきたのですが、

やはりオイルの少しの滲みも気になりだして対処しようと思っています。

教えて下さいませ。
 

Re: 取材いいですね~

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月 5日(月)12時33分29秒
返信・引用
  > No.1221[元記事へ]

光さんへのお返事です。

> ただ、5月末発売号に間に合わせるという考え方もあるような気がしますので、そういう意味では4月~5月初旬くらいまでに取材してもらっての掲載もいいかもしれませんね。

なるほど、そうすると、GWの前に、4月7・8日か14・15日の土日のうち、なるべく多くの方が参加できる日を募りたいと思いますが、如何でしょう?

その翌週は、どうしても外せない予定があり、更に翌週はもうGW突入ですからね


取材は、来てくれるかどうか言ってみないと分かりませんが、暖かくなたら集まりたいですしね
場所は、奥多摩湖の駐車場あたり如何でしょうか?
 

取材いいですね~

 投稿者:  投稿日:2018年 3月 5日(月)07時38分34秒
返信・引用
  ちょっと離れていたら、かな~り盛り上がっていますね。

hosoさんの塗装、早く見たいですね~(^_-)

MCクラッシックさんの様な雑誌ならFTは十分取材対象になるかもしれませんね。
5月末なら5/26(土)か27(日)辺りが適当かもしれませんが、5/27は別イベントがある予定なので、私は厳しいところです。

ただ、5月末発売号に間に合わせるという考え方もあるような気がしますので、そういう意味では4月~5月初旬くらいまでに取材してもらっての掲載もいいかもしれませんね。
 

MCクラッシック

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月 4日(日)07時48分58秒
返信・引用
  昨日、SL250Sで10万kmクラブの取材を受けました。
朝の10時から写真撮影を始めて、場所を移動しつつドリファクの取材やインタビューが終了したのは夜の8時を過ぎましたが、エキサイティングで楽しい1日でした。

そこで、FT500の話もしたんですが、去年、青山に集まったけど、「エンジンはFT」のCB500RS‐Zを含めても3台で、「5~6台なら取材も期待できるのかな~って話したんですよ~」って言ったら、「FTはレアですよ~いや~3台でも十分取材の対象になるんじゃないかな~」って、取材に飛び入り参加した編集長の言葉を得ました。

5月頃(1982年5月31日新発売)にミーティングできたら、事前に、「取材に来ない?」って編集長あてにメールしてみようかな~なんて思いました(^^)/
 

hosoさんへお返事です。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 3月 3日(土)18時26分36秒
返信・引用 編集済
  一般的に空気抵抗というと、CD値であらわされる、

前面投影面積で左右されるものを指しますが、

今回の理論は、静電気の帯電で流れ線が乱れて、そこで渦を巻き、

走行抵抗となる、という理論のようです。


 トヨタのプリウスの第3世代で、リアのバンパーの横側にエッジが立ったのが、

はがれる流れ線に対する、国産車における最初の対策で、

その後各メーカーが採用していきましたね。

直後に採用してマイナーチェンジしたのが、ホンダのインサイト。

今では、スバルのインプレッサなどでも、

リアバンパーサイドのエッジは常識になっています。

ここが r になっていると後ろに回り込んだ直後に乱気流となってはがれ、

後ろに引っ張る力になってしまうそうです。

このエッジは、流れ線を後ろに巻き込ませないでサイドにいなすためなんですね。

その分野では、風洞実験を重ねて、トヨタが先陣を切っているようです。

ということから、前面投影面積は、2輪では4輪ほどではありませんが、

フェンダーなどの風を切る部分での帯電は、結構流れ線の抵抗になるようで、

総体的な静電気の帯電が抑制されれば、2輪でも、効果が出るかもしれませんね。
 

Re: NGのアルミテープもあるようなので・・・・・。

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 3月 2日(金)19時59分59秒
返信・引用
  > No.1217[元記事へ]

natch2さんへのお返事です。

> オカルト趣味の方はお試しあれ。
>
しかし、これってトヨタが特許出願したってのが凄いですよね
車は空気抵抗も大きいけど、バイクにどう効くのか?

面白いですね(^^)
 

NGのアルミテープもあるようなので・・・・・。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 2月28日(水)21時52分23秒
返信・引用 編集済
  値段もピンからキリまであるアルミテープ。

中には導電率ゼロのものもあるようで、

それでは効果は期待できないかもしれないですね。

今回使ったものは、DAISO のもの。

表面の導電率は100パーセントでした。

後は接着剤に導電率の高いものが使われているかどうか。

完全な導電率を誇るのは、トヨタの純正か、3M のテープだそうです。

表面の導電率が確保できれば、

薄ーい接着剤は密着することで、あまり影響はなさそうだとか・・・・。

オカルト趣味の方はお試しあれ。

 

トヨタのオカルト?テクノロジー

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 2月28日(水)04時37分47秒
返信・引用 編集済
  今話題のアルミテープチューニングを2輪のFTに施してみた。

いまだに半信半疑である。本当に?ってなかんじ。

ならば体感してみようじゃないかの好奇心がわいてきた。

さあ、どんなものなのか・・・・・・・・・。

アルミテープチューニングとは、

車やバイクの樹脂部分が走行時の空気との摩擦で静電気を帯び、

その静電気が空気の流れ線を乱すことで空力性能が落ちるのを、

アルミテープにより静電気を放電して、流れ線を正常に取り戻すという理論だそうである。

現在、トヨタの複数の車種の、見えないところに貼られているそうである。
 

Re: 討検した結果、不要の結論になりました。

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 2月25日(日)16時23分4秒
返信・引用
  > No.1214[元記事へ]

natch2さんへのお返事です。

了解です。
私も普通に走る分にはオイルクーラーは不要と考えています。

ピニオンギヤとロックカムの関係性についてはnatch2さんの考察のとおりです。

ピニオンギヤをロックできないからピニオンギヤとフライホイール側のギヤがどんどん減ることになりますので、ロック機構を改善しない限り新品のピニオンギヤを入れてもセルの滑りは治りません。
 

検討した結果、不要の結論になりました。

 投稿者:natch2  投稿日:2018年 2月25日(日)14時14分15秒
返信・引用 編集済
  ガンジーさん、コメントありがとうございます。

今回の件は取り下げです。

素人が手を出すには、メリット・デメリットを考えた場合、

とても微妙な問題がたくさん持ち上がってきました。

hosoさんに早速画像を送っていただき、クランクケースの裏側から、

特徴あるオイルラインが見えてきました。とても興味のある構造です。

ただ、それ以上に正確なオイルラインが見えるわけではなく、

腰上へのラインと、バランサー方面への腰下ラインは想像できますが、

その流量の分散も見えるわけではなく、工場出荷時の理想的なバランスを崩すには、

冷却効果と潤滑効果をはかりにかけた場合、

メリットよりもデメリットを生み出す可能性の方が大きく思えて、断念しました。

オイルの役割は冷やすことではなく潤滑が第1の役割ですものね。

たまたま、e-bayを覗いていて、FT500対応のオイルクーラーが出てきて

興味を持ったのがきっかけで、必要に迫られての動機でなかったことに気が付きました。

温度計を装着していて、冬場は行っても90度くらい、

夏場でも110度を超えることはなかったので、きっと必要はないのだと思います。

FTの場合、オイル量も多めで、油冷効果も期待できるんですよね。

ただ、たくさん勉強させていただきました。逆に楽しかったです。

 今回、スターターロックカムの調整をしましたが、

あの後また外して、ピニオンのデッドロックまでのストロークと、

カムの嚙み合わせの微妙な感覚を両手で動かしながらシミュレーションして、

そのセンシティブさに驚かされたのも、最大の収穫でした。

あと 0,5㎜ 付加したらカムがぶつかって、今度はロックできなくなりました。

それほど微妙な影響があるとは想像できなかったからです。

その微妙さが、逆に、FTのスターター機構の弱点になっていることにも気が付きました。

原因・結果から言えば、ピニオンギアの摩耗が先にあるのではなく、

ロックカムの摩耗が、ピニオンギアの押し出しを浅くさせてゆき、

結果ピニオンが摩耗してゆく機序が見えてきました。

ロックカムとピニオンの摩耗の追っかけっこが発生してゆくんですね。

現在は分かりませんが、FTの時代、セル機構はまだ暗中模索の状況だったようです。

それもこれもお勉強の対象で、さらに愛着がわいてきた次第です。

ガンジーさん、対応ありがとうございました。
 

Re: hosoさん今、実車を見てきました。

 投稿者:ガンジー  投稿日:2018年 2月25日(日)08時38分47秒
返信・引用
  natch2さん

オイルクーラー取付の参考書を送りますので一番下の、管理者へメール欄、にメールアドレスを入れてアドレスを送ってください。
 

Re: hosoさん今、実車を見てきました。

 投稿者:hoso  投稿日:2018年 2月25日(日)08時14分46秒
返信・引用
  > No.1210[元記事へ]

natch2さんへのお返事です。

> hosoさんのおかげで、早速の解決ができました。

お~!!
お役に立てましたか~(*'▽')

そりゃ、良かった(*^^)v
 

レンタル掲示板
/21